道具・ガジェットの紹介

【PSVRで映画鑑賞】PlayStationVRで映画鑑賞!映画館が自宅にあるようだ!【シネマティックモード】

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180329224947j:plain

こんにちはユレオです。

みなさんは普段の生活の中で新しいガジェット(*)に触れていますか?
*ガジェット(gadget)とは道具を差す意味ですが、一般的に目新しい小型の電子機器を指す用語。

私はガジェット好きなので、新しいカメラやスマートフォンには興味がありますし、昔から革新的なガジェットが発売されると好んで購入してきました。

近年登場したVR機器も目新しく非常に面白いもので、VR機器を装着することでその場に空間(VR空間)が映像として表示されて疑似的な体験ができる非常に面白いガジェットとなっており、様々なメーカーから発売されています。

このVR機器の一つでSonyが発売しているPlayStation VR(以後PSVR)というのがあります。

引用元:PS VR | 特長 | プレイステーション

このPSVRは2016年発売に発売され、playStation4と接続して使用するガジェットなのですが、新しい体験型のゲームが話題になり、世界中で大ヒットしている人気商品です。

未来を先取りしたゲーム機器!夢のVR体験が家庭で楽しめる「ソニー PlayStation VR」

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

発売当初は44,980円と高価な品でしたが、次第に値下げがされるようになり、日本での改定後の価格は34,980円(税抜)になりました。

さらに2018年10月12日より「PS VR “PlayStation VR WORLDS” 同梱版」が国内向けに発売することになりました。

この商品はPSVR本体とPS Cameraに加えて値段はそのままでVRソフトである「PlayStation VR WORLDS」がセットになったバンドルパックです。

現在発売中の「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」と同じ値段でソフトが1本丸ごとついてくるというかなりお得なセットになっています。

私が購入したのは2016年では44,980円(税抜)でしたから10,000円の値下げした上にソフトが付いてくると思うとかなりお求めやすくなったと思います。

今回はこのPSVRのゲーム機としてのご紹介というより、PSVRのおまけとして存在する機能である”シネマティックモード”がとても素晴らしく、目新しい体験ができたので、「PSVRで映画を見る」という内容のご紹介をいたします。

スポンサーリンク

PlayStationVRで映画鑑賞!PSVRを使って映画を見るメリット

ご家庭で映画を見るときに「大画面で観たい」という願望をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

家庭で映画を大画面で鑑賞するには「映像出力」だけに絞っても下記のような条件が必要です。

  1. 大画面で鑑賞できる映像出力機能が必要。
  2. 「①」の機器を設置する空間(部屋の広さ)が必要。

PSVRは①と②を同時に満たす機器でさらに「安い」というメリットがあります。

PSVRは他の方法に比べて圧倒的に安く済む

大型のテレビを購入したり、プロジェクターを購入する方法もありますが、PSVRはそれらに比べて断然安上がりです。

非常に単純ではありますが金額の比較をすると以下の通りです。
*比較しやすく再生機器はPlayStation4(以後PS4)として音響機器については割愛いたします。

大型テレビの場合

映像再生機器:PS4(35,000円)
映像出力機器:65インチ大型テレビ(250.000円~700.000円)
合計:285.000円~735.000円

「特記事項」
・映像が他の機器に比べて鮮明である。
・映像を見るための機材の準備などの煩わしいさがない。
・100インチを超すようなテレビは家庭用としては一般的ではない。

プロジェクターの場合

映像再生機器:PS4(35,000円)
映像出力機器:100インチ出力できるプロジェクター (60.000円~350.000円)
合計:95.000円~385.000円

「特記事項」
・別途映像を映し出すスクリーンが必要になる。(25.000円~80.000円)
・スクリーンの配置が必要なため、部屋に広い空間が必要になる。
・部屋を暗くする必要があり、暗幕などの準備が必要になる。

PSVRの場合

映像再生機器:PS4(35,000円)
映像出力機器:PSVR Camera同梱版(*)?(34,980円)
合計:69.980円

「特記事項」
・部屋の空間の広さを気にする必要がない。
・機器を装着する必要があるため、煩わしさがある。
・他の機器よりも大きい117インチ~226インチ相当の大画面で映像を楽しめる。
・視覚、聴覚が機器と連動するので没入感が圧倒的に高い。

これらを見るとお分かりだと思いますが、PSVRと同等の画面サイズをテレビやプロジェクターで観るというのは、一般家庭ではハードルが高くて難しいことが分かります。

PSVRは日常的に使用するテレビの感覚では使えませんが、「週末に映画をゆっくりと楽しみたい」「一人で集中して映画を観たい」という使い方には非常に相性のよい機器です。

PSVRのシネマティックモードは映画館を購入した気分

PSVRのシネマティックモードを一言で例えるなら、「映画館を自宅に購入した」という感じです。

これは文書で説明しづらいのでどんなふうに見えるかというと、イメージで説明いたしましょう!まさにこんな感じです!!

f:id:soul-vibration:20180329225106j:plain
*あくまで個人的イメージです

自宅でこれと同じ環境を整えようとしても34,980円ではどうあがいても不可能ですが、PSVRは映画館を購入したような気分にしてくれハードルがる素晴らしいガジェットです。

映画鑑賞を楽しむのはPSVRの”シネマティックモード”という機能なのですが、シネマティックモードには複数のスクリーンサイズがあります。

スポンサーリンク

PlayStationVRのシネマティックモードの詳細について

シネマティックモードはモニター出力をPSVR内にあるVR空間に表示するといったものです。

「VR空間」って何?どんな感じなのか想像ができない。

確かにいきなり「VR空間」と言われてもわかりにくいと思いますので、VR空間の中に巨大なスクリーンが現れるイメージを用意してみました。

f:id:soul-vibration:20180329225115j:plain
引用元: Social VR Info VR総合情報サイト 

シネマティックモードを使用することで、仮想空間内にPS4で映し出されるスクリーンが表示されます。

その為、PS4のゲームをVR空間上の大画面でプレイすることも出来るのですが、情報量と細部を見る必要のあるゲームにはシネマティックモードは適しておらず、目や頭が疲れる結果になりました。

ただ映画の鑑賞については、不思議と画面の細部がにじむことについてまったく気にならず、映画の場合は画面全体を見て楽しむ為、細部が若干にじんだところで問題を感じません。

また映画館で上映するように作られているコンテンツの為、詳細を見落とすと楽しめないような作りになっていないことも大きいです。

PSVRのシネマティックモードはまさに文字通りPSVRで映画を見る為の機能であり、PSVRの技術的弱点と映画というコンテンツの相性が抜群に良いわけです。

スポンサーリンク

PlayStationVRのスクリーンサイズは3種類

シネマティックモードはとくに難しい設定もいらず、PS4で映像を普段通り再生する感覚で設定できます。

PSVRで行うのは画面サイズの調整だけで、画面サイズは「小.中.大」の3種類あります。

PSVRシネマティックモード「画面サイズ 小」の見え方

映画館で言うと、後ろの方の席(上空3m)での見え方距離感です。

f:id:soul-vibration:20170805205220j:plain

このサイズは首を動かすと画面が必ず正面についてくるため、VRならでは没入感が損なわれます。

この画面サイズでは横になりながら見るということが出来ますが、正直この設定はおすすめしません。

PSVRシネマティックモード「画面サイズ 中」の見え方

映画館で言うと、前の方から3.4列目の中央(上空4m)といった場所です。

f:id:soul-vibration:20170805205326j:plain

画面サイズ「中」はPSVRかぶって首を動かしても画面が正面についてきません。

右を向けば右側のスクリーンではない空間が表示され、本当に映画館のスクリーン前にいるように見えます。

視野角もちょうどよく、首を動かさなくても画面が全体がぎりぎり見渡せる設定なので、個人的には一番お勧めです。

PSVRシネマティックモード「画面サイズ 大」の見え方

映画館で言うと、最前列の中央(上空4m)といった場所です。

f:id:soul-vibration:20170805205412j:plain

画面サイズ「中」と同様にはPSVRかぶって首を動かしても画面が正面についてこなくて、右を向けば右側の空間が表示され、本当に映画館のスクリーンの前にいるように見えます。

視野角が広くスクリーン全体がやや収まっていないため、画面全体見渡せない為、画面右側を見れば左が見切れる感じです。

映画のジャンルによりますが、アクション映画等の画面中央に情報を集めがちで迫力重視の映画作品であればこの設定はお勧めです。

補足:スクリーンサイズの説明が図だけになった理由

かなり頑張って映画館で観ているような臨場感を感じられる写真を撮ろうとしたのですが、PSVRの構造上写真をうまく撮ることが出来なかったので、図解による説明になってしまいました。

なんか良い撮影方法はないものでしょうか・・・(´ ゚ω゚`)

「画像1:PSVRを装着したときの外観」

「画像2:PSVRの画面サイズ中で映画を見た時のスクリーンイメージ」

スポンサーリンク

PlayStation4のおかげで映画や動画コンテンツが豊富で困ることがない

PS4はゲームだけではなく総合エンターテインメントゲーム機といえる様々なコンテンツが楽しめるようになっており、以下のような様々な動画配信サービスをサポートしています。

  • PlayStation™Music
  • PlayStation™Video
  • Netflix
  • Hulu
  • Amazonビデオ
  • アニマックス PLUS
  • Youtube
  • NBA
  • MLB.TV
  • DMM.com
  • WWE Network
  • Twitch

これ以外に、ブルーレイディスクを再生できるので映画を見るには最適です。

どの動画サービスもPSVRのシネマティックモードに対応しているのでコンテンツに不足を感じることはなく、Amazonプライム・ビデオやHuluはアメリカンドラマも豊富なので、どれを見るか迷うくらいです。

このPSVRで映画を見るというのを知ってからは時間があれば自宅での映画鑑賞はPSVRを使って楽しむようになりました。

ホームシアターを家に構築したいが部屋の広さが足りないとか、プロジェクターを買うのはちょっと・・・ という方にはPS4とPSVRで映画鑑賞環境を作るのをお勧めします。

個人的には「映画館を自宅で楽しめる」と言って問題の無い最高のガジェットで、映画好きの方にはおすすめできる映像機器と言えます。

自宅で映画を今よりも楽しみたいと考えている方はぜひご参考いただければと思います。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

【周辺機器】 PlayStation VR PlayStation関連商品はこちら

 

【必見】Amazonで最大2.5%還元されるお得に買い物をする方法

ネット通販最大手のアマゾンで買い物をする際にお得に買い物をする方法をご存知でしょうか?アマゾンで買い物をする際にアマゾンギフトカードにチャージしてから購入すると、最大チャージ金額に対して2.5%分のポイントがたまります。

買い物をされる際に、先にアマゾンギフト券にチャージしてから買い物をした方が、ポイントがたまってお得ですし、アマゾンを利用する方は多くの方がこのお得なシステムを利用しています。

また、好きな写真を入れたギフト券を発行できるなどプレゼントや贈り物としても喜ばれます。

\喜ばれる贈り物・お得な買い物におすすめ/

お得に買い物できるAmazonギフト券公式サイトへ

スポンサーリンク