漫画の感想・紹介

漫画「銀の匙 Silver Spoon」の感想・レビュー!畜産業や農業を描いた面白いマンガ

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さんは普段の生活の中で食事で様々なものを口にするかと思います。

そうした食事の際に当たり前のように牛乳を飲んだり卵を食べたり、また豚肉や牛肉を口にすることがあるはずです。

牛乳をはじめとする乳製品や新鮮な卵等の食料品は、当たり前ですが畜産業を営む生産者がおられることで成立つわけですが、そうした方々生活がどういったものかをご存知の方は少なく、知る機会はなかなかありません。

本日ご紹介する漫画は北海道の畜産業や農業がどういったものなのかを知ることが出来る大変興味深い漫画です。

タイトル:銀の匙 Silver Spoon
作者  :荒川弘
連載期間:2011年~2019年
巻数  :全15巻

親元から離れたいという理由で寮がある北海道の農業高校に進学した主人公と、その友人たち学生生活を描いた学園青春漫画です。

この漫画は少年誌で連載された作品ですが、取り上げるテーマが「農業高校」と派手なテーマもない大変珍しい作品で、連載当初から話題になりました。

話題になった理由の一つとして、作者が「鋼の錬金術師」で有名な荒川弘が描くファンタジーやアクションが無い作品ということで、どんなストーリーになるのかといことで注目され、多くの方が知らない「畜産の現場」をリアルに描かくことで意表性をつきました。

その後、アニメ化や実写映画化するなど、地味なテーマでありながら大変面白いストーリーが展開続く作品で、老若男女の万人にお勧めできる漫画と言えます。

畜産の現場が知れる面白い漫画「銀の匙 Silver Spoon」のあらすじ

主人公の八軒勇吾は高校受験に失敗したことで、学力競争を重視する高圧的な父親から離れたい一心で、特に志望校ではなく寮制だという理由で縁もゆかりもない大蝦夷農業高等学校に進学することになります。

八軒は農業や酪農といったものの経験が全くなくて、多くの同級生が将来農業や畜産業の跡継ぎになったり獣医を目指したりと将来の夢を持っている中、将来の夢やビジョンもなく「ただ父親から逃げるためだけ」に農業高校に入学したことに引け目を感じることになります。


引用元:銀の匙 Silver Spoon

八軒は中学校が進学校だったこともあり、成績については自信がありましたが、実習では体力を必要として、慣れない家畜の世話の経験不足から引け目を感じることになりますが、仲間と学ぶことで次第に学園生活に打ち解けていきます。

やがて八軒は大蝦夷農業高等学校でやりたいことを見つけて学園生活を楽しむようになり、将来の夢を描くようになります。

スポンサーリンク

地味だが止まらない面白さのがある漫画「銀の匙 Silver Spoon」の感想

この漫画は作者の荒川弘自身が北海道にある酪農家の生まれで農業高校卒業生しており、その実体験を元に描かれた漫画です。

マンガの舞台となる大蝦夷農業高等学校は、実在の「帯広農業高等学校」がモデルになっており、作者自身の経験や体験が描かれ、内容が非常にリアルに描写されています。

また、酪農家の日の当たる表向きの姿だけではなく、日本の酪農家の抱える問題など影の部分にもしっかりと触れており、かなり社会派のマンガの様相も見れます。


引用元:銀の匙 Silver Spoon

学園青春マンガとしても大変面白く、八軒の成長や関りを持つ様々な人の人間ドラマが面白く、読んでいて大変満足感の高い作品です。

主人公が成長の過程で知る自身の生い立ちや心の揺らぎなどが丁寧に描かれており、非常に読み応えのある作品となっています。

【まとめ買い】 銀の匙 Silver Spoon [Kindle版]

2013年、2014年にアニメ化、2014年に実写映画化しています。

「荒川弘」の他の作品と当ブログ記事として取り上げた作品

荒川弘の漫画作品は絵柄が非常に見やすくてキャラクターの個性がしっかりと描かれており、多くの登場人物がいても混乱することなく物語を読み進めることが出来ます。

また、自身の経験をもとに物語を構成しているために、世界設定やストーリーがしっかりと練られた作品が多く、どれも大変魅力的な作品ばかりです。

鋼の錬金術師 /荒川弘 全27巻

錬金術を題材としたファンタジー漫画で、「生命の倫理観」「死生観」「人間の定義」などを描く深い物語と、ダークな展開も見せるストーリーで多くの方に支持された傑作漫画です。
主人公のエドワード・エルリックと弟のアルフォンス・エルリックは高名な錬金術師の父を持ち、幼少のころから錬金術の才能を開花していました。
やがて父は失踪することになり、母は女手一つで兄弟を育ててきましたが、病に倒れてやがて帰らぬ人となります。
エドワードとアルフォンスは失踪した父を恨みながらも、母親の死を受け入れられず、錬金術で母を蘇らせようと考え、錬金術における最大の禁忌である「人体錬成」を行い失敗し、その代償としてアルフォンスは全身の体が犠牲となり、エドワードはアルフォンスの魂だけは甲冑に定着させて、自身の片足と片腕を失うことになります。
エドワードとアルフォンスは失意の元生きる目的を失い苦悩することになりますが、エドワードは錬金術を使いアルフォンスの身体を取り戻すために、より高度な錬金術を学ぶ為に軍属になる道を選びます。

【まとめ買い】 鋼の錬金術師 [Kindle版]


無料で漫画が読める電子書籍サイト

◆「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク