情報・知識

サラリーマンの資産防衛|収入源を複数持つことの重要性

こんにちはユレオです。

私はサラリーマンとして仕事をしながら趣味でブログ運営を続けています。

ブログ運営はそろそろ4年になり、今ではサラリーマンの小遣いの足しになる程度のお金を稼げるようになりました。

4年でようやく”サラリーマンの小遣いの足し程度の稼ぎ”と聞いて「たったそれだけ?」と思う方もおられるでしょうが、サラリーマンが会社以外から1円でも稼ぐことは難しいという事実を多くの方が知らないのではないかと思います。

実体としてサラリーマンの多くが会社以外からお金を稼ぐ術を持っていないわけで、個人的な見解ですが「副収入」の手段を持つ事は人生での大きな差を生むきっかけになります。

収入は複数持っておくことが安心

私の現在の収入源は3つあり、「サラリーマンとしての給料」「趣味で始めたブログ運営」「株式投資」になります。

これは個人的な考えですが、サラリーマンとしての給料だけで生活できる余裕があったとしても、将来どんなことが起きるか分からないので、稼げる時に稼げる環境や収入源を作っておくことが重要です。

私にとっては「ブログ運営」は趣味で始めたもので副収入が得られると期待していなかったのですが、今では小遣いの足しになる程度を稼ぐ大変ありがたいものとなっています。

また、株式投資については信用取引等は行わず”今後10年間は使わない余剰資金”を基に投資をしてこれも小遣い程度のリターンを得ています。

このような感じで複数の収入源を確保しているのですが、私の同僚で競馬好きの方は毎月振れ幅あるものの3万円~20万円ほど稼いでおり、本人は趣味と言っていますが、趣味の範疇を超えるリターンを得ています。

「競馬」「競輪」「オンラインカジノ」「パチンコ」などはギャンブルと考えられており敬遠する傾向はあるかと思いますが、別の見方をすれば立派な収入源の一つと言え、パチンコやカジノゲームは遊技としても楽しめるので、趣味やレジャーとしても考えれます。

「ギャンブル」とひとくくりにせずに多様性の考えを持ち、収入を得る手段の一つとして見てはいかがでしょうか。