漫画の感想・紹介

漫画「虚構推理」の感想!ミステリーマンガとして新しい表現と展開が面白い作品

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

世の中には様々なファンタジーを題材にした漫画や小説、映画がありますが、西洋の世界観をベースとしたドラゴンやオークといった空想上の生き物が登場し剣や魔法で戦うといった冒険ものの作品が多くを占めます。

しかしファンタジー(fantasy)の定義は、超自然的で幻想的であり、空想的な事象を指すもので、そうしたものが物語のテーマとなっているのであれば、ファンタジー作品に含まれ、今では広く解釈されるようになりました。

ファンタジーは元は小説等の文学のジャンルでしたが、コンテンツの広がりから現在は漫画や映画、そしてゲームなどで数多くファンタジーを題材とした作品が存在します。

本日ご紹介する漫画は、超自然的で幻想的であり、空想的な事象をベースとしたお話で怪異たちの知恵の神となった少女と、未来をつかむ力と不死身の肉体を持つ青年のSFファンタジー×ミステリー・サスペンス漫画です。

タイトル:虚構推理
作者  :原作.城平京 漫画.片瀬茶柴
連載期間:2015年~
巻数  :既刊13巻(2020年9月現在)

「人魚」「河童」「くだん」などの様々な怪異が登場し、ファンタジー色の強いミステリー漫画ですが、「くだん」という怪異が絡むことで、”推理を行い理屈をでっちあげて証明する”ことで”確定していない未来を確定させる”というSF要素が加わった、新しいタイプのミステリー・サスペンス作品です。

怪異により引き起こされた事件の事実を知り、推理をすることで別の理屈をでっち上げて、その理屈を疑いのない形で証明することにより未来を確定させるという不思議な物語で、作中の言葉遊びを楽しむ展開をみせます。

絵が非常に見やすく、キャラクターに魅力がある作品で、それぞれのキャラクターの個性をしっかりと表現されています。

怪異による事件や問題を解決していくというスタイルで話が進んでいくのですが、原作が小説ということもあり、テンポはあまり良いとは言えず、ゆっくりと時間を掛けて読むタイプの漫画です。

くだんと人魚の肉を食べた青年と知恵の神になった少女の物語、漫画「虚構推理」のあらすじ

主人公で大学生の岩永琴子は11歳の頃に神隠しに遭い、右眼と左足の膝から下を失うことで、怪異たちの知恵の神になります。

琴子はこの神隠しがきっかけで、怪異たちのトラブルの仲裁・解決する役割を果たすようになり、人間と怪異の中間に位置する存在になります。

もう一人の主人公である桜川九郎は、幼少の頃に「くだん」と「人魚」の肉を食べさせられたため、”未来をつかむ力””不死身の体”を持つことになりました。

九郎はこの力により怪異からは規格外の混ざりもの化け物と恐れられるようになり、偶然にも「河童」と遭遇した際に、河童が九郎を見て恐れおののく姿を見た九郎の婚約者は九郎の元を去ってしまいます。

引用元:虚構推理

琴子は17歳の時に九郎に出会い一目ぼれし、2年間で片思いを続けていましたが、婚約者と別れたことを知って告白し、また自身が知恵の神であり九郎の肉体の秘密を知っていることを伝えます。

その後二人は交際するようになり、琴子は知恵の神として世間を騒がせて都市伝説として語られるアイドルの亡霊・鋼人七瀬を消滅させるために、九郎と共に鋼人七瀬が消滅する未来をつかむための欺瞞に満ちた虚構の推理を展開します。

スポンサーリンク

ミステリー・サスペンス作品としても大変面白い魅力のマンガ「虚構推理」の感想

このマンガは城平京の小説が原作で片瀬茶柴がマンガを担当しており、ストーリーが大変重厚です。

「人魚」「河童」「くだん」など、様々な怪異が登場し、ファンタジー色が強いですが、しっかりとした推理と考察が行われ、鋼人七瀬と呼ばれる都市伝説が生み出した亡霊を退治する物語がベースとなり、その後はショートショートの様々な怪異にまつわる事件を解決していく物語展開となります。

絵が大変丁寧に描かれ、その都度しっかりとした説明が加わり、またキャラクターの個性を引き出す細かな描写など、漫画作品として大変完成度が高いです。

引用元:虚構推理

鋼人七瀬のお話は小説のペースで漫画を描いているのか、物語の展開がかなりゆっくりで、漫画を読んでいるのに小説を読んでいるようなペース配分で不思議な感覚になります。

キャラクター設定が魅力的で台詞では語らない描写がところどころにあり、何度も読み返すことで気が付ける点があるなど、繰り返し楽しめる漫画作品です。

【まとめ買い】 虚構推理 [Kindle版]


無料で漫画が読める電子書籍サイト

◆「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク