漫画の感想・紹介

漫画「ハイスコアガール」の感想。ゲームがテーマの青春恋愛漫画が面白い

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

日本はゲームに関しては先進国であり、任天堂のファミコンを始めソニーのプレイステーションなど数々のゲームハードを発表して、世界規模で遊ばれている遊技としてのコンピューターゲーム市場を各立してきました。

日本人の多くがゲーム機でゲームを楽しんだ経験があるかと思いますし、現在はスマートフォンにプラットフォームが移行しつつありますが、遊技としてのコンピューターゲームは文化として根付いています。

そうしたゲームの歴史の中で今では考えられないですが、ゲームセンターが空前の盛り上がりを見せた時代があります。

本日ご紹介する漫画はゲームをかじったことがある30代後半から40代前半の方には大変突き刺さるゲームをテーマとした恋愛青春漫画です。

タイトル:ハイスコアガール
作者  :押切蓮介
連載期間:2016年~2019年
巻数  :全10巻

日本のアーケードゲーム黎明期から「ストリートファイターⅡ」の登場で、空前の格闘ゲームブームが起きた1990年代を舞台としたアーケードゲームをテーマとした青春恋愛漫画です。

ゲームは様々なものがありますが、コンピューターを使ったゲームは古くは「スペースインベーダー」など名作が存在し、そうした機器が遊べる場所として「ゲームセンター」という遊戯施設が日本各地に作られました。

そして1990年代はゲームセンターで対戦格闘ゲームの代名詞である「ストリートファイターⅡ」の登場により、空前の対戦格闘ゲームブームが巻き起こります。

ゲームメーカー各社は躍起になって新規タイトルの開発を行い、切磋琢磨面白いゲームを生み出し、ゲームセンターは多くの方が熱狂する場となっていました。

この漫画はこうした時代をテーマにした内容となっており、時代の描写が大変面白く、当時を知っている方には楽しめる内容となった青春恋愛漫画としても大変おもしろい作品です。

アーケードゲームがテーマの面白い漫画「ハイスコアガール」のあらすじ

主人公で小学生の矢口春雄はゲーム好きの男の子で、小学生でありながら当時は不良のたまり場として見られていたゲームセンターに入り浸っています。

春雄は勉強や運動も苦手でしたが、ことゲームに関しては近所では敵なしの強さを誇っており、自身が最も輝ける場所であるゲームセンターを「聖域」と考えていました。

しかし、その聖域であるゲームセンターにクラスメイトの成績優秀で金持ちのお嬢様である大野晶と出会い、敵なしだった春雄は得意とする「ストリートファイターⅡ」で惨敗を喫します。

引用元:ハイスコアガール

この出会いで春雄は晶に対してライバルとして意識するようになり、春雄と晶はゲームを通じて互いを意識した長い付き合いとなります。

スポンサーリンク

90年代の雰囲気が楽しめるマンガ「ハイスコアガール」感想

この漫画は実在する有名なアーケードゲームが登場するゲーム好きにはたまらない内容で、現在の30代後半から40代前半の方にはかなり突き刺さる内容となっています。

まさに黎明期のアーケードゲームの時代から、ストリートファイターⅡが発売されて、日本を巻き込む空前の対戦格闘ゲームブームを巻き起こした、ゲームセンターが最も熱く盛り上がった時代を背景にしており、当時ゲームセンターに通った方や、その時代を過ごした方にとっては、まさにドストライクな内容であり、読み返していると青春時代を思い起こす素晴らしい内容となっています。


引用元:ハイスコアガール

今では考えられない事ですが、インターネットが普及していなかった90年代は誰かとゲームで対戦するということが簡単ではなく、ゲームセンターに登場した対戦格闘ゲームは、今までに無かった新しい体験が出来る遊技として、空前のブームとなりました。

「ストリートファイターⅡ」を始め、「餓狼伝説」「ヴァンパイア」「サムライスピリッツ」など名作が次々に登場し、アーケードゲーム業界全体が最も熱かった時代でもあります。

ゲーム好きはもちろん、ゲームをしなかった方でも90年代の時代背景をしっかりと描写された内容となっている為、没入感が大変高くて何度も読み返したくなる大変魅力のある内容で、ゲームをテーマにした内容でありながら不器用で初々しい恋愛漫画でもあるおすすめの漫画です。

【まとめ買い】 ハイスコアガール [Kindle版]

2018年にアニメ化しています。

「押切蓮介」の他の作品のご紹介

押切蓮介は作風が大変広くて様々なテーマで作品を描かれている漫画家で、これまでいくつかの作品が映像化されています。

絵が特徴的で見れば「押切蓮介」の作品とわかるものばかりとなっており、個性が強い作家ですが、どれもストーリーが面白くて今後が楽しみな漫画家です。



 

無料で漫画が読める電子書籍サイト

◆「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク