漫画の感想・紹介

漫画「惑星のさみだれ」の感想!魔法使いとの戦いをテーマにした超能力バトルが面白い!

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さんは特撮のヒーロー物やハリウッド映画のアメコミヒーローが活躍する作品を一度はご覧になったことがあるかと思います。

こうした作品ではヒーロー達は「世界を救う」という大きな目的を持ち、世界を我が物にしようとする悪の組織や、人類を滅ぼそうとする巨大な力を持つ敵に対して戦います。

この手のお話しは物語が構成しやすいということもあり、多くの作品が存在し、使い古された感がある為、様々な奇をてらった作品も生まれています。

本日ご紹介する漫画はそうした世界を救う事を目的の物語なのですが、奇をてらいつつも登場人物の人間的な成長が面白く、絵柄からは想像がつかないほど深いストーリーとキャラクター設定が魅力で、何度も読み返したくなる超能力×熱血バトル漫画です。

タイトル:惑星のさみだれ
作者  :水上悟志
連載期間:2005年~2010年
巻数  :全10巻

世界を救う指輪の騎士の1人として選ばれ主人公の青年が、小学生から老人まで含む広い世代の指輪の騎士の仲間たちと力をわせて、世界を滅ぼす絶大な力を持った魔法使いとの戦いを描く超能力を主体とした熱血バトル漫画です。

この漫画は平穏な日常を送っていた大学生の青年が、些細なきっかけで世界を救うための騎士に選ばれるという内容で、この手の設定自体は昔から使い尽くされてきました。

しかし近年はそうしたベタな設定は避けられる傾向なので、あえてそうした世界観で直球勝負をしてくるところが逆に新鮮に感じられます。

絵柄がほんわかとしてるなー と思って軽い気持ちで読んでいるとストーリーが不意打ちを食らう面白さで、良い意味で予想を裏切る展開が連続して熱中して読み老けてしまいます。

話のスケールが大きく魔法使いである敵の存在の秘密や、なぜそれに対して対立する指輪の騎士の存在がいるのかという壮大な設定が大変面白く、没入感が非常に高くて一気読みをするには最高の漫画です。

超能力バトルとストーリーが最高に面白い漫画「惑星のさみだれ」のあらすじ

主人公で大学生の雨宮夕日はある朝目が覚めると、言葉を喋るトカゲから夕日が世界を救う指輪の騎士の1人として選ばれたことと、強大な力を持つ魔法使いにより、現在地球は危機を迎えていることを告げられます。

夕日はこのしゃべるトカゲを幻覚と考え相手にしませんでしたが、「泥人形」と呼ばれる魔法使いの使役する敵の襲撃を受けることになります。

泥人形に襲われた夕日は死を覚悟しますが、隣に住む女子高生の朝日奈さみだれ によって救われます。

さみだれ自身には「精霊アニマ」の力が宿っており、人間離れの強大な力を持っているため、最初の泥人形の襲撃は無事に撃退することが出来ました。

指輪の騎士の役目は精霊アニマが宿る さみだれ を泥人形から守ることで、さみだれの夕日に対する信頼にこたえるために、夕日はさみだれの意志に従う忠誠を誓います。

表向きはさみだれと夕日は世界を救うために魔法使いの刺客である泥人形と戦うのですが、さみだれは世界を永遠に自分の物にしたいがために魔法使いを倒して世界を救った後は、自身での世界の破壊を望んでおり、夕日はそのさみだれの意志に従うことになります。

引用元:惑星のさみだれ

スポンサーリンク

「惑星のさみだれ」の感想!登場人物の成長過程が面白い漫画

このマンガは絵柄もライトな感じなのでよくありがちの世界を強大な敵から救って終わりの話なのかと思いきや、良い意味を意表を突いてくる展開が面白く、続けて2回読み返すぐらい面白い漫画でした。

基本的に超能力バトルが中心の物語ですが、なぜ世界を破壊しようとする魔法使いがいて、それを防ぐために指輪の騎士が選ばれるのかといった大筋の物語の謎が次第に明らかになっていきます。

また、指輪の騎士ひとりひとりのバックグラウンドもしっかり描き、小学生から老人まで年齢はバラバラですが、登場人物が互いに関わり合いを持ち、影響を与えながらお互いが成長していく展開が非常に面白いです。

主人公の夕日も当初は頼りない青年で、戦いを繰り返し仲間との関わりを持つ中で成長して行くのですが、この過程が大変面白くて本作の魅力の一つとも言えます。

様々な伏線が存在し、ストーリーが進むに連れて綺麗に回収していき、細かなところでキャラクターの個性があふれて、それぞれのキャラクターの思惑が絡み合いながらも綺麗に収める流れは作者の水上悟志の凄さを感じます。

引用元:惑星のさみだれ

全10巻と丁度良い巻数で終わり方も良く、絵柄から想像できないディープな物語が展開されてセリフも刺さるものがあり、非常に満足度の高い漫画です。

【まとめ買い】 惑星のさみだれ [Kindle版]

「水上悟志」の他の作品と当ブログ記事として取り上げた作品

水上悟志 の作品はどれもストーリーが壮大で、それでありながらきれいにまとめてくる作品が多く、ストーリーの組み立てが本当に上手です。

また作品に派手さはありませんが、ストーリーが進むにつれてどんどん面白くなっていく作品ばかりなので、途中で読むのをやめずに最後まで読むのをお勧めします。

スピリットサークル /水上悟志 全6巻

前世を見れる霊的な道具を使い、前世の記憶である過去生を見せることで、様々な人間関係と現世への影響を語る内容で、「輪廻転生」をテーマにしたファンタジー漫画です。
主人公で中学生の桶屋風太はどこにでもいるごく普通の少年ですが霊感があり、転校生の石神鉱子の出会った日に鉱子についている背後霊の存在に気づきます。
鉱子は背後霊である”イースト”が風太に見えていることを知り、探していた恨みを持つ人物であることに気が付き、風太に対して積年の恨みを果たすことを伝えますが、風太にとっては鉱子とは初対面であり、過去に一度も会ったこともありません。
鉱子は過去生を見れる道具を使い、前世で死闘を行った関係を体験させて、風太の魂を殺して輪廻を断つために、風太に対して前世の記憶を思い出させます。

【まとめ買い】 スピリットサークル [Kindle版]

スポンサーリンク


無料で漫画が読めるマンガアプリを紹介

iPhoneやAndroidで漫画を読むためのおすすめのマンガアプリのまとめ記事です。

漫画アプリは基本無料のアプリばかりで、全巻すべてを無料で読める漫画があったり、期間限定で無料で読めるものなど様々なサービスがあります。

無条件で全ての漫画が無料というわけではありませんが、無料で読める分だけでも相当量ありますので、暇つぶしに困ることはありません。

各アプリの特徴と掲載されている主な漫画作品の情報をまとめています。

 

スポンサーリンク

漫画を手軽に持ち運べるおすすめのガジェット

漫画を”本”で持ち歩く場合はかさばったり鞄に入ったとしても重いですが、Fireタブレットは漫画を何十冊も片手で持ち運べる安価でおすすめのガジェットです。

漫画や本を読むという点においては最高のコストパフォーマンスを誇るガジェットで、いつでもどこでも最新の本を手に入れることが出来るという非常に高い利便性があります。