Google

Googleアドセンス「カリフォルニア州消費者プライバシー法」とは何か?設定方法を解説

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

本日はブログ運営者に向けたGoogleアドセンスの設定についてのお話になります。

ブログ運営のほとんどはGoogleアドセンスを使って運営ブログに広告を掲載されているかと思います。

そのGoogleアドセンスから以下のような警告が表示されているのをご覧になられたことはありませんか?

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、2020 年 1 月 1 日に施行されます。カリフォルニア州在住のユーザーを対象とするオプションを管理する方法をご覧ください。

「対処」「表示しない」

Googleアドセンスの最上部に表示される為、非常に目立つのですが、私は放置していました。

本日の記事はGoogleアドセンスの「カリフォルニア州消費者プライバシー法」の設定についてお話したいと思います。

※これからアフィリエイト始めたい方は無料登録で報酬アップや特別報酬もある「もしもアフィリエイト」がおすすめです。

Google AdSense「カリフォルニア州消費者プライバシー法」は何を言っているのか?

そもそもこの「カリフォルニア州消費者プライバシー法」とはどういった法律なのでしょうか?

詳細を知るには「ヘルプ」をクリックすることで確認することが出来ます。

そこに書かれている内容は以下の通りです。

【カリフォルニア州消費者プライバシー法について】
カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州の住民にさまざまな権利を確立する新しいデータプライバシー法です。

この法律は、カリフォルニアでビジネスを行い、収益、データ処理、およびその他の要因に関連するいくつかの基準のいずれかを満たす企業に適用されます。CCPAでは、居住者に「個人情報」の「販売」を除外する権利を与える必要があります(法律で定義されているとおり)。

「個人情報を販売しないでください」リンクの「パーティーのホームページを販売しています。CCPAは、個人情報のすべての転送が「販売」であるとは限らないため、「販売」の定義に対する特定の例外を認めています。たとえば、法律に基づいて「サービスプロバイダー」に個人情報を転送することは販売ではありません。

うーん、なんか分かりにくいな…(; ・`д・´)

つまり、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)はデータのプライバシーに関する法律で、ブログを運営してGoogleアドセンスを利用している人は、「カリフォルニア州消費者プライバシー法」を読んで、カリフォルニア州からアクセスする人に対して個人情報の販売を無効にする選択肢の提供を求められているということになります。

もっと簡単に言えば「Googleアドセンスを利用してるのなら、カリフォルニアのユーザーに対しては個人情報の販売を無効にする選択肢が必要だよ。」と言っているわけです。

要約してもなかなか難しい…(´・ω・`)

スポンサーリンク

Google AdSense「カリフォルニア州消費者プライバシー法」は何をすればよいのか?

「カリフォルニア州消費者プライバシー法」で何を言っているのかは分かったのですが、では具体的に何をすればよいのでしょうか?

同意するために「対処」をクリックします。


*この画面は「表示しない」を選択しても、メニューの「ブロッキングコントロール」>「すべてのサイト」から開くことが出来ます。

「カリフォルニア州消費者プライバシー法によるお客様への影響」

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)はデータのプライバシーに関する法律です。お客様は、同法の規定に基づいて、個人情報の販売を無効にする選択肢をカリフォルニア州の居住者に提供するよう義務付けられる可能性があります。

カリフォルニア州消費者プライバシー法の詳細をご確認ください。

うーん、また説明が難しい(;´・ω・)

ですが、ここで設定できるのは「データ処理を制限しない」と「データ処理を制限する」のどちらかを選択するということです。

デフォルトは「データ処理を制限しない」となっており、何もしなければこちらが選ばれているようです。

今回の「カリフォルニア州消費者プライバシー法」の目的は「Googleアドセンスを利用してるのなら、カリフォルニアのユーザーに対しては個人情報の販売を無効にする選択肢が必要だよ。」と言っているわけですから、データ処理が出来るよう「データ処理を制限しない」を選択すればよいということになります。

つまりデフォルトで選択されている「データ処理を制限しない」を選択した状態で、画面右上の「表示しない」を押せばよいわけです。

そもそも当ブログは日本以外からのアクセスがほとんどないのですが、とりあえずカリフォルニア州消費者プライバシー法に対する対応は心配なさそうです。

まとめ

ここまでGoogleアドセンスの「カリフォルニア州消費者プライバシー法」の設定についてお話ししてきました。

今回やることは以下の通りです。

  1. Googleアドセンスのトップページに表示されている「カリフォルニア州消費者プライバシー法」から「対処」をクリックする。
  2. 表示された選択から「データ処理を制限しない」が選ばれている状態で保存するか「表示しない」を選択すればOK。

以上が「カリフォルニア州消費者プライバシー法」に関するユーザーの設定です。

Googleの説明文が分かりにくくてややこしいですが、Googleが設定を求めてきているので対応は必要なものなので、まだ設定されていない方がおられましたら是非ご参考にしてください。

スポンサーリンク