ブログ運営

ブログのアクセス数が減少した原因の調べ方と対策について|Googleアナリティクスで原因を調べる方法

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20181026202440j:plain

こんにちはユレオです。

数あるブログがある中、当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」を閲覧いただきありがとうございます。

本日の記事はブログ運営を行っている方に向けたお話しで、ブログ初級者から中級者に向けた内容となっております。

ブログ運営をそれなりに続けているとGoogleやYahooからの検索流入によりアクセス数が次第に安定してくるかと思います。

私は はてなブログでブログ運営を行っていますが、ブログを始めた当初は はてなブックマークからのアクセスがほとんどだったのですが、ブログ運営を半年ほど続けたところ、次第にGoogleやYahooからの検索流入の割合が増え、いつしかアクセス数の9割をも占めるようになりました。

こうした検索流入が増えてくるとブログ運営も安定してくるのですが、稀にアクセス数が大きく変動して不安定になることがあります。

アクセス数の変動は増えるときもあれば減ることもあり、それが長期に影響するのか短期の影響なのかはまちまちです。

こうしたアクセスの変動があった際に、「何故アクセスが増えたのか」「どういった理由でアクセスが減ったのか」ということを知っておくことは、今後のブログ運営で、不測の事態が起きたとしても冷静に対応出来るようになります。

本日は当ブログで起きたアクセス数の減少について、何が起きてアクセス数が減ったかの分析の過程をお話ししたいと思います。

ブログ全体のアクセス数が減少したが、特に特定の記事へのアクセス数が減少していた

f:id:soul-vibration:20181015224757j:plain

ブログ運営をしている毎日とまではいいませんが、頻繁にGoogleアナリティクスでブログへのアクセス数を確認されるかと思います。

はてなブログでブログ運営をしている方であれば、はてなブログの「アクセス解析」で運営しているブログにどれくらいのアクセス数があるのかを調べることが出来ます。

こうしたアクセス数や傾向を知っていると、普段と異るアクセスの挙動が起きた時に気がつくものです。

先日、当ブログはブログ全体のアクセス数が減少したため、何が原因なのかを調べて、原因を特定して対策を講じようと考えました。

今回どのようなことが起きたかと言うと、ブログ全体のアクセス数が普段の変動以上に起きて、アクセス傾向を調べると特定の記事のアクセス数が半分以下に落ちて、ブログ全体のアクセス数が1~2割ほど減少する事態となりました。

特定の記事はある日を境にアクセス数が右肩下がりとなります。

f:id:soul-vibration:20181026071549j:plain

こうしたことがあった為、何故突然アクセス数が減ったのか、原因について調べて見ることにしました。

スポンサーリンク

Google Analyticsでアクセス数の減少の理由を調べる

f:id:soul-vibration:20181015224142j:plain

①:アクセス数が減少した流入元がどこなのかを特定する

まずはアクセス数が減少した要因である「流入元」を特定することにから始めます。

これはGoogle アナリティクスで 集客>参照元/メディア で調べることが出来ます。

f:id:soul-vibration:20181026202820j:plain

当ブログのアクセスの流入割合は95%以上が「Google」と「Yahoo」からの検索流入である為、調べるまでもなかったのですが、この二つからのアクセス数が大きく下げていました。

②:アクセスが減少しているキーワードを特定する

アクセス数が減少している記事はわかっているので、その記事への主な検索キーワードの掲載順位を調べることにしました。

特定の検索キーワードの掲載順位を特定するにはGoogle Search Consoleで 検索トラフィック>検索アナリティクス で調べることが出来ます。

f:id:soul-vibration:20181026072318j:plain

これを見てわかったことは、明らかにアクセス数が減少した日から、特定のキーワードの掲載順位が下がっています。

③:Googleから手動による対策でペナルティを受けているのではないか?

突然の特定キーワードでの掲載順位の低下が確認できたのですが、何故突然このように掲載順位を下げたのでしょうか?

もしかしたらGoogleの品質ガイドラインに抵触しており、その結果「手動による対策」がなされているということが考えられます。

Googleのガイドラインに抵触して低品質なコンテンツや良くない被リンクがあるとGoogleから警告が届き、ペナルティを受けます。

そういった「手動による対策」がなされてペナルティを受けているかどうかは、Google Search Consoleで 検索トラフィック>手動による対策 で調べることが出来ます。

f:id:soul-vibration:20180414125605j:plain

上記のように「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした」と出ていれば、特に手動によるペナルティを受けていません。

④:インデックス数の減少が起きていないか?

Googleの手動による対策を受けていないことが分かりましたが、念のためインデックス数が減っていないかも確認します。

インデックス数が減っていれば何らかのペナルティを受けて、Google検索で表示されない状態になっていわけで、インデックス数が減ることはブログ運営者にとっては一大事です。

インデックス数の減少が起きていないかを調べるには、Google Search Consoleで Googleインデックス>インデックスステータス で調べることが出来ます。

f:id:soul-vibration:20180414130507j:plain

これを見る限りインデックスの減少が起きている様子は無く、Googleからペナルティを受けているようには見受けられません。

⑤:Googleの検索アルゴリズムの変更に伴う影響を受けたのではないか

Googleはそれぞれの記事に価値があるのかどうかを判断するために、「ペンギン・パンダアップデート」というものを導入しており、これらの検索エンジンのアルゴリズムの変更により過去これまで大きくアクセス傾向の変更が行われてきました。

詳細についてはこちらの記事で触れています。

Googleのアップデートによる検索順位の影響について|サーチコンソールで検索順位を調べて対策する方法 こんにちはユレオです。 この度は当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」を閲覧頂きありがとうございます。 本日の記事はブログ運営...

こうしたアルゴリズムの変更により検索でユーザーがより調べたいものを調べれるようにGoogleが日々検索エンジンの改良を加えているわけですが、こうした影響を受けてアクセス数が激減したのではないかと思い調べることにしました。

Googleの検索アルゴリズムの変更があったかどうかを調べるには以下のサービスを利用します。

f:id:soul-vibration:20181026074445j:plain

Panguin SEO Tool で調べた限り、当ブログのアクセスが減少し始めたタイミングでなにか検索アルゴリズムのアップデートがあったわけでなさそうです。

アクセス数の減少の原因は特定のキーワードの掲載順位が大きく落ちたこと

ここまでつらつらとアクセス数の減少の原因を調べてみたわけですが、アクセス数の減少の直接の原因は「特定のキーワードの掲載順位が落ちたから」ということがわかります。

原因ははっきりしたのですが、問題は何故「特定のキーワードの掲載順位が落ちたのか」というところです。

掲載順位が落ちる原因というのは以下のような理由が考えられます。

  1. 記事の内容が古くなり、価値が下がってた。
  2. 相対的に他のライバル記事の質が向上して掲載順位が下がった。
  3. 記事の内容に問題がありペナルティを受けた。
  4. Googleのただの気まぐれ

今回の記事は掲載順位が下がった前後の日に記事の内容を書き換えるリライトを行ったわけではなく、情報としてはかなり新しい内容で他のライバル記事に比べて充実しており、上記1~3のどの条件も当てはまりません。

特定のキーワードの掲載順位が落ちてアクセス数が大きく減少はしましたが、ブログ全体で言うと、それほど大きな減少には至っていないことから、4のアクセス数のバランスをとるための「Googleのただの気まぐれ」ではないかと考えています。

このGoogleのアクセス数のバランスをとる挙動については下記記事で詳しく触れています。

Google検索流入には上限値がある?ブログのアクセス数が大きく変わらない理由【Googleによるアクセス数のコントロール】 こんにちはユレオです。 数あるブログの中、当ブログ「魂を揺さぶるヨ!」を閲覧いただきありがとうございます。 この記事...

私は今回のアクセス数の減少が「Googleのただの気まぐれ」と考え、今回のアクセス減少に対して特に対応は行わないことにしました。

スポンサーリンク

最後に

f:id:soul-vibration:20180905215431j:plain

ここまで当ブログで起きたアクセス数の減少について、何が起きてアクセス数が減ったかの分析の過程をお話ししてきました。

今回アクセス数が下がった原因は「特定のキーワードでの掲載順位が下がった」ことが原因であることはわかったのですが、Googleよりペナルティを受けたわけではなく、またGoogleのコアアルゴリズムアップデートの影響を受けたわけではないこともわかり、原因の特定に至りませんでした。

しかし原因の特定が出来なかったというのは、「Googleのただの気まぐれ」という可能性が高く、原因が「Googleのただの気まぐれ」ならばブログ運営者にとってやれることはほとんどありません。

そのため今回は”特になにもしない”という結論に至りました。

特定のキーワードの掲載順位が下がったのは残念なことですが、ブログ全体のアクセス数が同じような割合で下がったわけではないので、一時的なものと考えてしばらくは様子をみたいと考えています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


おすすめのアフィリエイトASPランキング

「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」とは、アフィリエイトの広告主とトやブログ運営者を繋ぐ仲介業者のことで、ブログ運営で広告などを掲載するにはASPに登録する必要があります。

そうしたASPは数多くありますが、初心者向けのおすすめのASPをご紹介いたします。

1位 A8.net
A8.netは広告主数が豊富で、ブログ運営者の多くが利用するアフィリエイトサービスです。
ブログを始めたばかりの方もwebサイトやブログを登録できますし、手続きも簡単でアフィリエイトを手軽に始めることができます。
また、A8.netでは「セルフバック」が充実しており、自分で商品の購入やサービス申込むことでアフィリエイトの報酬が得られ、実際の商品をお得に購入できるのでレビュー記事が書きやすいというメリットもあります。
総合
商品種類
初心者向け

A8.netの詳細ページはこちら

2位 もしもアフィリエイト
もしもアフィリエイトはブログ運営の初心者でも成果を上げられるように成果を上げる為の方法について詳しく書かれたマニュアルがあるなど、「ブログ運営初心者に対して嬉しいサービス」が充実しています。
また、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトをまとめれるのは、管理がしやすい点が初心者にとってポイントが高く、W報酬制度やプレミアム報酬などの独自の報酬制度があります。
総合
商品種類
初心者向け

もしもアフィリエイトの詳細ページはこちら

3位 バリューコマース
バリューコマースはYahooショッピングでの報酬の取りまとめに力をいれていたり、スマートフォン向けのオーバーレイ広告が掲載できるなど、ポイントの高いサービスが提供されています。
また、メルカリなどのバリューコマースにしかない広告案件があり、メインのASPがすでにあったとしても広告案件の隙間を埋めたり、比較として登録しておいて損はありません。
総合
商品種類
初心者向け

バリューコマースの詳細ページはこちら