ブログ運営

ブログで稼ぐ方法とは?サラリーマンが副業として収益を得る近道について

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

本日の記事はサラリーマンを対象とした内容で、ブログをこれから始められようと考えている方や、とりあえずはブログ運営を始めたけど、当初考えていたようにブログ運営で収益をあげれていない方に向けた記事となっています。

私は2017年6月にブログ運営を始め、そろそろ2年を迎え、当初は はてなブログでブログ運営を行っていましたが、現在はWordPressに移行してブログ運営を継続しています。

ブログの方針は運営当初から変わらず雑記ブログとして運営を続け、当ブログはこれまで550記事ほど公開して、累計500万PVとなっており、それなりに多くの方に閲覧いただけています。

本日までブログ運営を継続して来れたのも皆様のおかげであり、あらためてこの場でお礼申し上げます。

本日はこれからブログを副業として始めてみようと考えているサラリーマンや、ブログ運営を始めたが思ったように収益をあげれていない方に向けた「ブログの収益化の近道」についてお話したいと思います。

ブログで一儲けしたいと考えている方へ

ブログを副業と捉え、お金を稼ぐためにブログ運営に手を出そうと考えられている方は大勢おられます。

サラリーマンとして仕事をしながら合間の時間を使って自由に文章を書くだけでお金が稼げるのか!ブログはなんと素晴らしいんだ!

ブログに対しての思惑はそれぞれあるかと思いますが、皆さんはどういったことを目的としてブログを始められようとしていますか?

中にはブログで一儲けしようと考えて始めたのに思ったように稼げていないことに悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。

ブログは「1日10分の作業で毎月10万くらい稼げる」と聞いたよw

確かに成功した方の中には、現在はそれほど時間を掛けずにブログ運営で収益をあげている方もおられるかと思います。

ブログ運営がうまく行けば確かに収益としてお金が得られますし、中にはブログ運営で生活できるほど稼ぐ方もおられるのは事実です。

ですが、ブログは決して楽に儲かるわけではなく、収益化するためには2,3ヶ月では難しくて、半年から1年ほど必要で、正直なところ「1日10分の作業」で済むとは思えません。

じゃあ有名なブロガーは嘘をついているということ?

うーん、嘘をついているとははっきり言えませんが四六時中「1日10分の作業」で済んでいるということはまず無いでしょう。

そういった「1日10分の作業」で利益を出すためにこれまでに数百時間費やしているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

私はこれまでブログ運営で1900時間を費やしている

さて、私は1年10ヶ月ブログ運営を続けているわけですが、これまでブログ運営に費やしてきた時間はおおよそ「1900時間」になります。

この数字は多いか少ないかで言えば一般的なブログ運営者の中では多いほうだと思います。

この計算は私が1週間にブログ運営に費やしている時間がおおよそ「20時間」となっており、これは1記事を書くのに3~4時間を必要として、週5記事を書いて、ブログ運営の保守に週2~3時間かけたという計算で算出しています。

1記事の執筆 3~4時間 × 5記事 + ブログの保守 2~3時間 ≒ 20時間

そしてこれを1年10ヶ月継続して来たわけですから、以下のような計算になります。

1年10ヶ月は96週 × 20時間 ≒ 1900時間

一般的なサラリーマンの1週間の労働時間が40時間(*)なのでそれを考える、1900時間は約1年の労働時間に匹敵します。
*法定労働時間を1日について8時間、1週間について40時間として計算。

2年弱の時間の中で1年間の労働時間に相当する時間を捻出しても、未だに「1日10分の作業で月10万円の副収入」なんてできていません。

そりゃー、単純にあんたに才能が無いからじゃないの?

まあ、確かにそう言われるとそこまでなんですが、個人的に思うのはブログ運営でお金を稼ぐというのは「不労所得」などではなくて、「労働強度が高い所得」だと感じています。

仕事と考えてブログ運営を行っても長続きはしない

サラリーマンの方はどなたでも一度や二度は「会社を辞めたい」と考えることがあるかと思います。

そういった考えになる理由は様々ですが、仕事が辛いと感じたり人間関係が辛いと感じる事によるのストレスがあるのではないでしょうか。

ブログで儲けて生活できるようになりサラリーマンを辞めたい!

このように考えている方もおられるでしょうが、もしサラリーマンをやめた場合は今まで以上に「お金を稼ぐ」ことを意識してブログを書かなくてはなりません。

ブログは記事を書いたからといって直ぐに収益に結びつくものではなく、結果が直ぐに出ない仕事をしているのと同じです。

そして評価も曖昧で「何故この記事のアクセスが少ないのか?!」という事に思い悩むことになります。

そういった状態では良い記事を書き続けるのは難しく、結果的にブログを書くことに苦しむことになり、ブログの継続が難しくなります。

スポンサーリンク

ブログで収益を出すには「継続」することが必須である

さて、ここまでかなり夢のないお話が続き、ネットでよく耳にするお話と異なることにギャップを感じているのではないでしょうか?

よくインターネット上では次のような言葉を目にするかと思いますし、様々な謳い文句でセミナーやサロン、有料のメールマガジンや有料Noteを販売しているサイトがあふれています。

  • 1日5分の作業で月10万円の副収入を得たいあなたに!
  • ブログ初心者が不労所得を得る方法!完全放置で稼ぐブログの作り方とは
  • まだ都会で消耗してるの?まだブログを始めてないの?

多くの方が「ブログ運営=お金になる副業」と考えてブログを始められますが、私はブログ運営はお金を稼ぐという点においては、効率が良くないと捉えています。

とはいえ、ブログは継続して運営出来れば収益が出るようになるのは確かです。

よほど間違いを起こさなければ次のような方法を行うことでブログ運営で収益化できるようになります。

  • 毎日2.3時間をブログに費やし1日1記事(2000文字以上~)を公開する。
  • CSSやアドセンスの仕組みなどを勉強してブログをカスタムして育てる。
  • 記事のタイトルや見出しに検索流入を意識した使われやすいキーワードを組み入れる。
  • 写真を使った記事や動画をリンクするなど、文字だけではない記事を公開する。

こうした記事を半年で200記事ほど書くことが出来れば検索流入がやがて増えてきて、うまく行けば収益でるようになります。

おお、これで俺もプロブロガーの仲間入りでサラリーマンとおさらば出来るのか!

いえいえ、残念ながら得られる収益は良くて毎月5,000円~10,000円といったところではないでしょうか。

生活するほど稼ぐには程遠いですが、サラリーマンの小遣いの足しにはなりますし、好きな本を数冊買うぐらいのお金にはなります。

冷静に考えればこれでも十分にすごい事なのですが、ブログ運営の期待値が高い場合は多くの方がサラリーマンの小遣い程度では満足せずブロク運営をやめてしまいます。

スポンサーリンク

ブログ運営の継続をやめると途端に収益が無くなる

半年ほどかけてブログを書き上げて収益が出るようになったとしても、放置していると途端にアクセス数が減っていきます。

もちろん絶対にアクセス数が減るわけではなく、唯一無二の記事で検索需要があれば検索され続けますが、そういった記事を書くというのは至難の業で余程運が良くなければ起こりません。

結局のところサラリーマンの小遣い程度の収益でも継続しないと得られないですし、継続していても増えていくという保証はありません。

しかし逆に更新をやめて放置していると高い確率でアクセス数が減っていき、収益が無くなってしまいます。

スポンサーリンク

日本のインターネットユーザー数はすでに頭打ちでユーザーの取り合いをしている

f:id:soul-vibration:20181024204238j:plain

日本のインターネット人口の総数について、総務省が2016年に発表した「インターネットの利用者数及び人口普及率の推移」というものがあります。

【インターネットの利用者数及び人口普及率の推移】

f:id:soul-vibration:20180709193717j:plain
引用元:総務省|平成29年版 情報通信白書|インターネットの普及状況

これを見るとインターネット利用者の情報を見ると約1億人となっています。

ここ数年の伸び率はそれほどありません。

こうした実態から日本人のインターネットユーザー数の増加は頭打ちとなり、すでにインターネットユーザーのパイの取り合いが起きていいます。

つまり新たにブログを立ち上げてアクセスを得た場合、誰かのブログのアクセスが減っているわけです。

ブログはストックビジネスとして成立が難しくなった

単純に日本人の人口増加が停滞してることや、日本人のインターネットに対する人口普及率が83.5%に達していることを考えると、以下のことが成立しないことが推測できます。

ブログ運営を続けていれば右肩上がりにアクセスが伸びていく。

分母がそれほど伸びないであろうに、新たなブログがどんどん生まれているわけですから、単純に考えて「パイの奪い合い」が起きており、有名なブログ運営者はブログだけではなくセミナーを開いたり、ブログ運営のノウハウを売るなどの多角経営を行っているのは「パイの取り合い」の問題を理解したうえでの行動ではないでしょうか。

「ブログ運営を継続して更新を続ければアクセス数が右肩上がりになる」という現象はブログ運営初期での出来事で、ある程度運営が続くと「如何にアクセスを減らさないか」というようなことで頭を悩ますことになります。

詳細はこちらの記事で触れています。

ブログは更新が減るとアクセス数も減るのか?更新頻度とドメインパワーについて こんにちはユレオです。 数あるブログの中、当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」を閲覧いただきありがとうございます。 本日はブ...

こうしたことは必ずしも万人に共通するものでは無いですが、ブログで収益を生み出し生活できるようになるというのは並大抵のことではありません。

スポンサーリンク

ブログで稼げたとしてもGoogleコアリズムアップデートにより叩き落とされる

ブログの才能が開花してブログ運営が起動に乗り、ブログだけで生活ができるほどのお金が稼げるようになる方も中にはおられます。

私は約2年ほどブログ運営をしてきましたが、同時期にブログ運営をはじめた方の中で、アフィリエイトブログを複数立ち上げてサラリーマンを辞めてプロブロガーとして活躍されている方を見てきました。

はっきりとした統計はありませんがブログを専業にする場合、目安は運営しているブログのアクセス数が月間30~40万PVくらいになることではと私は考えています。

ブログのアクセス数はブログ運営を続けていればどんどん増えていくものではなく、先程お話したようにすでに日本人のインターネットに対する人口普及率が83.5%に達していることを考えると、現状はパイの奪い合いです。

そしてブログやwebサイト以外の検索手段としてYouTubeの台頭により、今後ブログに対する状況はより厳しくなるでしょう。

また、Googleは年に数回のコアアルゴリズムアップデートと呼ばれる検索アルゴリズムのアップデートを行っているため、先日まで検索順位で1位に評価されている記事が、ある日突然検索順位の圏外に飛ばされ、アクセス数が激減するということも普通に起こりえます。

どれだけアクセス数があるブログを運営して収益が出ていたとしても、ある日突然アクセス数が半減するというのは珍しくは無く、場合によってはアクセス数が1/10に落ち込むこともあります。

ブログを運営するというのはこのようなGoogleの気まぐれに付き合って行くことになるため、ブログ運営による収益を生活の基盤にするというのはよほどの覚悟が必要で、そうした状況でも生き残るための努力が必要となってくるわけです。

ブログ運営で生活をするよりもサラリーマンのほうが楽である

ブログ運営を始めようと考えている方の中には「ブログの副収入を得たい」という思いで始められる方がおられるというお話をしましたが、個人的にはブログで稼ぐほうがサラリーマンで仕事をして給料を得るよりも遥かに大変だと考えています。

そのため、ブログの目的を「楽して稼ぎたい」「自由で縛られない生活を送りたい」ということを考えて始められる方にはおすすめできませんし、またこれからブログの方向性について思案している方は「お金を稼ぐ」に大きく舵取りすることはおすすめしません。

どちらかというと「役立つ情報を発信したい」とか「長く継続したい」ということを目的に運営するほうが健全ですし、精神的にストレスも感じることもありません。

そして継続していればサラリーマンの小遣い程度の収益は十分に稼ぐことができるようにはなります。

生活するほどの大金を稼ぐにはブログは向いておらず、仮にできたとしても年に数回行われるGoogleコアリズムアップデートに怯えながら生活を送ることになります。

Googleコアリズムアップデートに怯えながら生活を送るぐらいであれば、サラリーマンとしてしっかりと仕事をして安定した収入を持ちながらブログ運営を続けて小遣いを稼ぐという方が結果的に健康的で長くブログ運営を続けれるのでトータルとして多くのお金が稼げます。

私はそういった考えでブログ運営を続けており、いつの間にやら収益も増えて確定申告が出来るほどになりました。

【実録】雑記ブログで無理なく月1万円を稼ぐ具体的な方法を詳しく解説 こんにちはユレオです。 数多くのブログがある中、当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」を閲覧いただきありがとうございます。 本...

最後に

ここまで、これからブログを副業として始めてみようと考えているサラリーマンや、ブログ運営を始めたが思ったように収益をあげれていない方に向けた「ブログの収益化の近道」についてお話ししてきました。

ブログ運営の方法は本来中であり、個人がやりたいように行うのが良いわけですが、「ブログでお金を稼ぐ」という目的であれば、遠回りかもしれませんが、「役立つ情報を発信したい」とか「長く継続したい」ということを目的で運営するほうが結果的に稼げることにつながります。

結局のところ「ブログ運営を継続する」ということはブログで稼ぐうえでの大きな条件ともいえるので、「ブログの収益化の近道」というのは継続することを意識した運営なのではないでしょうか。

もちろんこれは正解というわけではなく、私の個人的な考えですが、もしこれからブログ運営を始めようと考えているサラリーマンの方やブログ運営の方針に悩んでいるという方は参考にしていただければ幸いです。

おすすめのアフィリエイトASP ベスト3

「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」とは、アフィリエイトの広告主とブログ運営者を繋ぐ仲介業者のことで、ブログ運営で広告などを掲載するにはASPに登録する必要があります。そうしたASPは数多くありますが、初心者向けのおすすめのASPをご紹介いたします。

1位 A8.net

A8.netは広告主数が豊富で、ブログを始めたばかりの方もwebサイトやブログを登録できますし、手続きも簡単でアフィリエイトを手軽に始めることができます。

また、A8.netでは「セルフバック」が充実しており、自分で商品の購入やサービスを利用できるので、レビュー記事が書きやすい特徴もあります。
総合
商品種類
初心者向け

A8.netの詳細ページはこちら

2位 もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトはブログ運営の初心者でも成果を上げられるように詳しく書かれたマニュアルがあるなど、「ブログ運営初心者に対して嬉しいサービス」が充実しています。

また、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトをまとめれるので管理がしやすく、W報酬制度やプレミアム報酬などの独自の報酬制度があります。
総合
商品種類
初心者向け

もしもアフィリエイトの詳細ページはこちら

3位 バリューコマース

バリューコマースはYahooショッピングでの報酬の取りまとめに力をいれていたり、スマートフォン向けのオーバーレイ広告が掲載できます。

また、メルカリなどのバリューコマースにしかない広告案件があり、ンのASPがすでにあったとしても広告案件の隙間を埋めたり、登録しておいて損はありません。
総合
商品種類
初心者向け

バリューコマースの詳細ページはこちら

スポンサーリンク