WordPress

はてなブロガーがWordPressに移行する点で気をつける事【ブログの引っ越し】

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

私は2017年6月にブログ運営を始め、これまでほとんど縁がなかった「文書を書いて不特定多数の方に公開する」ということを行ってきました。

ブログ運営は はてなブログで始めたのですが、ちょうどブログ運営を始めて1年が経過したあたりから はてなブログの機能性やデザイン性の自由度で不満を感じるようになり、より機能性が高くデザイン性の高いWordPressが気になるようになりました。

しかし、ブログの引っ越しというのはハードルが高く、なかなかな踏み切れずにいましたが、私がはてなブログでブログを始めたことから知っている多くの方がWordPressに移行していくのを傍で見てて「そろそろ移ろうか」と重い腰を上げることにしました。

本日は はてなブロガーがWordPressに移行することで気をつけるべきことや、知っておくと初期に苦労せずに済むというような、今後はてなブログからWordPressへ移行する方に向けてお話しになります。

はてなブログからWordPressへ移行するのは思った以上にハードルが高い

私は兼ねてから はてなブログからWordPressへ移行を検討していましたが、具体的に行動を移したのはつい1ヶ月ほど前で、2019年2月8日からWordPressへの移行するための行動を始めました。

移行を行おうとした時のはてなブログの記事数は520記事ほどあった為、ブログの引っ越しは大変になりそうな気がしたことや、一人で行うには無理があると感じ「ブログの移行代行」を利用することにしました。

ブログの移行代行を行っている業者や個人は様々おられますが、私は はてなブログを運営し始めた頃から知っている、いわゆる「ブログ同期」である ぼっち様に依頼することにしました。

ぼっち様は一足先にはてなブログからWordPressに引っ越しをされ、現在はWordPressのブログ移行代行を行われています。

移行代行にお願いしたんだから楽勝だったんではないの?

そのつもりだったんですが、よくよく考えると「移行が終わった後に右も左もわからない状態で放り出されるのもまずい」と考え、基本的に移行作業を教わりながら進める「移行サポート」をお願いすることにしました。

スポンサーリンク

ブログの移行が大体終わるのに3週間ほどかかった

はてなブログでどれくらいの記事数を引っ越しさせるかということでWordPressへの移行作業のコストは異なりますが、私の場合は約500記事でしたが大体移行するのに3週間の時間を要しました。

えっ、三週間もブログの更新をさぼったの?

うーん、さぼったかというと微妙な物言いですが、実際に記事を書く暇が無くて、昼夜を問わずブログの移行作業にかかりっきりで、記事を書く余裕などありませんでした。

ぼっち様曰く「内部リンクさえ何とかすれば、後は移行後に地道に直せばよい」ということで、一般的な「ブログの移行作業」であれば、順当にいけば1週間もかからないと思います。

ただ、私の場合ははてなブログで「日本語URL」を使用していたため、これがネックとなって相当苦労することになります。

はてなブログで日本語URLを使用している方は移行前にしっかり下調べが必要

私が はてなブログでブログ運営を行っていた時に日本語URLを使用していたため、WordPressへのブログの移行にあたってかなり問題があり、多くの作業を機械的に行えず、手作業での対応となってしまうことです。

この「日本語URL」の問題はwebサイトで調べてもほとんど情報が無く、はてなブログからWordPressに移行するにあたって「こういった設定をしているブログはWordPressへの移行に苦労する」という情報を、移行前に見つけることができませんでした。

具体的にどういったことが問題になるかというと次のような点です。

  1. はてなブログで日本語URLを利用している
  2. 日本語URLで使える文字数をギリギリまで使っている
  3. 日本語URLに全角大文字の英文字が入っている
  4. 日本語URLに「&」「【】」といった記号が使われている
  5. 日本語URLを使った記事へのリンクをブログカードを使って行っている

ちなみに日本語URLというのは以下のようなものを指します。

https://tamashii-yusaburuyo.work/幸せになる簡単な方法

私はWordPressに移行作業を進めてから日本語URLを使っているとブログの移行がスムーズに行えないことが分かり、頭を抱えました。

私の場合は、9割の記事がURLの一部に日本語が含まれ、WordPressに移行するにあたってスムーズに進めることができず、かなり苦労することになります。

日本語URLが含まれるとブログカードを手作業で張り替える必要がある

私はWordPressへのブログの移行にあたって、日本語URLが含まれることで様々な問題と直面することになりましたが、一番の時間がかかった問題は はてなブログで使われている内部リンクの為の「ブログカード」が、WordPressでの内部リンクとして使えるようにするために機械的に変換することができないことです。

機械的に変換できない場合はどのようにして対処しなければいけないかというと、地道に一記事ごと開いて、はてなのリンクカードを削除してWordPressで新たにリンクを張ったり、リンクカードを設定したりする必要があります。

私は全ての記事のリンクカードを手作業で張り替えたのですが、張り替えるリンクはおおよそ2000あり、それらを全て手作業でリンクを掲載したりブログカードを設置するということを行いました。

