漫画の感想・紹介

漫画「LOOP THE LOOP 飽食の館 」の感想・レビュー!12人の男女が不思議な法則を持つ館から脱出する面白い漫画!

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

ドラマや映画といった映像コンテンツ作品には様々なジャンルがありますが、とりわけ「ミステリーサスペンス」ものの作品が多く人気があります。

その理由はいくつかありますが、ドラマや映画の1~2時間と限られた中で物語が完結しやすいことや、コンテンツ作品を楽しむ側の人間も「推理」という形で参加できるという面白さがあります。

ユーザーの推理は映像コンテンツ作品の最後に”事件の真相”や”犯人の動機”という形で答え合わせが出来ることから、これらのミステリーサスペンス作品は「ユーザー参加型のコンテンツ」とも言えます。

本日ご紹介する漫画は”ありふれた閉鎖空間で起こる連続殺人事件”を題材にした物語ですが、これまでになかった特別な法則やルールにより推理がより楽しめるミステリー好きにおすすめの漫画です。

タイトル:LOOP THE LOOP 飽食の館
作者  :原作.Kate 漫画.カズミヤアキラ
連載期間:2018年~2019年
巻数  :全3巻

欲しい物や食べたい物がなんでも出せて、いらない物はなんでも消せる現実では考えらない不思議な洋館に迷い込んだ12人の男女が館から脱出する為に奔走するミステリーサスペンス漫画です。

物語が進む中で殺人事件が起こるのですが、動機をはじめとする犯人像が見当たらず、互いが疑心暗鬼になり疑い始めるミステリー作品ではありがちな展開で始まります。

ただ、ファンタジーとも言えるあり得ない超常現象がさも当たり前のように起こる館の存在により、アリバイ作りやトリックが予想もつかない形で広がりを見せます。

正統派の推理小説が好きな方には受け入れられない結末かもしれませんが、欲しい物がなんでも手に入る満たされた環境でも満足しないという人の持つ「心理」を上手く絡めた作品で、珍しいミステリーサスペンス作品を読んでみたいという方はぜひ手に取ってほしいです。

●スポンサーリンク


漫画「LOOP THE LOOP 飽食の館」のあらすじ

主人公で高校生の荒川 零弥(レミ)は塾をサボる為に公園で過ごしていると突如意識を失い、気が付けば窓も扉もない洋館のロビーにいました。

レミが住む街では短期間23人もの人間が神隠しに逢っており、その館には神隠しに逢い失踪した人物11人がハウスルールをもとに共同生活をしており、レミは12人番目の「家族」として迎えられます。

この館には「12室の望んだものがなんでも出せる部屋」と「食べたいものが出せる銀の蓋」があり、何故なにも無いところから物が現れるのか、何故この館に連れてこられたのか誰も分からずにいました。


引用元:LOOP THE LOOP 飽食の館 

一部のメンバーは館から脱出する為に館の調査を行うのですが、その過程で「家族」と思われていたメンバーが館がどういうところか情報を掴んでいるのに、館の謎を隠している事実を知ります。

自由で何でも手に入る「飽食の館」から帰りたいと考える者と、このままずっと過ごしたいと考える者が互いの腹を探る中で、一人の「家族」が惨殺された死体で見つかったことで平穏な生活が終わりを迎えます。

スポンサーリンク

展開が面白い「LOOP THE LOOP 飽食の館」の感想

この漫画は窓も出入口もない洋館に閉じ込められた12人の男女が犯人が分からないまま次々と殺されて行くミステリーサスペンスものの定番の展開を見せます。

犯人は「家族」として過ごしてた12人の誰かなのか、それとも13番目のまだ見ぬ人物なのか、それぞれが猜疑心膨らむ中で少しづつ館の法則を見つける事で事件の真相に近づいていきます。

食べたいものも欲しいものもなんでも手に入り、不必要な物はなんでも消せる現実離れした現象が当たり前のように起こる「飽食の館」での共同生活は、何も不満は無く平穏な日々を送れるはずなのですが、その中で起きた殺人事件には「証拠」や「犯人の動機」が見当たらず、事件の真相が分からないまま1人また1人と殺されていきます。


引用元:LOOP THE LOOP 飽食の館 

ミステリーサスペンスものの定番とも言える「閉じられた洋館で起こる連続殺人事件」ですが、現実離れした飽食の館の法則や生活を送る12人のメンバーで取り決めたハウスルールが加わることで、これまでに無かった推理と面白い展開を見せる物語となっており、全3巻と読みやすい巻数なので週末の一気読みにはおすすめのタイトルです。

【まとめ買い】LOOP THE LOOP 飽食の館 [Kindle版]

「カズミヤアキラ」の他の作品のご紹介

カズミヤアキラはイラストレーターとしても活躍する漫画家で、これまで幅広い作品を手掛けています。

作品には別の原作者ありの作品が多いですが、カズミヤアキラの漫画作品は一度読むと印象に残る特徴的な作品が多く、珍しい漫画作品を探している方にはおすすめの作家と言えます。


●スポンサーリンク


無料で漫画が読めるサービスをご紹介

◆毎月15冊まで無料でもらえる「タダ本」


『タダ本』は現物の漫画や書籍が無料でもらえる業界初のサブスクリプションサービスです。

年会費5,800円が必要ですが、対象商品20万冊以上の中から毎月15冊まで選べるので、年間最大19,800円分の漫画や書籍がもらえます。

電子書籍では読みづらいと感じている方や現物の本でコレクションしたいと考えている方には最高のサブスクリプションサービスです。

◆最大級の品ぞろえ「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆試し読みが充実している「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆還元セールが魅力の「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク