情報

漫画からオンラインカジノゲームへの発展

日本の街中を歩くと、数限りなくマンガが目につきます。

そもそも、マンガは日本社会の中でどのように発展してきたのでしょうか?そして、現在はマンガそもそもとして以外にも、どのように利用されているのでしょうか?

漫画の由来

漫画という言葉がcaricature(英語で戯画の意)、またはcartoon(同、時事風刺漫画の意)の訳語として日本人によって初めて使われたのは、今から約200年のことです。

漫画には戯画・風刺的な性質がありました。二度にわたる世界大戦を経ても、その性質は続きます。それに加えて、庶民の日常の姿が漫画のキャラクターに投影されたのは「サザエさん」で、終戦後間もない1946年のことでした。

その後、漫画雑誌の普及に伴って読者層が拡大し、手塚治による「鉄腕アトム」などの名作が続出しました。


写真:Unsplash

テレビアニメの普及

漫画がテレビに登場するのは、1963年の「鉄腕アトム」からです。これがいわば、テレビアニメの現祖です。

1974年には、藤子・F・不二雄による不朽の名作「ドラえもん」が登場。それまでは、漫画には現実が反映されていることが一般的な特徴であったのに、「ドラえもん」は非現実の世界の住人達に読者たちが心を開いていくきっかけになりました。

通勤電車の中で漫画本や漫画雑誌を読むサラリーマンは、一昔前に日本で典型的にみられる光景でした。

当ブログでは、最近作や往来の名作の人気ランキングを検索できます。現在、漫画の形態は紙媒体からテレビ、DVD、インターネット、ビデオゲームへと発展してきました。

漫画は’マンガ‘として国際的に普及し、世界中のあらゆる年代の人々にとって、クリック一つで見ることができる身近な存在になっています。


写真:Unsplash

マンガならではの使われ方

マンガには、見る人に一瞬で強いインパクトを与えます。長い文章を使わずに図解する必要がある時、また難しいという印象を与えたくない時にも、効果的に説明することもできます。そんな特徴をもったマンガは、こんなところで効果的に使われています。

• 地方自治体のPR
漫画化されたキャラクターはゆるキャラと呼ばれ、全国各地で地方自治体のキャラクターとして、地域復興に貢献しています。www.yurugp.jp/jp.vote/の ‘ゆるキャラリスト’では、全都道府県のゆるキャラとそのランキングをご覧になれます。

• 企業の販売促進
例えば、DM(ダイレクトメール)にマンガを掲載し、そのストーリーの結末部分だけはwebページに載せると、「マンガの続きはwebで」のような「引き」を演出することができます。

このようにして、マンガをウェブサイトへの同線として活用すると、商品やサービスをwebサイト上で販売している企業にとっては強力な武器になります。

• オンラインカジノへ進出
人気アニメは、1980年代からビデオゲームへ発展しました。今では、おんらいんかじのようなウェブサイトで、Moon Princess スロットなど、テレビアニメにもとづくゲームを楽しむことができます、Moon Princessスロットは、2017年にテレビシリーズのセイラームーンの25周年を記念して作られました。オリジナルのキャラクターとかわいさと非現実性をそのままゲームに取り入れています。

また、Shock SlotによるNote of Death は、ミステリーと心理的スリラーのアニメ、デスノートから素材をとっています。

現在、モバイル対応のオンラインカジノアプリによって、人気ゲームへのアクセスがより簡単になりました。多様なジャンルとストーリー性に富む人気アニメのゲームに、今後大きな期待が寄せられています。