漫画の感想・紹介

漫画「宇宙兄弟」の感想。最新の宇宙開発事情を分かる面白いマンガ

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

先日、とあるニュースで子供たちの将来になりたい職業のランキングに「YouTuber」が含まれるようになったことで話題になりましたが、ある意味時代を反映したものだと言えます。

私が子供のころには何となく「凄そうで憧れの職業」として名前が挙がっていたのは「飛行機のパイロット」とか「プロ野球選手」でした。

しかし私より一回りか二回り上の世代では将来なりたい職業として「宇宙飛行士」が挙がっていたそうです。

これは1961年から1972年に行われた、アメリカ航空宇宙局による人類初の月への有人宇宙飛行計画である「アポロ計画」の影響が大きく、当時の子供たちには非常に印象的に映ったのだと思われます。

本日ご紹介する漫画は宇宙開発を舞台とした物語で、宇宙飛行士を夢見る兄弟が子供の頃の夢を大人になって実現するという大変スケール大きいSFストーリー漫画です。

タイトル:宇宙兄弟
作者  :小山宙哉
連載期間:2008年~
巻数  :既刊35巻(2019年3月現在)

この漫画は2025年を舞台として、実在する日本のJAXAやアメリカのNASAなどの宇宙開発組織が登場するSFストーリー漫画で、大変良く取材がされており、近未来でありながら非常に現実的な物語として進む大変面白い作品です。

連載が始まったのは2008年なのですが、物語は2025年で開始されており、連載が進むにつれて時代を追っているのですが、最新の宇宙開発事情や新たな革新技術が登場して、非常に現実感のある物語となっています。

2009年に宝島社の「このマンガがすごい!2009」オトコ編で2位を獲得し、その後何度もマンガ大賞で賞を受けるなど注目されているタイトルで、連載当初から話題を集めている作品です。

その後、2011年には第56回小学館漫画賞一般向け部門、第35回講談社漫画賞一般部門をそれぞれ受賞し、2012年4月から2014年3月まで長編テレビアニメが放送されるなど、非常に多くのメディアで注目を集めて2012年には実写映画化されています。

時代をしっかりと追った物語構成で、最新の宇宙開発事情も汲み取った内容となっており、科学的な見地から見てもしっかりとした構成になった学習漫画としても面白い作品です。

宇宙飛行士になる夢をかなえる面白い漫画「宇宙兄弟」のあらすじ

主人公の南波六太は弟の南波日々人と共に幼少の頃に謎のUFOを目撃したことがきっかけで「一緒に宇宙飛行士になろう」と誓い合います。

そして19年後の2025年に日々人はJAXAの宇宙飛行士としてNASAの火星移住を目指すため、月を舞台とした長期滞在ミッションの宇宙飛行士のメンバーに名を連ねていました。

日々人は月面長期滞在クルーの一員として歴史に名を残そうとしていましたが、六太は日々人を侮辱した上司に頭突きをしたことが原因で勤めていた会社を退職して無職となります。

自動車設計技師として高い技術を持っているにもかかわらず、転職活動もうまくいかず鬱屈した毎日を送る六太に対して日々人は子供のころUFOを目撃したときに録音したテープを聞き返すように指示します。

この時、六太は日々人と二人で何を話していたかを忘れていましたが、録音テープを聞き返し幼少の頃の兄弟誓いである「お前が月に行くなら、火星に行くよ」という言葉を思い出します。


引用元:宇宙兄弟

その後、六太宛てにJAXAから宇宙飛行士選抜の書類審査通過の通知が送付されてくるのですが、これは幼少の頃に立てた誓いを忘れていなかった日々人が六太の知らぬところで応募していたものでした。

宇宙飛行士になることを諦めていた六太は、日々人との幼少の頃の誓いを胸に再び宇宙飛行になることを決意し動き出します。

スポンサーリンク

将来の宇宙開発の内情が分かるマンガ「宇宙兄弟」感想

このマンガは日本のJAXAやアメリカのNASA等、実在する組織を舞台としたお話で、細部まで取材がされており、近未来を舞台とした物語ですが現在の科学水準からそれほど変わることが無く、現実のように受け入れられます。

国際宇宙ステーションや実在する宇宙関連施設が登場し、現在のNASAやJAXAが抱えている問題や今後の宇宙開発の未来がどうなっていくのかを知ることが出来ます。

また、最新の宇宙開発事情をしっかりと汲み取り、将来民間企業による宇宙開発が行われることを予想して、作中でも反映してストーリーに組み込むなど、現在の宇宙開発における世界的な事情や状況を知ることが出来ます。

引用元:宇宙兄弟

宇宙飛行士になる為にはどういったことが必要なのか、どのような訓練をするのかと言った一般人では知り得ることがない宇宙飛行士の日常を知ることが出来るマンガで、将来宇宙飛行士を目指したいと考えている小中高生にはお勧めできる内容です。

【まとめ買い】 宇宙兄弟 [Kindle版]

2012年にアニメ化しています。

「小山宙哉」の他の作品のご紹介

小山宙哉は影響を受けた漫画家に「鳥山明」「井上雄彦」「松本大洋」「小林まこと」「新井英樹」らを挙げており、作風や絵柄を見ると納得します。

作品「宇宙兄弟」でメジャーになった漫画家で、あまり多くの作品はありませんが、「宇宙兄弟」は後世にも残る名作とも言える作品で、今後の活躍が楽しみな漫画家です。



 

無料で漫画が読める電子書籍サイト

◆「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク