Microsoft

OneDriveのファイルデータが勝手に消える!マイクロソフトが信用できないお話

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180625223249j:plain

こんにちはユレオです。

皆さんパソコンを日常的に使用されていると思いますが、オンラインストレージをご利用されていますか?

オンラインストレージは各社様々なものがあり、有名なものでいえば「box」「Dropbox」「OneDrive」「Google Drive」等があります。

最近ではAmazonプライム会員だったら使える「Amazonドライブ」というものあり、オンラインストレージはかなり一般的に普及したインフラともいえるサービスとなっています。

Amazonドライブのサービスについてはこちらで詳しく触れています。

Amazonプライムとは月々325円の神サービス|メリットしかない全17の特典をご紹介!【AmazonPrime】 こんにちはユレオです。 みなさんAmazonのサービスを利用したことがありますか? Amazonはアメリカに本拠を構...

オンラインストレージとは何ぞや?という方に向けて簡単に説明すると、ユーザーにサーバーマシンのディスク容量を貸し出して、ファイルをアップロードやダウンロードをインターネット上で自由に行えるサービスです。

ユーザーはインターネットが接続できる環境であれば、好きなファイルを様々な端末で共有する事が出来ます。

例えば、スマホで撮影した写真をパソコンで開きたい場合は、今まではマイクロSDカードに移して、パソコンのUSBドライブにマイクロSDカードを接続して写真を移動させる必要があったのが、オンラインストレージ上に一度移した後に、パソコンで同じオンラインストレージにアクセスすれば、写真をパソコン上で開くことが出来ます。

さらにパスワードを設定して複数のユーザー間でデータのやり取りを行うなどの使い方も出来ます。

このオンラインストレージサービスは無料の物から有料の物まで様々ありますが、本日はメジャーなオンラインストレージである「OneDrive」についてのお話しです。

マイクロソフトOneDrive に入れたファイルデータが勝手に消えるようになった

f:id:soul-vibration:20180625223413j:plain

私は古くからのWindowsユーザーで OneDrive の前身である SkyDrive の頃から利用していました。

OneDrive は、Microsoftが提供している無料のオンラインストレージで、Windowsのユーザーなら利用できる「インターネット上のファイル保存場所」です。

皆さま、こちらのロゴに見覚えがあるのではないでしょうか?

f:id:soul-vibration:20180625225018j:plain

OneDriveはオンラインストレージの敷居を大きく下げてくれたサービスで、パソコンのハードディスクの感覚で OneDrive にデータ保存するだけで、インターネットで接続できる環境ではいつでもデータにアクセスできます。

私はこれまでトラブルなく利用出来ていたのですが、先日謎の不可解な現象が起きるようになりました。

ある日、OneDriveに入れたPDFファイルを読み込もうと、iPadで開こうとすると、なぜか開けるファイル数が激減していました。

あれ?OneDrive に入れたファイルが消えてないか?(; ・`д・´)

最初は気のせいかと思っていたのですが、どうもそんなことは無く、調べるとPDFファイルだけでなく、OneDriveのフォルダ内の9割近いでデータファイルがなくなっていました。

ひどいものではフォルダごと無くなったりしています。

スポンサーリンク

Microsoft OneDriveでファイルデータが消える被害は私だけではなくて多くの方が被害を受けている

f:id:soul-vibration:20180625223716j:plain

最初はハッキングを受けたのかと思い、Microsoftアカウントのパスワードを変更したり、アンチウィルスソフトを入れたりとしたのですが、気が付けばOneDriveのファイルが消えているいうことが続きました。

なんでファイルデータが消えるの?一体何が起きてるんだ?(;・∀・)

今まで何年も問題なく使えたのに、突然の不調の連続に困惑したわけですが、解決方法が無いかGoogle先生に聞いてみようとネットで調べたところ、驚いたことに他の多くのユーザーがOneDriveでファイルデータが消える被害を訴えていました。

・・・もしかしてこれは私が知らなかっただけで、OneDriveのデータファイルが消えるのは有名な話なのか?(; ・`д・´)

もしかしたら「何をいまさら」と笑われるかもしれませんが、私は先日この事実を知ったわけです。

多くの方がMicrosoftに問い合わせて問題の解決の相談をしていますが、どれを読んでも「これ!」といった解決方法が明記されていません。

このOneDriveのデータが消える現象の相談に関する記事は、古くは2014年くらいのものからあります。

Microsoft OneDriveから消えたファイルは、勝手にゴミ箱に入れられていた

f:id:soul-vibration:20180625223812j:plain

散々時間をかけて解決方法を調べたのですが、具体的な解決方法は見つかりませんでした。

しかし、消えたファイルの行方は分かりました。

いろいろ調べていたところ、私と同じように OneDrive からファイルデータが消えてた方がマイクロソフトに質問をしているようで、その回答に「ごみ箱をチェックしてみてください。一部のユーザーは、OneDrive のデータが 自動的に ごみ箱に移動してしまっているようです。」と答えていました。

OneDriveのごみ箱を覗いたところ、無くなっていたファイルデータがわんさかと詰まっております。

f:id:soul-vibration:20180625214818j:plain

なんで自動的に ごみ箱にファイルが移ってしまうんだよ!ありえないだろ。これ、知らずに ごみ箱を空にしてたらどうすんだよ (; ・`д・´)

とりあえずは失われたファイルデータは見つかったので良かったのですが、果たしてこれで全てのファイルデータなのか見当がつきません。

今度またファイルデータが消えるかわからないので、一度全ての OneDrive のデータをパソコンに戻すという作業を行いました。

スポンサーリンク

OneDriveでデータが消えるようになったタイミングとiPadについて

f:id:soul-vibration:20180625223909j:plain

Google先生でいろいろと調べる限り、これといった原因が分かりませんが、Windowsアップデートのタイミングで不具合が起こったという方もおられました。 

私の場合、これまで正常に使えていて、突然不可思議な挙動を行うようになったタイミングを振り返ると、新しいiPadにOneDriveのアプリを入れてデータをアクセスするようになってからです。

はっきり言って偶然かもしれませんし、iPadは全く関係ないかもしれませんが、ちょうどタイミングが被る為、iPadに入れたOneDriveのアプリを消して一度様子を見ようと考えています。

こちらの実験は結果が出たらご報告致します。

スポンサーリンク

最後に

f:id:soul-vibration:20180625223951j:plain

ここまでOneDriveに入れたファイルデータが勝手にごみ箱に移動されるという現象についてお話ししてきました。

同様の被害は多くの方が経験しているようで、古くから起きる現象のようですが、今日までこれといった対応策が提示されているわけではなく、私自身解決には至っていません。

ただ、ごみ箱を見れば消えたファイルデータが見つかる可能性があるので、もし私と同じようにOneDriveのデータが消えたという方は、一度ごみ箱を確認されるのをおすすめいたします。

iPadのアプリを消して解決するかの実験結果の報告もありますが、この現象の具体的な解決方法が分かれば追記したいと思います。

スポンサーリンク