漫画の感想・紹介

圧倒的な伏線回収!「七夕の国」は地味だが面白いSF歴史ミステリー漫画

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さまSF漫画や歴史ミステリーの漫画や小説を読まれたりするかと思います。

それぞれ別々のテーマなら珍しくはありませんが、SFと歴史ミステリーが混ざった「SF歴史ミステリー」というテーマの漫画や小説が存在ます。

この手のジャンルは「SFと歴史」という相反するようなジャンルをテーマにしており奥深い作品が多いわけですが、このジャンルの作品で「七夕の国」という漫画を聞いたことはありますでしょうか?

「七夕の国」は寄生獣で有名な岩明均の作品で、すごく面白いのに知名度が低いのでぜひご紹介したいと思います。

タイトル:七夕の国
作者  :岩明均
連載期間:1997年~1999年
巻数  :全4巻

この漫画はジャンルは何かと問われると先ほどお話した「SF歴史ミステリー漫画」に入るのではないかと思います。

話を構成する中でSF要素が大きいですが、全体的には歴史ミステリーの内容で物語が進み、現代の日本における村社会の中で伝統として祭られた”特殊な2つの力”をめぐるお話となっています。

 
この漫画は1999年に連載終了しているから、もう約20年前なんですね……寄生獣も最近アニメ化したわけですが、「七夕の国」は個人的には寄生獣を超える名作だと思っているのでアニメ化してほしいと願っています。

SFミステリーマンガ「七夕の国」のあらすじ

大学生で主人公の南丸洋二は「新技能研究会」部長で、どんなものにも小さな穴をあける”超能力”を持っています。

まぎれもない超能力ですが取るに足らない内容の為、仲間内の遊びで終わっていましたが、南丸の通う同じ大学の教授も同様の能力を持ち、南丸よりも大きな穴をあけることが出来ました。

その教授は超能力のルーツを調べるために消息を絶ちます。

引用元:七夕の国 

南丸とゼミ仲間は教授が調べていた「丸神の里」と呼ばれている丸川町を訪れ、教授の痕跡を探しますが、そこで南丸が丸神の里の大名の末裔ということがわかり、思わぬ歓迎を受けます。

丸神家の末裔の持つ超能力の秘密と教授の消息を探る為に、丸神の里へ深入りしたことで様々な事件に巻き込まれていきます。

スポンサーリンク

「七夕の国」の感想!話の構成が面白くて無駄のない洗練されたストーリー

この漫画は全4巻と比較的短いお話なのですが、第1話の段階で最終話までのネームができていたのかと驚くぐらいまとまった構成と伏線の回収が行われます。

前半で出てきて様々な謎や伏線を後半で怒涛の勢いで回収していく様は圧巻です。


話に無駄な話数もなく、初めから4巻できっちりと終わらせる段取りで描かれている漫画だなーと感じました。

この漫画の中で出てくる超能力は2つあり、1つは丸神家の血筋で一部人間しか使えない「手がとどく者」という力で、これは主人公が持っている「どんなものでも穴をあける」能力です。

もう一つは丸神の里の住民の多くが持つ「窓をひらいた者」という力で、これは作中では「怖い夢」を見る力と説明がありました。

引用元:七夕の国 

この2つの力をめぐる物語なのですが、「手のとどく者」の力は使い続けると人間としての容姿を失っていきます。

やがて人として認識できない姿に変わってしまうわけですが、姿は「手のとどく者」の力の大きさと比例する為、強い力を使うと人の姿でいられなくなります。
 
力の名前が直感的でなくわかりにくいと思ったのですが、なぜそのような名前なのかということが後半で明らかになっていきます。

ソフトなSF漫画として非常に面白く、無駄が無いので一気に読んでしまえます。

「この後の展開が気になって仕方がない!」と思わせる構成なので、週末の一気読みにお勧めです。

【まとめ買い】 七夕の国 [Kindle版]

「岩明均」の他の作品と当ブログ記事として取り上げた作品

岩明均の作品はどの作品も深みがあり大変読み応えのある作品ばかりで、漫画ではなく原作者として作品を描いている漫画もあります。

「岩明均の有名作品一覧」

寄生獣
ヘウレーカ
レイリ
ヒストリエ

当ブログで取り上げた他の岩明均作品をご紹介します。

レイリ /岩明均、室井大資 既刊5巻

レイリという名の少女が武田信勝(13歳)の影武者として活躍する歴史漫画です。
レイリは落ち武者狩りの被害に合い一家を失いまが、岡部元信に拾われて4年間育てられてきました。
家族を殺され復讐の為に彼女はひたすらに強さを求め、日々木刀を振り続け、村一番の強さになるのですが、レイリの夢は大恩がある岡部丹波ために「戦場で武勲を立てて討ち死にする」ことでした。
そのことを知る岡部はレイリを戦場から遠ざけ、武田信勝(13歳)の影武者に仕立てて従事させることにします。

【まとめ買い】 レイリ [Kindle版]

ヒストリエ /岩明均 既刊10巻

紀元前4世紀の古代ギリシアを舞台にしたエウメネスが主人公の歴史漫画です。
エウメネスはマケドニア王国であるアレクサンドロス大王(アレキサンダー大王)に仕えた人物で、幼少時代をへてやがて当時の強国のマケドニア王国であるアレクサンドロス大王の書記官として仕えるまでの成長過程と生き様が描かれています。
エウメネスの当時の時代からはかけ離れた独自の思考が大変面白く、生活文化の描写が細かくストーリーの重厚感も素晴らしい作品です。
岩明均のマンガの特徴である「早く続きを読みたい!」という気持ちにしてくれる大変面白いマンガです。

【まとめ買い】 ヒストリエ [Kindle版]

無料で漫画が読めるマンガアプリを紹介

漫画を読むのにスマホやタブレットをお使いの方は多いと思いますが、どのような漫画アプリをお使いですか?

漫画アプリは基本無料のアプリばかりで、全巻すべてを無料で読める漫画があったり、期間限定で無料で読めるものなど様々なサービスがあり、無条件で全ての漫画が無料というわけではありませんが、無料で読める分だけでも相当量ありますので、暇つぶしに困ることはありません。

各アプリの特徴と掲載されている主な漫画作品の情報をまとめました。

 

◆漫画を手軽に持ち運べるおすすめのガジェット ベスト3

漫画を”本”で持ち歩く場合はかさばったりカバンに入ったとしても重いですが、タブレット端末で持ち歩けば何冊でも持ち歩けます。

また、タブレット端末は電子書籍を読むという点において大変便利なガジェットで、いつでもどこでも最新の本を手に入れることが出来るという非常に高い利便性があります。

1位 Fire HD 8 タブレット

Fire HD 8タブレットは大変コストパフォーマンスの良いタブレット端末です。
電子書籍を読むといううえで必要な機能は備わっていますし、電子書籍だけではなくAmazonプライムビデオやPrime Musicを楽しむことが出来ます。

 

2位 Kindle Paperwhite マンガモデル

Kindle Paperwhite は読書のための専用端末で「E Ink(イーインク)ディスプレイ」により、まるで紙のように読みやすい特徴があります。
ディスプレイが反射せず明るい陽射しの下でもしっかり読めて、防水機能も備わってます。

 

3位 Kindle Oasis

Kindle OasisはKindleシリーズ最大のスクリーンサイズでありながら、わずか3.4mmと薄くて軽量のアルミフレームを採用された上位機種です。
フロントライト付きで周囲の明るさを感知して自動で理想的な明るさにしてくれます。

 

スポンサーリンク