禁煙

電子タバコは禁止になる?アメリカの通販サイトでは電子たばこが販売が中止に!日本では?

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

最近は煙草を吸われる方が減っていますが、皆さんの周りではどうですか?

私の周囲でも煙草を吸われる方が減っていますが、代わりに「加熱式たばこ」や「電子たばこ」を吸われる方が増えました。

私は現在禁煙をしており、煙草とは無縁の生活を送っており、加熱式たばこも電子たばこも吸っていません。

煙草をやめた代わりに加熱式たばこや電子たばこを吸う方は、煙草の煙である「煙害」を軽減することを目的とされて切り替えたのではないかと思います。

しかし、ここ最近は加熱式たばこや電子たばこについてアメリカで大きな動きがあり、サンフランシスコでは電子たばこの流通が禁止され、中国の通販サイトでもアメリカ向けには電子たばこの販売を中止する動きがあります。

本日は加熱式たばこや電子たばこについて、アメリカで何が起きているのかというお話しと、私がたばこを辞めるために行ったことについてお話ししたいと思います。

「加熱式たばこ」や「電子たばこ」はどういったもの?

「加熱式たばこ」や「電子たばこ」は”次世代たばこ”と呼ばれて日本でもブームになり、短期間で若者を中心に広まりました。

従来の煙草に対して加熱式たばこや電子たばこの違いで明確なのが、従来の煙草が”煙”を吸うのに対して、加熱式たばこや電子たばこは”水蒸気”を吸うという点です。

  • 従来の煙草 ➡ 煙を吸う
  • 電子たばこ・加熱式たばこ ➡ 水蒸気を吸う

そして、加熱式たばこと電子たばこの違いは、加熱式たばこはタバコの葉を使用しており、加熱してからニコチンを含む水蒸気を吸う仕組みなのに対して、電子たばこはタバコの葉を使用しておらず、味や香り付が含まれる”リキッド”と呼ばれる液体を加熱して、水蒸気を吸う仕組みです。

  • 加熱式たばこ ➡ 煙草の葉が含まれニコチンを含む水蒸気を吸う
  • 電子たばこ ➡ 煙草の葉が含まれず味や香りを水蒸気で吸う

次世代たばこは煙を吸わず煙害が少ないことから、若年を中心にユーザーが増加しています。

スポンサーリンク

加熱式たばこや電子たばこは有害性が低いとされていた

加熱式たばこや電子たばこは煙の代わりに水蒸気を吸うため、通常の煙草よりも有害性が低いとされ、禁煙を行う方の支援ツールとしての使われる事が多く、また、健康を意識した人が煙草の代替品として使用されることで普及しました。

私の周りでも多くの方が普通の煙草から加熱式たばこや電子たばこに切り替えていました。

イギリスのPHE(Public Health England)が2014年にまとめたレポートによると、加熱式たばこや電子たばこで吸う水蒸気には有害物質が含まれることもあるが、普通の煙草に比べると少なく、健康被害が少ないとされていました。

世界的な嫌煙運動が盛り上がる中、煙害が少ない”次世代たばこ”はまさに喫煙ユーザーが求めていたものであり、短期間に世界中で広まることになります。

アメリカでは電子たばこに関連するとみられる肺疾患の事例が多発することに

電子たばこは味や香り付が含まれる”リキッド”と呼ばれる液体を加熱して、水蒸気を吸う仕組みで、多くの若者が嗜好品として使用しています。

しかし、近年アメリカでは電子たばことの関連が疑われる肺疾患の患者が増えており、中には肺疾患が原因と思われる死者も出ています。

電子たばこが関連すると思われる肺疾患に関して、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が行った調査では呼吸困難や息切れ、胸の痛みといった症状が確認され、電子たばこの使用が原因と疑われています。

ただ、こうした症状を訴えた患者の多くが有効成分テトラヒドロカンナビノール(THC)と呼ばれるマリファナを含むリキッドを使用しており、アメリカ特有の特殊な使用環境であるため一概に電子たばこが危険とは言えません。

しかし、アメリカではこのような問題を解決するために電子たばこの禁止の処置が進められており、味や香り付が含まれる”リキッド”と呼ばれる液体を加熱して、水蒸気を吸う電子たばこは禁止となりました。

日本では2019年10月の時点では電子たばこは禁止になっていませんが、アメリカの動きを追従することが容易に想像が付き、日本でも電子たばこは禁止になる可能性があります。

また、電子たばこ世界的な禁止の流れに発展すると、今度は同様の加熱式たばこも制限を受ける可能性があります。

加熱式たばこは仕組みとしては水蒸気を発生させて煙草の葉を加熱してニコチンを摂取するわけですが、多くの製品でメンソールやフルーツなどの味や香り付が含まれる製品だからです。

アメリカの動きを受けて加熱式たばこや電子たばこの市場が今後どうなるのか非常に気になるところです。

スポンサーリンク

私が禁煙に成功した方法のご紹介

f:id:soul-vibration:20181123162746j:plain

私は現在禁煙に成功しており、代替品として加熱式たばこや電子たばこも吸っていません。

無事に禁煙に成功しているのですが、いきなりすっぱりやめられたのではなく、徐々にニコチンの摂取を減らす方法をとりました。

通常の煙草や加熱式たばこを吸う目的というのはニコチンを摂取することにあります。

このニコチンを徐々に摂取する量を減らして禁煙に成功したのですが、私は煙草をやめるために禁煙補助薬を使いました。

禁煙を無理なく成功させる「禁煙補助薬」の評判は?

f:id:soul-vibration:20181123162905j:plain

禁煙補助薬はあくまで煙草を止めることを目的とするもので、煙草の代わりにするものではありません。

私がタバコを減らすために使った禁煙補助薬は「ニコレットクイックミストデュオ」というものなのですが、こちらは小型のスプレータイプの禁煙補助薬で、一見薬のようには見えません。

この商品は1セット2本入りの8,800円で、スプレー1本で150回分となるので計300回分使用できます。

私は多いときで1日10回ほど使用したので、1ヶ月で1セット2本を消費する計算になり、一ヶ月で換算するとおおよそ9千円ということになります。

9,000円 ÷ 30日 = 300円/日

煙草代を1日300円と考えるとそこそこするね(´・ω・`)

「ニコレットクイックミストデュオ」はニコチンをミスト状にしてスプレーを使って口に噴射して喉から摂取する方法になり、煙や水蒸気を肺に入れることはありません。

「煙草を吸いたい!」と思ったときにポケットから取り出し、口に1プッシュするだけでニコチンを摂取できるので、場所を問わずニコチンの離脱症状を緩和させることが出来ます。

何より素晴らしいのは、一見禁煙補助薬に見えないという点で、仕事中パソコンに向かいながらニコチンを摂取することもできるので、わざわざ喫煙所まで移動するという必要はありません。

使い方としては1回プッシュして、喫煙衝動が収まるかしばらく様子を見て、それでも吸いたいと思うならもう2回目をプッシュするといった感じで使いました。

「ニコレットクイックミストデュオ」を使った感想は、すぐにニコチンを摂取した感覚が得られて「煙草が吸いたい」という気持ちが収まりました。

ニコレットクイックミストデュオは煙草の代替品として良い

加熱式たばこや電子たばこを吸われる方は「煙草を吸いたい」という衝動を抑える為に煙草の代替品として使っていると思いますが、「ニコレットクイックミストデュオ」は煙も水蒸気も吸わずニコチンを摂取できるので立派な代替品になります。

私は加熱式たばこや電子たばこを検討したこともありましたが、「何かを咥える」という行為もやめたいと考えて禁煙補助薬を使用するようにしました。

「ニコレットクイックミストデュオ」はスプレータイプは人目を気にせず使えることや、禁煙ガムのように口に残らないところも良く、場所を選ばすに喫煙衝動が出たときに即座に対応できるのが大変すばらしいと言えます。

私はこの「ニコレットクイックミストデュオ」を安く購入するためにまとめ買いをしたのですが、こちらの代理店ではまとめ買いすると割引が適用されます。

スポンサーリンク

最後に

ここまで加熱式たばこや電子たばこについて、アメリカで何が起きているのかというお話しと、私がたばこを辞めるために行ったことについてお話ししてきました。

アメリカで販売禁止になった電子たばこの流れが今後世界にどのような影響が出るかはわかりませんが、多くの国がアメリカの方針に追従するのではないかと考えています。

そして電子たばこと同じように水蒸気でニコチンを摂取する加熱式たばこも味や香り付が含まれる製品ということで制限を受ける可能性があります。

煙草は依存性が高いため吸わないことが一番ですが、一度喫煙を習慣にした方が煙草をやめるのは難しく、代替品に頼るのも仕方がないと思います。

健康の為にタバコを減らしたいと考えている方や、加熱式たばこや電子たばこもやめたいと考えている方にとって、禁煙補助薬はストレスをかけずにタバコを減らすことができるので、お悩みの場合は一度こうしたものを利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク