漫画の感想・紹介

漫画「白暮のクロニクル」の感想!不老不死を題材にしたミステリーサスペンスが面白い

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さんは「不老不死」と聞くと何を想像しますか?私は”ドラキュラ”を想像しますが、これは空想上の生き物で現実には存在しません。

人は死を恐れ、有史以来「死」や「老い」に抗い不老不死の研究を行ったり、不老不死に憧れて小説などの物語で想像上の不死の生き物を生み出したりと、不死と不老は人類の大きな野望となっています。

そうした不老不死を題材にした映画やドラマや小説は数多く存在し、ファンタジーを題材とした物語では必ず「不老不死の存在」の登場するなど、物語を構成するうえで欠かせない存在になるぐらい一般的なものになっています。

当ブログではこれまで何度かファンタジーを題材にした漫画作品についてご紹介させていただいていますが、そうした中で不老不死をテーマにしながら大変面白いアプローチで表現している作品があります。

本日ご紹介する漫画は2015年の東京を舞台とした連続殺人事件を追うミステリー・サスペンス漫画で、ドラキュラに似た不老不死の種族が一般人に混ざり共存している世界で起きた殺人事件を追うヒューマンドラマが魅力の作品です。

タイトル:白暮のクロニクル
作者  :ゆうきまさみ
連載期間:2013年~2017年
巻数  :全11巻

2015年の東京を舞台としたミステリー・サスペンスで、この世界では「オキナガ」と呼ばれるドラキュラに似た不老不死の種族が世間からの言われのない差別や様々な問題を抱えながらも社会に溶け込んで共に生活しています。

この物語は冒頭で殺人事件が起きるところから始まるのですが、その被害者は「不老不死」の存在であるオキナガであった為、事件は複雑化します。

冒頭からあまりにも自然に不老不死の存在がなじんだ世界を描いており、まるで「不老不死が珍しくない当たり前の世界」という異質なテーマをごく自然に表現しています。

そして面白いのはメインテーマは「ミステリー・サスペンス漫画」というところで、連続殺人事件の犯人を追うのと、その動機を明らかにしていくストーリー展開をみせて、「不老不死」というファンタジーを題材としているのに、ファンタジーをほとんど感じさせないヒューマンドラマをメインとした展開が魅力の漫画です。

不老不死の存在をテーマにしたミステリー・サスペンス漫画「白暮のクロニクル」のあらすじ

主人公の一人で厚生労働省に務める伏木あかりは、保健所での研修で食中毒を出した飲食店の立ち入り検査を行うため焼肉店を訪れますが、そこで店長が無残にも殺されている現場に遭遇します。

現場で死体解剖を行った結果、致命傷は首の傷からの出血死であったことは明白なのですが、心臓に大きな杭を打たれており、怨恨による殺人事件と思われました。

ところが被害者を調べたところ、不老不死の存在である「オキナガ」であることが分かり、ただの殺人事件ではないことが分かります。

引用元:白暮のクロニクル

この事件がきっかけで、あかりはオキナガの監督を行う部署「夜間衛生管理課」に配属されることになり、上司に連れられ訪れた私設図書館でもう一人の主人公である雪村魁に出合います。

魁はオキナガで見た目は18歳と若いですが80年以上生きており、魁とあかりは共に「オキナガ案件」と呼ばれるオキナガに関連する事件に関わることになります。

スポンサーリンク

ヒューマンドラマが魅力的で面白いマンガ「白暮のクロニクル」の感想

このマンガでは細かな設定がしっかりと構築されており、「オキナガ」と呼ばれる不老不死の種属がどうやって日本の社会に根付いているのか、そのことで起きる問題をどういう方法で対応しているのかと言った物語の根幹となる設定をしっかりと補強しており、「オキナガ」と呼ばれる不老不死の種属が社会に溶けこんだ世界観を違和感なく構成しています。

例えば”オキナガ”が生まれる説明に「なりあがる」という言葉があるのですが、外傷を受けた人にオキナガの血を与え、適応すると「オキナガという存在に”成って”人から“上がる(終る)”」という意味で、言葉一つとっても設定が魅力的です。

引用元:白暮のクロニクル

オキナガは数十年・数百年と姿を変えず生き続けるわけですが、そうした中で生まれる苦悩や問題もしっかりと描かれており、「人間」よりもはるかに深い人生を歩んでいます。

「オキナガ案件」の事件の追って行くうちに様々な謎が一つずつ明らかになり、「オキナガ」独自の数十年・数百年にわたる人間関係や人間ドラマが面白く、テンポよく読むことが出来る漫画です。

【まとめ買い】 白暮のクロニクル [Kindle版]

「ゆうきまさみ」の他の作品のご紹介

ゆうきまさみは多くの有名作品を描かれている漫画界の大御所で、その中でも「機動警察パトレイバー」は世界設定が魅力で近未来SFロボット漫画として時代をさきがけした作品です。

壮大なテーマを驚くほど自然になじんだ物語で展開し、基本的にはヒューマンドラマを主体とした作品が多く、今後も楽しみな漫画家の一人です。

無料で漫画が読めるマンガアプリを紹介

漫画を読むのにスマホやタブレットをお使いの方は多いと思いますが、どのような漫画アプリをお使いですか?

漫画アプリは基本無料のアプリばかりで、全巻すべてを無料で読める漫画があったり、期間限定で無料で読めるものなど様々なサービスがあり、無条件で全ての漫画が無料というわけではありませんが、無料で読める分だけでも相当量ありますので、暇つぶしに困ることはありません。

各アプリの特徴と掲載されている主な漫画作品の情報をまとめました。

 

◆漫画を手軽に持ち運べるおすすめのガジェット ベスト3

漫画を”本”で持ち歩く場合はかさばったりカバンに入ったとしても重いですが、タブレット端末で持ち歩けば何冊でも持ち歩けます。

また、タブレット端末は電子書籍を読むという点において大変便利なガジェットで、いつでもどこでも最新の本を手に入れることが出来るという非常に高い利便性があります。

1位 Fire HD 8 タブレット

Fire HD 8タブレットは大変コストパフォーマンスの良いタブレット端末です。
電子書籍を読むといううえで必要な機能は備わっていますし、電子書籍だけではなくAmazonプライムビデオやPrime Musicを楽しむことが出来ます。

 

2位 Kindle Paperwhite マンガモデル

Kindle Paperwhite は読書のための専用端末で「E Ink(イーインク)ディスプレイ」により、まるで紙のように読みやすい特徴があります。
ディスプレイが反射せず明るい陽射しの下でもしっかり読めて、防水機能も備わってます。

 

3位 Kindle Oasis

Kindle OasisはKindleシリーズ最大のスクリーンサイズでありながら、わずか3.4mmと薄くて軽量のアルミフレームを採用された上位機種です。
フロントライト付きで周囲の明るさを感知して自動で理想的な明るさにしてくれます。

 

スポンサーリンク