結果、リンクの掲載やブログカードの張替えはトータルで100時間ほどかかることになります。

しかし、リンクの掲載やブログカードの張替えは時間を掛ければ解決しますが、日本語URLを使っている場合はもっと大きな問題が起きることがあります。

WordPressに移行した際にURLが書き換わることがある

日本語がURLに含まれていると、様々なところで影響が出ますが、一番大きな問題は知らぬところで はてなブログで運営していた時のアドレスが、別のアドレスに変わることがあることです。

当ブログでいうと具体的には次にお話するようなことが起きました。

以下は元の はてなブログで運営いていた時のアドレスです。

はてなブログでの記事のURL

https://www.tamashii-yusaburuyo.work/entry/年を取ると時間が経つのが速く感じるのはなぜか?

それがWordPressでは「www.」と「entry」を取り除き、以下のようなアドレスにしました。

WordPressでの記事のURL

https://tamashii-yusaburuyo.work/年を取ると時間が経つのが速く感じるのはなぜか

あれ、「www.」と「entry」は取り除いたのはわかるけど、日本語URLの最後の「?」も取ったの?

日本語URLの最後にあった「?」は意図的に削除したつもりはないのですが、WordPressに記事を移行した際にURLから消えることになります。

これは「?」が変換時に消えたのか、文字数が多いため削られたのか定かではないですが、「?」がなくなることでURLが変わった為、新規の記事と同列になり、何も手を打たなければGoogleの検索結果からアクセスできなくなる「404エラー」となります。

このような記事が知らぬ間に数十記事発生することになります。

だけど、こうした問題を防ぐためにリダイレクトの設定を行うことで問題を回避できるんじゃないの?

確かにそうなんですが、問題は「どの記事がアドレスが変わってしまったのか」を機械的に見つけることが出来なかった為、全記事をGoogleでキーワード検索してアクセスして、アクセスできず「404エラー」になった記事を見つけてリスト化して、それを一つ一つリダイレクトするという方法で探すことになり、リダイレクト作業を行いました。

これらの問題は放置するとGoogleからもひどい仕打ちを受けることになり、場合によっては評価を大きく下げることになります。

私は半日ほどURLが知らぬところで書き換わったことに気が付かず、一時期アクセス数が5分の1まで落ちることになりました。

こういった苦労しないためにも、日本語URLを使っている方でWordPressに移行を検討している方は、下調べが重要になります。

スポンサーリンク

はてなブログを運営している方がWordPressへの移行で疑問に思うところ

私自身がはてなブログでブログ運営を行っていたので、WordPressに移行するとどんな感じなのだろうという疑問を持っていましたが、移行を終えた今であれば答えられるところがいくつかあるので、疑問に対する答えについて明記したいと思います。

質問①:はてなブログからWordPressに移行するとアクセス数は増えるのか?

はてなブログからWordPressへ移行する方はアクセス数を増やしたいと考えて移っていきますが、実際アクセス数は増えるんでしょうか?

答え

アクセス数についてはまだ移行後しばらくしかたっていないため、はっきり言えませんが、はてなブログと比べてレンタルサーバーを自由に選んだりカスタムが可能なので、よりユーザーエクスペリエンスが高いブログ運営を行えるようになります。

その為、長期的に見ればGoogle等の検索エンジンからのアクセス数の増加が見込まれます。

しかし、はてなブログのネットワークから外れることになるので、はてなユーザー同士の関りが多い方は、はてなのサービスでのアクセス数が減る為、アクセス数が減る一面もあります。

質問②:WordPressは使いやすいの?

WordPressでブログ運営を行うのは今まで使ってきているはてなブログのシステムをやめることになるわけですが、WordPressのブログのシステムは使いやすいんでしょうか?

答え

はてなブログからWordPressに移行して最初の1週間は「非常に使いづらい」と感じましたが、今ではもう慣れました。

現時点でいえば使いやすいというより「多機能」であるため、問題を解決するための手段がいくつも用意されているという感じです。

しかし「ただブログを書くだけ」という点においてはそれほど差は感じられません。

逆に多機能である為、はてなブログの時は「出来ないもの」と考えていたことが出来る為、覚えることが多くて、パソコンやプログラムに詳しくない方にとってはハードルが高く感じます。

質問③:はてなブログに無い機能って具体的に何があるの?

はてなブログに無くてWordPressにはあるという機能は具体的にどんなものがあるの?

答え

はてなブログに無くてWordPressにある機能というのはものすごく多いため、書ききれませんが、はてなブログでブログ運営をしていて「これがあると便利なのに」と感じていた機能を一部列挙します。

  • 複数の記事の一部を一度の操作で書き換えることが出来る。
  • 記事単位でnoindexの設定がボタン一つで行える。
  • アドセンスの張替えなどが1か所変更するだけですべての記事で書き換えが行える。
  • 1つの記事を複数ページに分割することが出来る。
  • 誤って低圧縮の容量が大きい画像を掲載したとしても、自動で最適な容量にしてくれる。
  • デザイン性の幅が広く、カスタム個所が豊富。

ほんの一部ですがWordPressでは はてなブログで運営していた時に感じていた不満を解消できるだけの機能性があり、非常に表現の幅が広がり、ブログの管理コストを下げることが出来ます。

質問④:WordPressで困ることは何かないの?

WordPressは良いことだらけのように思えるけど、はてなブログからWordPressに移行して何か困ったことは無いの?

答え

WordPressは多機能である為様々なことが行えるのですが、非常に複雑なこともユーザーが指定出来てしまいます。

その為、ブログをいじった結果「ブログが開かなくなる」ということも普通に起こります。

ブログが開かなくなるというのはサーバー上で何か問題を発生させてしまったようなケースで、何が起きたのか理解できなければ、素人であればブログが開けなくなり復旧も行えない状態になってしまいます。(修正しようにもブログにアクセスできないという事態に陥る)

その為サーバーのファイルを直接編集する「FTPソフト」が必要になるのですが、こうした対処のハードルが高く、WordPressが素人には向かない点でもあります。

ただ「深入りしない」のであればWordPressは快適に使用できて、大きく困ることはありません。

質問⑤:はてなブログユーザーとの関りが減るのはどんな感じ?

はてなブログからWordPressに移行することで、はてなブックマークや はてなスターがなくなるけど、その点はどうなの?やっぱり寂しく感じる?

答え

WordPressに移行したことで、はてなブックマークや はてなスターのサービスが使えなくなるわけですが、この点については結構後ろ髪をひかれる思いです。

記事を書いたとしてもリアクションがほとんどないため、はてなブログでブログ運営をしていた時に感じていた「ブログユーザー同士の繋がり」が感じられなくなります。

中にはWordPressのブログにわざわざ訪れてコメントを頂くこともありますが、今まで はてなブログでブログ運営を行っていた時に比べると圧倒的につながりがなくなり、非常に寂しく感じます。

はてなブログはユーザー同士のネットワークが充実しているので、そうしたものを大切にしてブログ運営を行っている方にはWordPressへの移行はお勧めいたしません。

スポンサーリンク

最後に

ここまで はてなブロガーがWordPressに移行することで気をつけるべきことや、知っておくと初期に苦労せずに済むというような、今後はてなブログからWordPressへ移行する方に向けてお話してきました。

私はより自由度の高い環境でブログ運営を行いたいという考えからWordPressへ移行を行いましたが、事前にどんな苦労が発生するかを知っていれば、もう少し的確な準備ができていたかと思います。

結果的に移行がほぼ終わりましたが、プラグインの運用を誤ってブログが開かなくなりFTPソフトでサーバー内データを直接書き換えるというような、素人だと匙を投げてしまいそうな作業を経験することになりました。

こうした経験をして問題解決できた今では冷静に見れますが、突然ブログが開かなくなったとしてもWordPressでは自己責任なので素人が深いところまで触るのは大変危険です。

今後はてなブログからWordPressへ移行を検討されている方にご参考になればと思います。

スポンサーリンク


おすすめのアフィリエイトASPランキング

「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」とは、アフィリエイトの広告主とトやブログ運営者を繋ぐ仲介業者のことで、ブログ運営で広告などを掲載するにはASPに登録する必要があります。

そうしたASPは数多くありますが、初心者向けのおすすめのASPをご紹介いたします。

1位 A8.net
A8.netは広告主数が豊富で、ブログ運営者の多くが利用するアフィリエイトサービスです。
ブログを始めたばかりの方もwebサイトやブログを登録できますし、手続きも簡単でアフィリエイトを手軽に始めることができます。
また、A8.netでは「セルフバック」が充実しており、自分で商品の購入やサービス申込むことでアフィリエイトの報酬が得られ、実際の商品をお得に購入できるのでレビュー記事が書きやすいというメリットもあります。
総合
商品種類
初心者向け

A8.netの詳細ページはこちら

2位 もしもアフィリエイト
もしもアフィリエイトはブログ運営の初心者でも成果を上げられるように成果を上げる為の方法について詳しく書かれたマニュアルがあるなど、「ブログ運営初心者に対して嬉しいサービス」が充実しています。
また、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトをまとめれるのは、管理がしやすい点が初心者にとってポイントが高く、W報酬制度やプレミアム報酬などの独自の報酬制度があります。
総合
商品種類
初心者向け

もしもアフィリエイトの詳細ページはこちら

3位 バリューコマース
バリューコマースはYahooショッピングでの報酬の取りまとめに力をいれていたり、スマートフォン向けのオーバーレイ広告が掲載できるなど、ポイントの高いサービスが提供されています。
また、メルカリなどのバリューコマースにしかない広告案件があり、メインのASPがすでにあったとしても広告案件の隙間を埋めたり、比較として登録しておいて損はありません。
総合
商品種類
初心者向け

バリューコマースの詳細ページはこちら