漫画の感想・紹介

漫画「不滅のあなたへ」の感想!壮大で類を見ない面白いSFファンタジー物語

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

当たり前のことなのに、なかなか自覚出来ないものとして「人(自分)はいずれ死ぬ」という理があります。

「死」を意識することで「生」を理解することに繋がりますが、死に直面するという出来事がない限り、死に対して真剣に考えることは少く、多くの方が生や死に真剣に考えることはありません。

極稀に死線をさまよった方が人生観が変わったとか、不治の病になったことで物事を前向きに捉えれるようになったというのは、自身の「死」を意識することで「生」を感じられたからだと私は考えています。

本日ご紹介する漫画は不死の存在が様々な出会いと刺激により情報を写し取っていくという不思議なお話しで、死生観に関する非常に興味深い物語が展開されて、哲学的な様相も見せる壮大なストーリーのSFファンタジー漫画です。

タイトル:不滅のあなたへ
作者  :大今良時
連載期間:2016年~
巻数  :既刊11巻(2019年9月)

この漫画の舞台は地球とも異世界とも言えない様相の独特の世界で、何者かにより生み出され不死の存在が、地上のあらゆる情報を写し取り、永遠と世界を旅するという、壮大なストーリーとなっています。

主人公が人の存在では無く、無機質なものから人まであらゆるものを写し取りながら刺激に満ちた世界を永遠にさまようお話しで、近年の漫画作品の中では類を見ない物語展開をみせます。

哲学的な表現や死生観に踏み込んだ表現が含まれており、「死」を考えさせられるのと同時に、「生」も考えされられる漫画で、漫画として珍しいテーマを取り上げています。

漫画をエンターティメントコンテンツとして考えると、この作品は合わない人もいるかもしれませんが、新しい刺激が得られるおすすめのマンガです。

不死というテーマに踏み込んだ面白い作品「不滅のあなたへ」のあらすじ

観測者と呼ばれる存在により生み出された”球”は、己の存在が何であるかもわからず、ただあらゆる物から強い刺激を受けることでその性質を記憶して模倣する事となります。

球は地上に降り立ったあと、岩などの無機質なものに変化しますが、やがて力尽きた狼の姿を写し取り、自我を持ち自由に動き回れるようになります。

その後、狼の飼い主である少年と出会い、始めて人と接触した球は狼の姿で様々な情報と刺激と受けて、食事や睡眠といった生きるもののあるべき姿を学ぶことになります。

引用元:不滅のあなたへ

その後、少年は川に落ちたときに負った怪我が元で死亡し、球はその少年の死の刺激により少年の姿を手に入れます。

その後も、光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ等の刺激に満ちたこの世界のものを写し取りながら、あらゆる刺激を吸収するために、観測者を共にしながら永遠と世界を旅をすることになります。

スポンサーリンク

壮大な世界観と今後の展開が読めないSFファンタジー「不滅のあなたへ」の感想

この漫画は主人公が人間ではなく、不死の存在である「球体の何か」であり、その球が写し取った物体や生命の姿を借りながら永遠と世界を旅していくストーリーのSFファンタジーです。

世界観が独特で、様々な刺激を受けた不滅の存在である球は、やがて「フシ」と名乗ります。

フシ以外の存在には普通に時が流れるため、フシと関わりを持った人物はやがて年老いて死んでいくわけですが、フシは変わらず時を過ごし不滅の存在として描かれ、近年の漫画にはない深い物語の様相を見せます。

フシは関わりを持った人物が死んだときに刺激を受け取り、その姿を写し取れるため、死んだ人物を自ら取り込み、永遠にフシの中に残ることになります。

引用元:不滅のあなたへ

哲学的な要素もあり、読者への問いかけや死生観など、答えのないモノに対する追求など、深く考えさせられる描写が多く、漫画を読んでいて不思議な感覚になります。

個人的には似たような感覚に陥った漫画作品として手塚治虫の「火の鳥」が挙げられ、不滅の存在であるフシだけが移りゆく世界に取り残され、それがよりフシの特異な存在を際立たせます。

内容がやや難解で、少しずつ読まずに一気に読んだほうが理解しやすく、漫画作品としてはなかなか得られない思想や満足感が得られるので、是非ともおすすめします。

【まとめ買い】 不滅のあなたへ [Kindle版]

 「大今良時」の他の作品のご紹介

大今良時は今回ご紹介した漫画「不滅のあなたへ」が3作品目で、デビュー作が話題作となり劇場アニメ映画化までした「聲の形」で、知る人ぞ知る注目の漫画家です。

作品のテーマや着眼点が非常に素晴らしくて挑戦的な物語に取り組まれており、どの作品も非常に面白くておすすめです。



 

無料で漫画が読める電子書籍サイト

◆「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク