情報・知識

イオンモバイルを解約したが口座から引き落とされ続ていた【携帯電話料金の料金トラブルの解決】

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

みなさんはスマートフォンや携帯電話、タブレット端末などをお使いになられているかと思いますが、どういったキャリアを利用されていますか?

以前はドコモ・au・ソフトバンクなどの「3大キャリア」から選ぶしか選択肢がなかったかと思いますが、今は”MVNO”で格安simを利用している方も大勢おられるかと思います。

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略名で、日本語で書くと「仮想移動体通信事業者」となるのですが、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことを指します。

私はそうしたMVNOの格安simであるイオンモバイルを利用していました。

そのイオンモバイルですが、契約を解約したにも関わらず携帯電話料金が引き落とされ続けていた問題が起きて、なぜ引き落としがされているのか、解約手続きはどうなったのかということを電話で問い合わせてトラブルの解決しました。

本日は私がイオンモバイルとの契約の解除を行ったにもかかわらず、携帯電話料金が引き落としされ続けていたトラブルの内容と、解決するまでの流れをご紹介したいと思います。

イオンモバイルの「シェア音声プラン」について

f:id:soul-vibration:20180204072923j:plain

私はイオンモバイルを利用して携帯電話を利用していましたが、イオンモバイルには「シェア音声プラン」というサービスがあり、通話用のsimと通信専用のsimなど、複数のsimを同時に契約することでお得になるプランがあります。

このシェア音声プランというのは、デバイスを複数持っている方や家族での契約をターゲットとしたプランで、simカードを最大5枚の通信料をシェア出来るサービスとなっています。

具体的にどういった運用が出来るかというと、例えば「シェア音声8GBプラン」契約を2枚のsimで契約した場合、8GBの容量を2枚のsimでシェアして、2枚のsimの通信容量合計が8GBまで使えるという運用が行えます。

例えば「A」と「B」の2つのsimで「シェア音声8GBプラン」を使った場合、以下のようなケースで運用できます。

  • 「A」simが1GBを使って、「B」simが7GBを使った。
  • 「A」simが3GBを使って、「B」simが5GBを使った。
  • 「A」simが0GBを使って、「B」simが8GBを使った。

私はこの「シェア音声プラン8GB」を契約して、携帯電話端末として利用するスマートフォンに音声通話simを使い、タブレット端末にデータsimを使う形で計2枚のsimで契約しました。

スポンサーリンク

イオンモバイルで契約をしていたが解約することにした

「シェア音声8GBプラン」でしばらく運用をしていたのですが、とある事情で音声通話しているスマートフォンを電話番号ごと、別のキャリアに移すことにしました。

タブレット端末は使ったり使わなかったりといった運用状況であったので、こちらも解約しても良いと考えて、「シェア音声8GBプラン」の音声通話で使っていたsimをMNP(*)の予約番号を発行してもらい、もう1つのデータsimの回線は解約してもらうようお願いしました。

【MNPとは】
事業者間ポータビリティは、契約している電気通信事業者を変更しても同じ電話番号を利用できるものである。固定電話については、LNP(Local Number Portability)、携帯電話については、MNP(Mobile Number Portability)と呼ばれる。

利用者の電話番号による囲い込みの防止により、サービスの向上・料金の低減を目指すために行われる。

基本的にはこの解約作業はネットの操作だけでも出来るのですが、私はサポートセンターに電話をかけてMNPの予約番号を取得しました。

この時データsimの方も解約も音声通話simが解約されたタイミングで解約されるというお話しでした。

イオンモバイルとの手続きは問題なしと思いきや・・・

それから2ヶ月ほど過ぎて、カードの引き落とし明細書を確認したところ、イオンモバイルから解約したはずの携帯なのに「シェア音声8GBプラン」の料金が引かれていました。

これって解約したイオンモバイルのやつだよな・・・?(; ・`д・´)

私は以前auでも解約手続きを行ったのに料金が引き落とされ続けるという事がありました。

【auとのトラブル】解約したauの携帯電話の料金が口座から引き落とされ続ていた【解約の苦労】 こんにちはユレオです。 みなさん携帯電話はどちらのキャリアを利用されていますか? 3大キャリアであるドコモ・au・ソ...

解約後も引き落としが続いているようで、イオンモバイルのWebサイトに行って解約したはずのIDでログインをしたところ、問題なくログインできてしまい、使用状況として1パケットも使っていなかったので状態の情報が表示されました。

うーん、なんでアクセスできるんだろ?MNPで別キャリアに移ったのに(/・ω・)/

この時電話番号を見たところ、データsimとして契約した際の電話番号が表示されていた為、何となく予想が付きました。

ああ、これは音声simはMNPで他社のキャリアに行ったときに解約したが、データsimは解約されずに残ってるやつだ(; ・`д・´)

何となく事の顛末が見えてきたのですが、このまま放っておくと使ってもいない通信料金が引かれ続けるので、サポートセンターに電話をして解約手続きを行うことにしました。

スポンサーリンク

シェアプランのデータsimが解約されていなかった

何となく原因が分かりつつも、電話しなければ問題が解決しそうになかったのです、早速イオンモバイルのサポートセンターに電話をすることにしました。

イオンモバイルは各イオンの店舗でもサポート窓口がありますが、通話料無料で音声でのサポートをしてくれていることや、webでのオンラインフォームでの問い合わせに対応しています。

昼頃にかけたため、電話は込み合っていましたがしばらく待つとすぐにつながり、以下の内容をオペレータに伝えました。

  • 解約したはずの電話回線の料金が引かれて続けている。
  • 料金が引かれているのはカード会社の利用明細書で確認している。
  • 解約したはずのIDでログインが出来て、内容を見るとデータsimだけ契約が残っているように見受けられる。
  • 「シェア音声8GBプラン」の音声プランは解約できたが、データプランの契約が残っているのではないか?

Webサイトには解約していたはずのIDでログインができて、さらに音声プランは解約されていたが、データプランが残ったままになっていたので、何となく問題は想像がついていました。

サポートセンターのオペレータからは以下のような返答がありました。

  • MNPの予約番号を発行した音声プランは解約できているが、データプランの契約は現在も有効になっている。
  • 本日解約手続きを取ることは出来る。

うーん、なんというか予想通りの回答です。

だた、この場合は使ってもいないデータプランの通信料が引き落とされていたので再度以下の内容をお伝えしました。

  • 「シェア音声8GBプラン」の音声プランは解約した日にさかのぼって、データプランの契約を解除したことにして、返金してもらえないだろうか?

手続きがされていなかったことによる問題なので、さかのぼって解約手続きをしてもらわないと払い損なので、こちらの希望を伝えたところ、「しばらくお待ちください」と責任者と掛け合ってくれたようで、無事に音声プランの解約日にさかのぼって解約手続きを行っていただき、料金も戻ってくることが分かりました。

このような形で、もめることもなくすんなりと解決することが出来ました。

スポンサーリンク

私が長く利用しているMVNOのサービス

私はこれまで何度もお得そうな通信キャリアを利用してはMNPで移動をするというような使い方をしています。

こうしたMNPを使った通信キャリアの移行を行う理由は、それぞれのキャリアが季節ごとに行っているキャンペーンを利用して最新機種のスマートフォンへの乗り換えをする為です。

ですが、私はUQモバイルについては長期で利用しています。

UQモバイルは初期費用は0円で月額980円から選択できるプランがあるし、格安なのに回線もしっかりしているので、正直に言って全く不満はありません。

あとポイントが高い点としては格安simなのに店舗での販売を行っているので、いざというときは店舗に相談しに行ける点が安心できます。

はっきり言って今では「docomo」「au」「SoftBank」といった3大キャリアにするメリットがほとんど感じられないので、現在3大キャリアを使われている方には格安simをお勧めしますし、UQモバイルははっきり言って安いし回線も速いのすごく良いです。

スポンサーリンク

最後に

f:id:soul-vibration:20180204074039j:plain

ここまで私がイオンモバイルとの契約の解除を行ったにもかかわらず、携帯電話料金が引き落としされ続けていたトラブルの内容と、解決するまでの流れをご紹介してきました。

今回のトラブルは何となく問題が分かっていたため、サポートセンターに電話をかけて内容を伝えることでスムーズに解決することが出来ました。

ただ、こうしたトラブルは気が付かなければ、ずっと引き落とし続けられることになり、クレジットカードの明細などを見なければ、気が付かないままになる可能性があります。

今回私が経験したイオンモバイルとのやり取りを記事にしたことで、同様にお困りの方がおられましたらご参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク