漫画の感想・紹介

漫画「最果てのパラディン」の感想・レビュー!王道ファンタジーの深いストーリーが面白い

スポンサーリンク



こんにちはユレオです。

皆さまは普段小説を読まれますか?小説作品の多くは文字だけで構成されるため、手を出さない方が多いですが、コンテンツとして優れており、映画や漫画の原作となっている作品が数多くあります。

昨今では”ライトノベル”と呼ばれるジャンルで人気のある作品の多くは、漫画化からのアニメ化という流れで一般の方が目にする形になり、そこまで浸透すると初めて原作である小説が世間で注目されます。

本日ご紹介する漫画は、「小説家になろう」で連載が継続しているWeb小説として高い評価を受けている作品のコミカライズで、王道の冒険ファンタジーの深いストーリーが魅力の作品です。


タイトル:最果てのパラディン
作者  :原作.柳野かなた 漫画.奥橋睦
連載期間:2018年~
巻数  :既刊4巻(2019年11月)

引きこもりの人生で後悔しながら死亡した主人公が、前世の記憶を持ったまま異世界で人間の赤子として転生して、アンデッドに育てられて成長する異世界転生漫画です。

物語は一見ありがちな「異世界転生もの」の構成でスタートしますが、何故アンデッドに育てられることになるのかという謎が徐々に明らかになることで、ストーリーの奥深さに驚く作品で、Web小説として高い評価を得ています。

コミカライズする中で読みやすさを優先したのか、原作を知っていないとニュアンスが伝わりにくい部分がいくつか散見されますが、王道冒険ファンタジー作品として気軽に楽しめるように漫画化した点は評価できます。

多くの方が「Web小説作品は安っぽい作品しかない」というような考えをお持ちかもしれませんが、そうした偏見を打ち砕いてくれる作品で、個人的には原作を読んだうえで漫画を読むのをお勧め致します。

徐々に明らかになる世界観が面白い漫画「最果てのパラディン」のあらすじ

主人公の男性は現世で引きこもり生活を送り、自身の人生を後悔したまま死亡します。

死後、輪廻を司る神の導きにより異世界にて人間の赤子として転生しますが、転生した街は廃墟で人の気配は無く、3人の不死者(アンデッド)である「ブラッド」「マリー」「ガス」に拾われて家族として迎えられます。


引用元:最果てのパラディン

3人の不死者は生前は英雄として知られた人物で、約200年前に上王(ハイ・キング)と呼ばれる悪魔の王が世界に大乱を起こした際に、上王の討伐を行いましたが、上王を殺すには至らず、封印するのがやっとでした。

封印は完璧なものではなく、3人の寿命が尽きた時に再び上王が復活することを恐れ、ブラッド、マリー、ガスは不死神と契約を結び、自らを不死者となって上王が復活しないように見守る為に、その土地に留まります。

長年の月日が流れた後、下級の悪魔に上王の生贄として捧げられた人間の赤子を助けたブラッド、マリー、ガスは、赤子を”ウィリアム”と名付け、人間として生きていくための知識・武術・魔法を教えながら人の子として育てることになります。

スポンサーリンク

奥深いストーリーが面白い「最果てのパラディン」の感想

この漫画は「小説家になろう」で連載は継続しているWeb小説が原作のコミカライズ作品で、物語の導入部はありがちな異世界転生を題材とした内容ですが、ファンタジー世界設定が非常に練られており、今注目されている異世界ファンタジー作品です。

物語の冒頭で世界を構成する神々の名前や神話が登場するなど、登場人物が少ないのに物語が少々複雑で、小説を読んだ上で漫画作品を読めばストーリーがすんなりと入って来ますが、漫画から読み始めると、理解に時間がかかる難易度が高い作品となっています。

異世界転生を題材としていますが、主人公が強大な力を持ち、あらゆる敵を無双するような陳腐なストーリーではなく、王道の冒険ファンタジー作品で、異世界を構成する神々の関係や、主人公を取り巻く人々や、それぞれに課せられた運命など、何度も繰り返して読み返すことで楽しめる奥深いストーリーが魅力です。


引用元:最果てのパラディン

主人公が成長の過程で知る自身の生い立ちや心の揺らぎなどが丁寧に描かれており、非常に読み応えのある作品となっています。

【まとめ買い】 最果てのパラディン [Kindle版]

「奥橋睦」の他の作品のご紹介

奥橋睦は原作者と組んでコミカライズする形で活動されており、美麗な人物描写と細やかなタッチが特徴の漫画家です。

絵については非常に上手い印象があるのですが、人物以外では細かく見ると不自然な描写もある為、絵に得意不得意がありますが、まだまだ作品数も少なく今後が期待される作家です。


無料で漫画が読める電子書籍サイト

◆「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク