漫画の感想・紹介

【女子高生がサバイバル!】異色の魔物転生漫画 「蜘蛛ですが、なにか? 」

スポンサーリンク



みなさんジャケ買いならぬ「タイトル買い」をした事はありますか?

今回ご紹介するのはタイトルが気になったので購入した漫画ですが、しばらく積んだままになってたので先日遅ればせながら一気読みしました。


タイトル:蜘蛛ですが、なにか?
作者  :原作.馬場翁 漫画:かかし朝浩
連載期間:2016年~
巻数  :既刊5巻(2018年7月現在)

「蜘蛛ですが、なにか?」という今はやりの魔界転生ものの漫画ですが、いろいろと異色の設定である意味目新しい漫画でした。

あらすじ

女子高生である主人公は教室で不思議な現象に襲われ、気が付くと暗い地下道で目が覚めます。

教室からいきなり見知らぬ暗闇に放り出されてパニックに陥りますが、さらに追い打ちをかけたのが、自分の姿が人ではなく蜘蛛の姿になっていたことでした。

これが普通の蜘蛛かと思いきや、どうやら常識の範囲を超える大きさで、少なくとも地球上に存在する蜘蛛の大きさを凌駕していました。

自分が蜘蛛のモンスターになったことにショックを受けつつも、生き延びて真相を知るために地上世界を目指します。

スポンサーリンク

見どころ

世の中の転生ものには”魔物転生”と呼ばれるジャンルがあるそうで、この漫画は女子高生が最底辺の蜘蛛モンスターに転生するというお話です。

1巻から3巻までの間、主人公は蜘蛛の姿で一度も地上に出ることなく、地下の大迷宮で底辺モンスターを狩って食して生き延びています。

昆虫を狩って食し、スキルを上げて成長し地上に出ることを目標として地下迷宮をさ迷い続けます。

この世界には人間もいて、主人公は蜘蛛モンスターであるため狩られる対象で、時折襲われたりします。

主人公が敵対する生物(食糧とする生物)は主にモンスターで、コミカルな絵でごまかしてますが、虫が苦手な人は少し抵抗のある描写があります。

女子高生が蜘蛛に転生した設定ですが、女子高生要素らしきものが全く無くてモンスターとのバトルが続く、ある意味すごく硬派な漫画です。

もう生き延びるのに必死で、

屍を超えて生き抜く姿に感動すら覚えます。

漫画はまだまだ序盤?

この漫画はWeb小説が元で小説版が2017年10月現在、7巻まで出版されています。

漫画を読んだ後にネタバレにならない程度にwikiで概要を読んだのですが、コミカライズされているのはまだまだ序盤のようで、ここから先で世界の情報が開示されておもしろくなっていくようです。

現在4巻まで出ていますが、結構読みごたえはあります。

週末の一気読みにお勧めいたします。

【まとめ買い】 蜘蛛ですが、なにか? [Kindle版]

スポンサーリンク


無料で漫画が読めるマンガアプリを紹介

iPhoneやAndroidで漫画を読むためのおすすめのマンガアプリのまとめ記事です。

漫画アプリは基本無料のアプリばかりで、全巻すべてを無料で読める漫画があったり、期間限定で無料で読めるものなど様々なサービスがあります。

無条件で全ての漫画が無料というわけではありませんが、無料で読める分だけでも相当量ありますので、暇つぶしに困ることはありません。

各アプリの特徴と掲載されている主な漫画作品の情報をまとめています。

 

スポンサーリンク

漫画を手軽に持ち運べるおすすめのガジェット

漫画を”本”で持ち歩く場合はかさばったり鞄に入ったとしても重いですが、Fireタブレットは漫画を何十冊も片手で持ち運べる安価でおすすめのガジェットです。

漫画や本を読むという点においては最高のコストパフォーマンスを誇るガジェットで、いつでもどこでも最新の本を手に入れることが出来るという非常に高い利便性があります。