漫画の感想・紹介

漫画「オールドボーイ」の感想!10年間監禁された謎を追うミステリー作品として最高に面白いマンガ!

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さまミステリーをテーマにした小説や漫画を読まれたり、映画やドラマをご覧になることがあるかと思いますが、ミステリーの定義はご存知でしょうか?

ミステリーのジャンルの定義は以下のような作品を指します。

”物語で生まれた謎や事件の犯人が分からず、物語を追う中で謎解きを楽しむジャンル。”

物語の中で謎の真相や、誰が犯人なのかといった謎を解き明かす部分を楽しむのがミステリー作品で、代表的な映画で言うと「シャーロックホームズシリーズ」や「金田一 耕助シリーズ」があげられます。

今日ご紹介する漫画は古い作品ですが、ミステリー漫画としては大変面白くて、これまで映画化が2回もされている作品です。

おそらく「えっ!あの映画の原作は漫画なの?」と驚く方のほうが多いのではないでしょうか。

タイトル:ルーズ戦記 オールドボーイ
作者  :原作.土屋ガロン 漫画.嶺岸信明
連載期間:1997年~1998年
巻数  :全8巻

この漫画は1997年から1年間連載された漫画で巻数は8巻と比較的短めにまとまった漫画です。

時代としてはまだ携帯電話やインターネットが普及していない時代なので、今読むと少し時代を感じる作品かもしれませんが、ミステリー作品として大変面白くて傑作作品だと思います。

先ほど少し触れましたが、この「ルーズ戦記 オールドボーイ」を原作として韓国映画とハリウッド映画で映画作品が2作品が作られており、韓国映画版はカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。

ストーリーが大変面白い作品なので、ミステリー作品としてお勧めする作品の一つです。

ミステリーマンガ「ルーズ戦記 オールドボーイ」のあらすじ

この漫画は突然理由も分からず10年もの間監禁された男が、解放された後に失われた10年間の理由を知るために自身の監禁事件の謎を追うミステリー漫画です。

ある日、主人公の五島慎一は飲み歩いて酔いつぶれた後に目が覚めると見知らぬ部屋に監禁されていました。

そこは私設刑務所のようなところで監視が付いており、雑居ビルのビルの7階と8階の間にある7.5階のフロア内にいくつもの部屋があり、部屋にはTVと寝具がある無機質な部屋でした。

そうした私設刑務所はやくざの収入源となっており、依頼主から依頼を受けたやくざは監禁対象者をさらって入所させたり、もしくは警察からかくまってもらうことが目的で自らの意思で私設刑務所に入ってきます。

五島は誰かに恨みを買ったのか、10年間監禁するように依頼を受けたやくざが五島をさらい、そして私設刑務所で死なないように監視して監禁してきました。

五島はなぜ自分がそのような場所にいるのか、どうして監禁されるようなことになったのか、理由がわからないまま10年もの歳月が経ちます。

引用元:ルーズ戦記 オールドボーイ

そしてある日突然理由もわからぬまま監禁が解かれて、薬で眠らされた後に目が覚めると東京の公園にいました。

五島はなぜ自分が監禁されたのか、監禁したのは誰なのか、監禁の目的は何だったのか、10年という歳月を経て自由を取り戻した男が真相を知るために動き出します。

スポンサーリンク

「オールドボーイ」の感想!次第に解き明かされる謎を追う名作ミステリー作品

この漫画は読者に多くの情報を与えずに、物語の序盤で大きな謎を突き付け、それを少しずづ解いていくというミステリーの王道スタイルで物語が進みます。

五島は監禁中から「もし解放されたら何をするか」をすでに考えており、解放された日に備えて準備をしています。

解放後にすることとして決めていたのは「誰が何のために監禁したのか」を調べて犯人の目的を知ることでした。

五島は解放後にすぐに自分を監禁していた場所の捜索を開始するのですが、手がかりとなったのは監禁中に毎回の食事として出された中華料理に含まれていた店名がかかれた割りばしの袋の切れ端と、料理の味でした。

解放後は監禁中に出された中華料理店を探し、自分が監禁されていた雑居ビルを探し出すことになります。

引用元:ルーズ戦記 オールドボーイ

五島一つ一つ謎を追いながら、誰が監禁を依頼してどうしてそのような依頼をするに至ったのかという、自身の過去をも掘り起こすことになります。

物語の冒頭で大きな謎が提示され、それを少しずつ解き明かしながら真相に近づく物語展開が非常に面白く、8巻という巻数できれいにまとまっていますが、あまりにも面白いため一気に読めてしまい、終わるのがもったいなく感じるくらいです。

終末の一気読みタイトルとして非常に良い巻数なのと、ミステリー作品の漫画として傑作で大変面白い漫画ですので、ぜひお勧めいたします。

【まとめ買い】 ルーズ戦記 オールドボーイ [Kindle版]

「ルーズ戦記 オールドボーイ」が原作で映画化された作品はこちらです。

「嶺岸信明」の他の作品のご紹介

嶺岸信明の有名作品の多くは麻雀漫画で、麻雀をご存知の方なら皆が知っている有名な漫画家です。

天牌は非常に大作の麻雀漫画で巻数は多いですが大変面白いので、麻雀のルールを知っている方にはお勧めする漫画です。



 

無料で漫画が読める電子書籍サイト

◆「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク