バイク(Vストローム250)

オージーケーカブト(OGK KABUTO) エクシードにSAJ-2 ミラーシールドを付けてみた【Vストローム250】

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

昨年私は釣りやソロキャンプなどの趣味を再開するために「荷物が運べる移動手段」としてSUZUKIVストローム250を購入しました。

Vストローム250はソロキャンプ向きの最高のバイク|レジャーにおすすめスズキの250ccアドベンチャーバイク こんにちはユレオです。 皆さんは運転免許証をお持ちでしょうか? 私が若いころは社会人になったら運転免許証を取得するの...

私はバイク購入時に「OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)」のヘルメットを購入してクリアシールドのまま使っていたのですが、この度ミラーシールドに交換することにしました。

本日は私が購入した「オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールド」をご紹介したいと思います。

●スポンサーリンク


本記事の内容

  • 私がジェットヘルメットを使っている理由。
  • ジェットヘルメットの構造的問題について。
  • SAJ-2 ミラーシールドの使用感と感想について。

本記事では「オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールド」の特徴や使用感など、メリットとデメリットも含めて感想をまとめています。

スポンサーリンク

オージーケーカブト(OGK KABUTO) エクシードを選んだ理由

バイクを公道で走るには道路交通法を守る必要があり、道路交通法では「ヘルメット」の着用が義務付けられています。

バイクのヘルメットは「バイクとセットの装備」として捉えられるため、多くのメーカーから様々なデザインやカラーリングのバイク用ヘルメットが発売されています。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
猫耳ヘルメットもあるね
ユレオ
ユレオ
(・∀・) ヘルメットは安全面はもちろんだけどファッション性が重視されているよね。

私は数あるヘルメットの中から以下の条件を基に「オージーケーカブト(OGK KABUTO) エクシード」を選びました。

  • 安全安心の日本のヘルメットメーカーの品。
  • カラーはVストローム250に合う色。
  • シールドや眼鏡が曇らず被りやすく脱ぎやすいジェットヘルメット。
  • インナーサンシェードが付いている。
  • 眼鏡が装着できる構造になっている。
     

特に決め手となったのは「眼鏡が装着できる構造」で、オージーケーカブト(OGK KABUTO) エクシードの特徴して、眼鏡対応のチークパッドにより眼鏡やサングラスがかけやすい構造になっています。

冬や春の季節はOGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)を使っていて特に問題を感じなかったのですが、夏場にかけて一つの欠点が見つかりました。

その欠点とは「ヘルメットによる日焼け跡」がくっきりと付くことです。

スポンサーリンク

ジェットヘルメットだと変な日焼け跡が顔につく

オージーケーカブト(OGK KABUTO) エクシードは種類としてはジェットヘルメットなので、視界が広くて比較的軽い特徴を持ちます。

ただ、顔が見える面積が広い分夏場だと日焼けをしやすい構造になっています。

私はこの夏ロングツーリングを何度かしたのですが、日差しがきつくて「ヘルメットによる日焼け跡」が顕著に付いてしまいました。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
へー、ヘルメット焼けなんてあるんだ。
ユレオ
ユレオ
(;´・ω・) 20代の頃はフルフェイスだったから気にならなかったけど、ジェットヘルメットは顔が日焼けしやすいわ。

ただの日焼けは問題ないのですが、チークパッドの形で日焼けすると結構変な見た目になります。

日焼け対策として日焼け止めクリームを塗るなどいろいろと考えたのですが、クリアシールドからミラーシールドに交換することにしました。

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)には「オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールド」という商品名で4色のミラーシールを販売しています。

クリアシールでは日差しをそのまま通す為、ミラーシールに交換することで日焼けが軽減できます。

スポンサーリンク

オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールドの開封の儀

Amazonで「オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールド」を購入したのですが、流石に流通が少ないのか配送には3日かかりました。

ユレオ
ユレオ
(。´・ω・) Amazonってヘルメット関連の荷物は届くの遅くない?

早速開封の儀を始めようと思いましたが、もうすでに商品がむき出しに近い状態です。

裏側を見ると型紙に注意書きなどがありますが、中央に穴が開いているのでどんな見た目具合になるかを確認することが出来ます。

私が購入したミラーシールドは「シルバーミラー」なのですが、こちら「クリアシールド」がベースとなっており、ミラーシールドの中では一番視界が良い商品と言えます。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
へー、ベースが何を使うかで見えやすさが違うんだ。
ユレオ
ユレオ
(・∀・) 視認性を重視するのであればクリアベースが一番だね。

私は基本的に夜間バイクに乗らないのですが、トンネル内など暗いところでも安全性を確保するためにクリアベースのミラーシールドにしました。

ミラーシールドにするとどれくらい見た目が変わるのか?

クリアシールドとミラーシールドを並べてみましたが、違いは明らかです。

さて、早速「オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールド」をOGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)に取り付けたいと思うのですが、元のクリアシールドとどれくらい違いがあるか比較したいと思います。

まずはクリアシールドの見た目を確認したいと思います。

【クリアシールドの外見】

ブタのフィギアを中に入れてシールドを下ろしましたが、クリアシールドではフィギアがしっかりと見えます。

【クリアシールドの内側からの視界】

クリアシールドは視界が非常にクリアで、シールド無しの状態と差はありません。

それではミラーシールドの方はどうでしょうか?

【ミラーシールドの外見】

ブタのフィギアを中に入れてシールドを下ろしましたところ、ミラーシールドの効果でブタのフィギアは殆ど見えません。

【ミラーシールドの内側からの視界】

ミラーシールドを下ろすと視界に多少暗い色が乗っている状態で見えます。ただ夜間など視界が確保できないほど暗いわけでは無く、多少見えづらいといったレベルです。

私がミラーシールドに交換する目的は日差しで日焼けしないようにしたいというものですが、見た目もカッコよくなりかなり満足が行く結果となりました。

スポンサーリンク

オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールドを使って感じたメリット・デメリット

オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールドを購入し、以後はクリアシールドからミラーシールドに切り替えて運転してきました。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールドを使って感じたメリットとデメリットについてまとめてみました。

「オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールド」のメリット

商品の特徴で良いポイントをお伝えしてきましたが、実際に使って感じたメリットを列挙してみました。

  • 外見がとにかくカッコよくなる。
  • 運転手の顔が外から見えなくなる。
  • 太陽光を反射するので日焼けが軽減できる。

「オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールド」のデメリット

使用してデメリットはほとんど感じられませんでしたが、あえて列挙すると以下のようになります。

  • 夜間やトンネル内ではクリアシールドに比べて視認性が落ちる。
  • 色が多少暗く乗るので風景を楽しむ方にとってはマイナス要因になる。
  • クリアシールドに比べて指紋が目立ちやすい。

スポンサーリンク

最後に

ここまで私が購入した「オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-2 ミラーシールド」をご紹介しました。

バイクのヘルメットはファッション性の高いものではありますが、同時に安全性を確保する為の物なので、しっかりとしたものを選ぶ必要があります。

視認性についても本来であればクリアシールドが一番良いのですが、夏場など日差しがきつい時期のジェットヘルメットは日焼けしやすいため、何らかの工夫が必要です。

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)のシールドは交換しやすい構造になっているので、状況や目的に合わせてクリアシールドに取り換えたりしたい考えています。

もしOGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)のシールドをミラーシールドに交換することを検討されている方がおられましたら、ぜひご参照ください。

スポンサーリンク

●スポンサーリンク


バイクの納車と同時に盗難保険には入っておこう

バイクは自動車と違い小型で重要なパーツがむき出しになっていることから、車両やパーツの窃盗被害にあいやすい乗り物です。

またバイクは盗難されると見つかることは無く、仮に見つかったとしても破損が酷いという事がほとんどです。

特に買ったばかりの新車は窃盗犯に狙われやすいことから、新車でバイクを購入の場合は「盗難保険」は必須と言えます。

バイクの盗難保険は扱っている保険会社は少ない中、しっかりとサポートしてくれるとバイク盗難保険「ずっとライド」は新車ユーザーには必須のサービスと言えます。

「ずっとライド」は、ネットで所有のバイク情報を入力するだけでおすすめの保険プランを紹介してくれることや、バイク盗難保険としては非常にお手頃価格で、バイク本体だけでなくパーツも保証してくれるなど、行き届いた保証が安心感を与えてくれます。

\入って安心のバイク盗難保険/

バイク盗難保険の「ずっとライド」公式サイトへ

スポンサーリンク