情報・知識

デジタルサイネージとは何か?目を引き集客を促すデジタル看板の魅力

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

こういう話をすると年齢がバレてしまいそうですが、私が子供の頃に見た近未来SFをテーマにした映画やアニメの描写では、街中の看板が映像であったりホログラムによる立体動画の広告があふれている… そんな都市のイメージ描写がありました。

さすがにホログラムの立体動画による広告看板は実現はしていませんが、今では看板が映像として流れていることは珍しくもなく、当たり前の風景になりつつあります。

こういった映像で広告を掲載する看板を「デジタルサイネージ」と呼ぶのですが、皆さんはご存知でしょうか?

本日は「デジタルサイネージ」についての説明と、デジタルサイネージのコンテンツをお手頃価格で制作してくれるサービスについてご紹介をしたいと思います。

デジタルサイネージとは何か?どんな使われ方をしているの?

”デジタルサイネージ”という単語は聞き慣れないですが、日本語に置き換えると「電子看板」や「デジタル看板」になります。

通常の看板やポスターとは異なり、ディスプレイに映像を映し出す仕組みで、映像や文字を表示する情報・広告媒体を指します。

主に商用の販促ツールとして電子公告を掲載するのに使用されていますが、駅や空港での案内板などにも使用され、ポスターのような印刷物と異なり、取替えの手間がかからないのが特徴です。

デジタルサイネージの種類によりますが、内蔵の記憶装置に多数の広告情報入れることで、広告を秒単位で切り替えたり、販促を促す映像を表示するといった、これまでになかった広告看板の利用方法が可能です。

スポンサーリンク

デジタルサイネージは「広告公害」になりかねない問題を抱えている

デジタルサイネージはポスターのような印刷物の広告とは異なり、映像で表現できることや、場合によっては音声も付けることが出来ます。

その為、ポスターのような印刷物の広告よりも集客する効果が高いのですが、節操なく商品をアピールするような映像や、目を引くための演出などを繰り返す広告を作り出すこともできます。

こうした粗悪なコンテンツによる広告は「広告公害」とも呼ばれ、イギリスでは19世紀末期の頃から問題となり、屋外広告が都市の美観を著しく汚損するとして問題になりました。

近年のディスプレイの低価格化やIot技術の進歩によりデジタルサイネージは新たな問題を生み出す可能性がある為、正しい運用が求められています。

「ピクトパスカル」は良質のコンテンツを格安で提供してくれる

デジタルサイネージは仕組みよりも中身のコンテンツが重要で、コンテンツ次第では良質な集客システムにも、人を遠ざける広告公害にもなります。

ピクトパスカルはデジタルサイネージの動画コンテンツやソフト制作サービスの会社です。

アナログからデジタルまでの映像制作を長年行っている会社で、良質で高クオリティなデザインの動画・映像制作を売りとしています。

顧客に合わせたサービスを提供し、おすすめテンプレートや無料コンテンツもあるので、低価格でありながら良質で集客効果が高いデジタルサイネージを制作してくれます。

ピクトパスカルは「宣伝」「集客」「セールス」「情報発信」「イメージアップ」などの8つのカテゴリーから広告内容を選択できて、経験豊かなスタッフが作成するおしゃれでハイクオリティーなコンテンツを売りとしています。

また、価格帯もお手頃で、会員特典が豊富で無料コンテンツもあるなど、利用者にとってはうれしいサービスがあり、様々なアレンジが可能なテンプレートがあるなど、あらゆる商品に合わせたデジタルサイネージのコンテンツ利用が出来ます。

スポンサーリンク

最後に

ここまで「デジタルサイネージ」についての説明と、デジタルサイネージのコンテンツをお手頃価格で制作してくれるサービスをご紹介してきました。

私が子供の頃は看板やポスターが映像になるというのは、遠い未来の話のように感じていましたが、現在はそれが当たり前の時代になりつつあります。

こうした新しい仕組みが登場すると運用による問題も生まれるもので、「広告公害」の問題がその一つといえます。

こうした問題はコンテンツの中身で解決できるので、デジタルサイネージを利用するにしても適切なコンテンツ制作が求められます。

スポンサーリンク