仕事

退職代行サービスは仕事が辞められない人におすすめ!「SARABA」で会社を辞めて苦痛から解放されたい

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さんは今までに転職の経験はありますか?私はこれまで幾度も転職をしており、新しい業種へチャレンジしたりキャリアアップを目指して会社を渡り歩いています。

全ての転職が必ずしも成功だったと言い切れませんが、私の場合はステップアップを含めて給料を上げる為に転職を繰り返し、現在の会社では仕事の内容にも給料についても満足しています。

新しい会社に移る為には、当然ですが勤めている会社を退社する必要があります。

私の場合、どの会社もすんなりと辞められたわけではなく、引き留めを受けるケースや会社側が「辞めさせない!」といやがらせをしてきたケースなど様々経験しています。

会社が「辞めさせない!」といやがらせをしてきた具体的な内容は「退職願」を受領してくれないというケースで、その時は退職に1年近くかかり、転職内定先の会社にも大変迷惑をかけることになりました。

今考えると律義に会社に付き合った私もバカだと思うのですが、会社を退職するというのは本当にエネルギーを使います。

本日はそんな退職をスムーズに進めるためにサポートしてくれる退職代行サービス「SARABA」についてご紹介したいと思います。

世の中には「退職代行サービス」というものがある

世の中には様々な商売があり、新たなビジネスが常に生まれていますが、そうした新たなビジネスとして最近注目されているのが「退職代行サービス」です。

退職代行サービスとは「会社を辞めたいが辞めさせてくれない」「会社を辞めるということを伝えることが出来ない」というような、何らかの理由で退職手続きを進めることが出来ない時に、本人に代わって退職の旨を伝え、その後の依頼者と会社の仲介をしてくれるサービスです。

退職の意思を会社に言い出せないというのを傍から見ると不思議に思うかもしれませんが、私自身「退職願を受領してくれない」という理由で会社に残り続けていた為、人はプレッシャーを受けると冷静な判断ができないということは大いにあるかと思います。

退職できずに困ったら…>>「退職代行サービス SARABA」を詳しく見てみる

スポンサーリンク

退職代行サービス SARABAの特徴

退職代行サービスSARABAの特徴として、労働組合が運営していることから退職が上手く進めることが出来ないことの手助けだけではなく「残業代の未払いの請求」や「未払い賃金の請求」などの交渉も可能です。

累計6000件以上の退職代行件数の実績を持ち、365日24時間の「電話・LINE・メール」で営業しており、連絡が取りやすいという点も素晴らしいです。

先ほど少しお話ししましたが、退職というのはエネルギーが必要で、退職にまつわる悩みというのは人それぞれお持ちです。

退職すれば解決する問題というものも中にはあり、退職をしたいがそれにエネルギーを割くことが出来ないという方や、精神的に参ってしまい会社の上司と会いたくないという方には大変ありがたいサービスと言えます。

サービスを受けて退職できない場合は返金保証付き

労働組合が運営する退職代行サービス SARABA はパッケージ価格29,800円で退職できなければ全額返金保証付きというサービスに自信を持っており、退職時に有給消化を希望する場合は、そういった交渉も行ってくれます。

返金保証付きの退職代行サービスは珍しく、万が一うまく事が進まなかったとしても、払い損になることはありません。

退職の手続きを弁護士に依頼するとなると高額になる

退職代行サービスを使わずに退職手続きを弁護士に依頼することでも同じような退職を進めることが出来ます。

退職関連で弁護士に依頼するケースとなると「残業代の未払いの申請」や「給料の未払いの申請」などになりますが、こういった内容を弁護士に依頼すると、「報酬金」「着手金」「事務手数料」「日当」など含めると安くとも15万円ほどかかります。

退職代行サービスは「退職」に特化したサービスである為、低価格で行ってくれることや、退職で困った状況に対して力になってくれます。

スポンサーリンク

最後に

ここまで退職をスムーズに進めるためにサポートしてくれる退職代行サービス「SARABA」についてご紹介してきました。

退職がスムーズに進まないケースというのは何も珍しいものではなく、私の経験から言えば「小さなベンチャー企業」「ブラック企業」といった会社は退職がスムーズに行えず苦労しました。

特に退職願が受理されずにじりじりと時間だけ過ぎたこともあり、新しい転職内定先にも迷惑をかけたことや、精神的なストレスがひどくて冷静な判断ができずに無駄な時間を過ごすことになりました。

あの頃にはこういった退職代行サービスが無く、弁護士に依頼するという方法ぐらいしかありませんでしたが、当時の私にはそこまで気が回らず会社に振り回されることになりました。

もし現在「会社を辞めたいが辞めさせてくれない」「会社を辞めるということを伝えることが出来ない」というような何らかの理由に退職を進めることが出来ない場合はこうした退職代行サービスを利用してみるのも手だと思います。

スポンサーリンク