禁煙

電子タバコが原因の肺疾患|AppStoreから電子たばこ関連アプリが削除されてアメリカでは販売禁止に

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

近年は世界的な禁煙の動きが進み、煙草をやめられる方が増えていますが、皆さんは煙草を吸われていたりしますか?

私は現在禁煙をしており、なんとか煙草とは無縁の生活を送れていますが、同僚や友人は今も煙草を吸っている方が大勢おられます。

ただ、最近では煙草の「煙害」を意識してなのか、加熱式たばこや電子たばこに切り替えた方が大勢おられ、健康への関心が高まっているように思えます。

しかし、最近電子たばこ関連の全アプリケーションがApp Storeから削除されたという大変気になるニュースを目にしました。

実はいまアメリカでは、電子たばこに起因するする健康被害が社会問題となっており、電子たばこの販売が禁止されています。

本日はアメリカで起きている電子たばこの問題についてと、私が禁煙することに成功した禁煙補助薬についてお話したいと思います。

本記事の内容

  • AppStoreから電子たばこ関連のアプリが削除された。
  • 電子たばこ関連製品や関連アプリが無くなることが予想される。
  • 煙や水蒸気を肺に入れずに済む禁煙補助薬の存在について。

本記事ではApp Storeから電子たばこに関連するアプリが全削除された内容や、電子たばこの置かれている現状について解説しています。

また、アメリカでの電子たばこの動きや、私がたばこをやめるために行ったことについて記事にまとめています。

スポンサーリンク

AppStoreから電子たばこ関連のアプリが削除された

先日App Storeから電子たばこに関連するアプリが全削除されたというニュースを目にしました。

今アメリカでは電子たばことの関連が疑われる肺疾患の患者が急速に増えており、中には肺疾患が原因と思われる死者も出ています。

こうした流れからウォルマート(Walmart)などの量販店では、電子たばこの取り扱いを止めるなど、味や香り付が含まれる”リキッド”と呼ばれる液体を加熱して、水蒸気を吸う電子たばこは禁止となりました。

この動きをApple(アップル)が追従して、先日App Storeから電子たばこに関連するアプリが全削除する流れとなります。

App Storeで提供されていた電子たばこに関連するアプリは電子たばこと連携して、ベイピング(*)製品のコントローラー機能などを持ち、ベイピングをユーザーの好みに合わせてカスタムするといった管理や、ベイピング製品を年齢制限でロックをかけるというような機能を持っています。

*「Vaping(ベイピング)」とは
一般的に、電子たばこ(ベイパー製品)で発生させた蒸気を吸い込むことを言い、近年では主に「電子たばこ」と「加熱式たばこ」などのベイパー製品を使う行為を指します。

こうしたアプリが存在することで電子たばこの普及を助長したり、健康被害が広がると判断したのか、Appleは電子たばこ関連のアプリをApp Storeから廃止するという判断を下しました。

アメリカでは電子たばこの販売が禁止され、Appleや大手企業がその動きに連動するなど、電子たばこに対して厳しい対応を進めています。

この流れは世界でも広がりつつあり、多くの国がアメリカの動きを追従することが容易に想像が付き、日本でも電子たばこは禁止になる可能性があります。

今はAppleだけだがgoogleも追従することが予想される

アメリカ国内ではこの1年間に電子たばこを吸ったことによる肺疾患などの報告が相次ぎ、2019年9月にアメリカ政府がアメリカ国内での電子たばこの販売を禁止する方針を発表しました。

トランプ大統領はこの日、記者団に対し、電子たばこは、特に子供たちにとって「新たな問題」だと述べた。

同席したアレックス・アザー保健福祉長官は、米食品医薬品局(FDA)が数週間以内に、本来のたばこ以外の味や香りが付いた電子たばこを市場から取り除くための方針をとりまとめると説明した。

さらにアザー氏は、若者が電子たばこに意図的に引き込まれていると判断した場合には、強制措置を講じる可能性があると述べた。

引用元:BBCニュース

Appleは2019年6月以降は、新規のベイピング関連のアプリケーションのApp Storeで認可を認可しない方針をとっており、電子たばこに対しての対応をアメリカ政府から求められていたことが想像できます。

今後、この動きはgoogle(グーグル)が提供する、Play Storeでも同様の対応がされることが予想されており、android端末を使ったベイピング関連のアプリケーションも無くなると考えられています。

現在も電子たばこを起因とした肺疾患の患者が増えている

アメリカの疾病予防管理センター(CDC)によると、2019年11月時点で電子たばこが起因と考えられる肺疾患の死者は42名で、肺損傷(EVALI)患者は2100名以上いると発表しました。

最近、アメリカの疾病予防管理センター(CDC)を始めとするアメリカの医療機関が、様々な肺疾患や肺損傷による死亡原因は電子たばこなのでベイピング製品にあるとしており、これ以上問題が拡大しないようにするためにも、電子たばこを禁止にしたのは英断だと言えます。

日本では2019年11月の時点では電子たばこは禁止になっていませんが、今後は日本でも電子たばこの販売は禁止になる可能性があり、電子たばこ市場が今後どうなるのか非常に気になるところです。

スポンサーリンク

私が禁煙に成功した方法のご紹介

f:id:soul-vibration:20181123162746j:plain

私は現在禁煙に成功しており、代替品として加熱式たばこや電子たばこを吸っていません。

無事に禁煙に成功しているのですが、いきなりすっぱりやめられたのではなく、徐々にニコチンの摂取を減らす方法をとりました。

通常の煙草を吸う目的というのはニコチンを摂取することにあります。

このニコチンを徐々に摂取する量を減らして禁煙に成功したのですが、私は煙草をやめるために禁煙補助薬を使いました。

禁煙を無理なく成功させる「禁煙補助薬」の評判は?

f:id:soul-vibration:20181123162905j:plain

禁煙補助薬はあくまで煙草を止めることを目的とするもので、煙草の代わりにするものではありません。

私がタバコを減らすために使った禁煙補助薬は「ニコレットクイックミストデュオ」というものなのですが、こちらは小型のスプレータイプの禁煙補助薬で、一見薬のようには見えません。

この商品は1セット2本入りの8,800円で、スプレー1本で150回分となるので計300回分使用できます。

私は多いときで1日10回ほど使用したので、1ヶ月で1セット2本を消費する計算になり、一ヶ月で換算するとおおよそ9千円ということになります。

9,000円 ÷ 30日 = 300円/日

煙草代を1日300円と考えるとそこそこするね(´・ω・`)

「ニコレットクイックミストデュオ」はニコチンをミスト状にしてスプレーを使って口に噴射して喉から摂取する方法になり、煙や水蒸気を肺に入れることはありません。

「煙草を吸いたい!」と思ったときにポケットから取り出し、口に1プッシュするだけでニコチンを摂取できるので、場所を問わずニコチンの離脱症状を緩和させることが出来ます。

何より素晴らしいのは、一見禁煙補助薬に見えないという点で、仕事中パソコンに向かいながらニコチンを摂取することもできるので、わざわざ喫煙所まで移動するという必要はありません。

使い方としては1回プッシュして、喫煙衝動が収まるかしばらく様子を見て、それでも吸いたいと思うならもう2回目をプッシュするといった感じで使いました。

「ニコレットクイックミストデュオ」を使った感想は、すぐにニコチンを摂取した感覚が得られて「煙草が吸いたい」という気持ちが収まりました。

ニコレットクイックミストデュオは煙草の代替品として良い

電子たばこを吸われる方は「煙草を吸いたい」という衝動を抑える為に煙草の代替品として使っていると思いますが、「ニコレットクイックミストデュオ」は煙も水蒸気も吸わずニコチンを摂取できるので立派な代替品になります。

私は煙草の代替品として加熱式たばこや電子たばこを検討したこともありましたが、「何かを咥える」という行為もやめたいと考えて禁煙補助薬を使用するようにしました。

「ニコレットクイックミストデュオ」はスプレータイプは人目を気にせず使えることや、禁煙ガムのように口に残らないところも良く、場所を選ばすに喫煙衝動が出たときに即座に対応できるのが大変すばらしいと言えます。

私はこの「ニコレットクイックミストデュオ」を安く購入するためにまとめ買いをしたのですが、こちらの代理店ではまとめ買いすると割引が適用されます。

スポンサーリンク

最後に

ここまでアメリカで起きている電子たばこの問題についてと、私が禁煙することに成功した禁煙補助薬についてお話ししてきました。

電子たばこを禁止する流れは急速で、ベイピング関連製品だけでなく、それをコントロールするアプリケーションも提供が禁止になるなど、今の所は非常に対応が早いと言えます。

アメリカでは電子たばこ自体が販売が禁止になるなど、政府の強い対応がなされていますが、日本においては電子たばこを禁止する動きはありません。

とは言え、電子たばこは世界的に問題視され始め、近い将来日本でも何らかの形で規制が入ることが考えられます。

健康の為に煙草をやめたいと考えている方や、加熱式たばこや電子たばこもやめたいと考えている方にとって、私が使った禁煙補助薬はストレスをかけず煙草を自然に遠ざけることが出来たのでおすすめです。

禁煙でお悩みでしたら一度こうしたものを利用してみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク