漫画の感想・紹介

「いぶり暮らし」の感想。燻製料理を始めたいという方には必見の漫画!

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さん一度はBBQなどアウトドアで料理をするという経験はあるかと思います。

炭火で焼く肉はなぜか家で食べるものよりおいしく感じ、飯盒で炊いたご飯はお米が立っている気がします。

ところでBBQなどをされる際に「燻製」をされたことはありますか?

燻製は「道具が必要」「なんとくなく難しい」「準備の手間がかかる」と思われている方が多く「ハードルの高いもの」と認識されがちです。

今日はそういった燻製に対する認識を大きく変えてくれる漫画のご紹介です。


タイトル:いぶり暮らし
作者  :大島千春
連載期間:2014年~
巻数  :既刊7巻(2018年1月現在)

この漫画は燻製に特化したグルメ漫画で、時折屋外で調理することもあり、アウトドア漫画ともいえる面白い位置付けの作品です。

「いぶり暮らし」のあらすじ

「いぶり暮らし」は男女ふたりの同居生活の中で「燻製」を作る日常を描いた漫画です。

主人公である巡と頼子は同棲していますが、お互いの仕事の関係で週に一度しかふたりでゆっくりと過ごす時間が取れません。

ある日、巡が料理番組で燻製料理を見て「毎日こんなのが食えたら最高だろうな」といった一言で、頼子は燻製を作ってあげたくなり、それから休日は御馳走をたくさん作り、ふたりでゆっくり食べる日にすることにしました。

ふたりで過ごすゆっくりとした時間の中でお互いが人生の伴侶として思える関係を築く為、週に一度のふたりの大事な時間で「燻製」作りを行います。

スポンサーリンク

「いぶり暮らし」の見どころ

この漫画は基本的に1話完結の物語で毎回異なる燻製料理をテーマに話が進みます。

物語の中では自宅のキッチンやベランダに置かれた燻製機を使って燻すことがほとんどですが、たまに山や河原に出かけて屋外で燻製を作るお話もあり、アウトドア好きで何か新しいことにチャレンジしたいと考えている方は、「燻製をする」という新たな領域を開拓したくなる漫画です。

毎回異なる食材で燻製を作るのですが、調理方法や仕込みの方法が丁重に説明されており、道具があればどなたでも今日から始めれるくらいわかりやすく書かれています。

燻製は大きく分けて「冷燻」「温燻」「熱燻」の3種類がありますが、この漫画では各お話ごとの食材に合わせて最適な燻製方法を紹介しており、「冷燻」「温燻」「熱燻」のそれぞれの燻製方法と必要な道具などが紹介されています。

【燻製をする際の3つの方法】

燻製は大きく「熱燻(ねっくん)」「温燻(おんくん)」「冷燻(れいくん)」の三つに分類されます。熱・温・冷と言う言葉からピーンと来る方も多いかとは思いますが、これらの燻製法の違いは、燻製時の温度です。
燻製は基本的に高温で行うほど、素材に水分が多く残りますのでジューシーな味わいとなります。一方で燻製時間が短いため、中の水分が多く残り保存性は低いです。
逆に低温で行われる燻製は、長時間かけて行われます。代表選手の生ハムなどは燻製に1ヶ月以上かける場合もあります。低温度で長時間の燻製を行うので、中の水分は抜けて保存性は高まります。
それぞれの素材や食べ方にあわせて適した燻製法を選ばれると良いかと思います。

引用元:燻製の種類 | 燻製の基本

f:id:soul-vibration:20170924204804j:plain

冒頭にもお話しましたが、「燻製は難しい」という先入観を持つ方にとって、この漫画は燻製に対する認識を変えて、ハードルを大きく下げてくれます。

実際私はBBQやアウトドアでは燻製をしますが、この漫画を読んでから知識が増えて食材選びやスモークチップを選んだりと、より深く燻製を作れるようになりました。

以前ご紹介したお手軽に燻製を作る記事がこちらです。

100円均一で揃う燻製鍋(スモーカー)を使って山で燻製を楽しむ方法【アウトドア好きに必見】 みなさん燻製をされたことはありますか? 燻製は「道具が必要」「なんとくなく難しい」「準備の手間がかかる」と思われてなんとな...

この漫画を読めば燻製の持つ難しいといった先入観を良い意味で崩してくれます。

漫画はちょっと・・・という方には「いぶり暮らしレシピブック」というものもあるので、こちらもお勧めです。

アウトドアで何か新しいことを始めたいとか、一風変わった料理を身につけたいという方は、ぜひ一度読んでみてください。

料理の幅が大きく広がること請け合いです。

【まとめ買い】 いぶり暮らし [Kindle版]

スポンサーリンク


無料で漫画が読めるマンガアプリを紹介

iPhoneやAndroidで漫画を読むためのおすすめのマンガアプリのまとめ記事です。

漫画アプリは基本無料のアプリばかりで、全巻すべてを無料で読める漫画があったり、期間限定で無料で読めるものなど様々なサービスがあります。

無条件で全ての漫画が無料というわけではありませんが、無料で読める分だけでも相当量ありますので、暇つぶしに困ることはありません。

各アプリの特徴と掲載されている主な漫画作品の情報をまとめています。

 

スポンサーリンク

漫画を手軽に持ち運べるおすすめのガジェット

漫画を”本”で持ち歩く場合はかさばったり鞄に入ったとしても重いですが、Fireタブレットは漫画を何十冊も片手で持ち運べる安価でおすすめのガジェットです。

漫画や本を読むという点においては最高のコストパフォーマンスを誇るガジェットで、いつでもどこでも最新の本を手に入れることが出来るという非常に高い利便性があります。