漫画の感想・紹介

漫画「All You Need Is Kill」の感想。ループものの傑作漫画!主人公の成長過程が面白い!

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さん小説等を今まで読まれたことはあるかと思いますが、最近流行りのライトノベルは読まれますか?

ライトノベルの定義についてはさまざまな説がありますが、一般的にはライトノベルを発行している出版社がその旨を宣言したり、イラストレーションや挿絵を多用し、登場人物のキャラクターイメージや世界観設定を予め固定化するなど、キャラクターを中心とした作品などがライトノベルと呼ばれています。

ライトノベルといってもピンからキリまで様々な作品が存在し、中にはハードSFの大変読み応えのある大作もあり、そうした作品の中にはハリウッド映画化されたものもあります。

本日ご紹介する漫画は初めてライトノベルが原作でハリウッド映画化された作品で話題となった「タイムリープ」をテーマにしたSF漫画です。

タイトル:All You Need Is Kill
作者  :原作.桜坂洋 漫画.小畑健
連載期間:2014年
巻数  :全2巻

「ギタイ」と呼ばれる異星人による攻撃を受けている地球が舞台で、「死ぬ事で時間をさかのぼる」能力を持つ主人公が活躍するSFタイムリープ漫画です。

世の中には様々なループもののお話がありますが、本作の小説版が発表された2004年では比較的新鮮な設定だったと思います。

「All You Need Is Kill」は初めて日本のライトノベルがハリウッド映画として映像化されるということで、映画版の発表の際は話題になりました。
 
原作者はこの物語について、ゲームからアイデアが浮かんだとのことで、主人公が何度も死んで戦闘経験を積むことでベテラン兵士として成長していく過程は、ゲームのそれと同じように思えます。

地球は「ギタイ」と呼ばれる異星人の攻撃を受けており、人類の活動範囲は徐々に狭まり、追いやられています。

主人公で統合防疫軍に所属するキリヤ・ケイジは、ギタイと呼ばれる異星人の攻撃に対する防衛の為、初陣で特殊なギタイと相打ちをして戦死するのですが、何故か気が付くと初陣の前日に戻っていました。

引用元:All You Need Is Kill

その後も死んでも「初陣の前日に戻る」ということが繰り返され、やがてキリヤは戦場から逃れようとしますが、ギタイはキリヤを狙うかのように目の前に現れ、そしてギタイにより殺されることになります。

キリヤは覚悟を決め、ギタイを倒すために”死んでも記憶を得たまま時間をさかのぼる”ことを利用して戦闘経験を積み重ね、死を繰り返すことで新兵でありながらベテラン兵の働きぶりをして活躍するようになります。


その後US特殊部隊のリタと出会い、リタはキリヤがループしていることを見破ります。

リタは過去に時間のループを経験したことがあり、ループの現象の正体と逃れる方法を知っており、キリヤに協力することになります。

スポンサーリンク

死んで強くなる主人公の成長過程が面白い漫画「All You Need Is Kill」の感想

この漫画は桜坂洋の小説が原作で小畑健がマンガを担当しており、小説版が発表された時にも結構話題になった作品で、私は「小説→映画→漫画」という順番で楽しみました。

漫画の紹介記事ではありますが、個人的な感想として小説版が一番面白く、主人公の心理的描写が一番細かく表現されいます。

漫画版は全2巻で小畑健が作画しており、小説版にはない躍動感や表情による心理描写を楽しむことが出来て、キャラクターも魅力的で読者を引き込む内容に仕上がっています。

漫画版で特に良いところは、小説版では機動ジャケットいうパワードスーツのデザインについてあまり語られていなかったのですが、漫画版ではパワードスーツの魅力が堪能できます。

引用元:All You Need Is Kill

兵士が戦場で白兵戦を行うのですが、漫画版は小説では伝わらない動きが読み取れるので、バトル漫画としても魅力的で、登場人物もキャラクター立てをしっかりしており、小畑健の画力のすばらしさを改めて知ることが出来ました。

ハリウッド映画版はいろいろと脚色されており、基本的な設定以外はオリジナルストーリーになっており、後半は全てオリジナルストーリーなので、ある意味新鮮な作品です。

ハリウッド映画版は原作とオチが異なる為、漫画版か小説版を読んでから映画を見ると、もっと楽しめるかと思います。

【まとめ買い】 All You Need Is Kill [Kindle版]

ハリウッド映画版と原作の小説はこちらです。

「小畑健」の他の作品と当ブログ記事として取り上げた作品

小畑健は様々な大ヒット漫画を持つ日本を代表する漫画で、原作者とタッグを組んで多くのヒット漫画を次々と生み出しています。

社会現象化した「DEATH NOTE」をはじめ、本当に面白く迫力のある漫画を描き続けている漫画家で、どの漫画もハズレはありません。

当ブログで取り上げた他の小畑健の作品をご紹介します。

バクマン。 /大場つぐみ、小畑健 全20巻

実在する出版社や漫画作品が登場する内容で、二人の中学生が漫画家になる夢をかなえ、漫画や出版の世界に深くかかわっていく出版業界の裏側を赤裸々に語る青春マンガです。
主人公で中学3年生の真城最高は絵の才能を持ちますが将来への夢を持たず、普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていました。
もう一人の主人公で高木秋人は作家志望で真城の画力の才能に気づき「俺と組んで漫画家にならないか」と誘います。
このマンガは連載開始時と同じ2008年から始まり、話の進行によって現実世界を追い越しますが、作者が「常に現代ぐらいに思って読んで頂けると助かります」と述べており、時代を追った出版業界の実情を垣間見れる大変面白い作品です。

【まとめ買い】 バクマン [Kindle版]




無料で漫画が読める電子書籍サイト

◆「eBookJapan(イーブックジャパン)」


ヤフージャパンが運営する、「eBookJapan」は漫画を無料で読むことが出来る電子書籍サービスです。

コミックの品揃えが世界最大級の電子書店で、60万冊近い本を配信中しています。最新の漫画から往年の名作まで幅広く扱い、毎週更新で20万ページ以上の漫画が無料読み放題!というサービスが目を引きます。


この「最強無料まんが」は定期的に入れ替わるようですが、今話題の面白い作品が9000作品以上揃っており、eBookJapanへの登録が不要ですぐに読めることが出来るというのもポイントが高いです。

 

◆「まんが王国」

まんが王国は少年漫画・少女漫画・青年漫画・女性漫画など、幅広い漫画を取りそろえた電子書籍サイトです。

無料で読める漫画が3000作品以上と、電子書籍サイトとして急成長しており、日替わりで人気漫画が1巻無料で読めたり、3巻以上が無料で読める作品などもあり、多くの電子書籍サイトに比べると試し読み出来るページ数が多いのが特徴です。


まんが王国に会員登録すると試し読み出来るページ数が増えたり、無料で読めるようになる漫画がふえるといったサービスもあり、気になる漫画があるが一度試し読みしてみたいという方にはおすすめの電子書籍サイトです。

◆「DMM電子書籍」


DMM電子書籍は国内最大級の品揃えが売りの電子書籍サイトで、人気の最新作から名作の絶版本まで、非常に幅広いラインナップが特徴です。

DMM電子書籍は、様々なインターネット事業を手がける「合同会社DMM.com」が運営する電子書籍ストアで、「50%ポイント還元」を行う還元セールがあるなど、非常にお得な電子書籍サイトです。


買ってすぐにポイントが付くので続きを購入するにも使用できますし、ポイントで買った漫画にもポイントが付くという非常にお得な電子書籍サイトです。

スポンサーリンク