漫画の感想・紹介

漫画「辺境の老騎士 バルド・ローエン」の感想!老騎士の旅路を描くファンタジー物語が面白い

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

最近は異世界召喚や異世界転生を題材にした小説や漫画が増えたことで、ファンタジーをテーマにした物語が数多く誕生しています。

ファンタジーを題材にした作品の多くが明確な敵が存在して、主人公と敵対する者たちが剣と魔法で戦いを繰り広げる壮大な物語が多く、こうした構成はファンタジー作品の様式美とも言えます。

しかし、こうした様式美から外れた作品も存在し、派手な戦いをテーマにはせずにファンタジーの世界観を淡々と魅力的に伝える作品も存在します。

本日ご紹介する漫画はファンタジーを題材にした作品ですが、年老いた老騎士が全てを捨て去り道の途中でひっそり死ぬための、目的地のない旅を続けるお話しです。

タイトル:辺境の老騎士 バルド・ローエン
作者  :原作.支援BIS 漫画.菊石森生
連載期間:2017年~
巻数  :既刊4巻(2018年12月)

数々の戦場で武勲を挙げてきた騎士がやがて老い、地位や名誉も捨てて死に場所を求めて一人旅をするお話で、旅先でいざこざに巻き込まれつつも解決していく王道ファンタジー漫画です。

この漫画はファンタジー世界の描写が壮大で、しっかりとした設定があるにもかかわらず、主人公である老騎士の旅路を描くただの背景として扱っており、他のファンタジー作品には無い珍しい物語構成となっています。

また、旅の楽しみとして様々な食事シーンが登場し、各地で旨いものを食べ歩く描写が多いのが特徴で、目的のない旅路の中でゆったりとした時間を過ごす特徴的なストーリーとなっています。

年老いた騎士が死に場所を求め旅に出る漫画「辺境の老騎士 バルド・ローエン」のあらすじ

主人公で老騎士であるバルド・ローエンは長年の間「大障壁」と呼ばれる魔獣の脅威から守られる壁の唯一の切れ目を魔獣から守り、そして隣国との争いでも不敗の騎士として活躍してきました。

やがてバルドも年老い、若い騎士を育成する身となりますが、バルドのこれまでの武勲が大きすぎるため、近隣諸国はバルトという駒を利用して領地争いを始めることになります。

バルドは自分という駒がなくなればそうした争いがなくなる考えて騎士を引退し、領主であるテルシア家に迷惑をかけないために、地位も名誉も全てを捨て去り、死に場所を探す旅路を始めます。

引用元:辺境の老騎士 バルド・ローエン

地位も名誉も捨て去ったバルドですが、旅路の中で辺境の大領主コエンデラ家が引き起こす争いにいつの間にか巻き込まれてしまいます。

スポンサーリンク

ファンタジー世界での旅路を描くマンガ「辺境の老騎士 バルド・ローエン」の感想

この漫画は王道ファンタジーの世界観がしっかりと描かれており、一人の老騎士を取り巻く環境で起きる様々な出来事を描いた物語となっています。

老人が主人公というのも珍しく、他領とのいざこざに領主が脅かされない為にも、自身が引退を決意して、死に場所を求めて目的のない旅を始めます。

バルドは旅先で様々な人で出会い、いざこざに巻き込まれつつも解決していくというのが物語の骨子となっており、非常に面白い展開が続きます。

また、この漫画では食事に強いこだわりがあり、料理のシーンが細かく描写されているのも魅力で、グルメ料理としても楽しめます。

引用元:辺境の老騎士 バルド・ローエン

丁重な作画でキャラクターに魅力があり、世界観をしっかりと読者に伝え、設定の一つ一つがしっかりた作品で、物語の結末が大変気になる漫画です。

【まとめ買い】 辺境の老騎士 バルド・ローエン [Kindle版]

スポンサーリンク


無料で漫画が読めるマンガアプリを紹介

iPhoneやAndroidで漫画を読むためのおすすめのマンガアプリのまとめ記事です。

漫画アプリは基本無料のアプリばかりで、全巻すべてを無料で読める漫画があったり、期間限定で無料で読めるものなど様々なサービスがあります。

無条件で全ての漫画が無料というわけではありませんが、無料で読める分だけでも相当量ありますので、暇つぶしに困ることはありません。

各アプリの特徴と掲載されている主な漫画作品の情報をまとめています。

 

スポンサーリンク

漫画を手軽に持ち運べるおすすめのガジェット

漫画を”本”で持ち歩く場合はかさばったり鞄に入ったとしても重いですが、Fireタブレットは漫画を何十冊も片手で持ち運べる安価でおすすめのガジェットです。

漫画や本を読むという点においては最高のコストパフォーマンスを誇るガジェットで、いつでもどこでも最新の本を手に入れることが出来るという非常に高い利便性があります。