登山・アウトドア

アルコールストーブは荷物が減らせて便利!ツーリングや登山などのアウトドアで活躍するアルコールバーナーの評判・口コミ

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さんは屋外で食事を作ったことはありますか?屋外で食事を作るというと「バーベキュー(BBQ)」を真っ先に思い浮かべるとかと思います。

BBQをした経験は皆さん一度はあるかと思いますが、大自然の中でクッカーやメスティン(飯盒)を使って料理を作った経験はありますか?

私は「登山」「ソロキャンプ」「バイクツーリング」等のアウトドアの趣味を持っていることから、屋外で簡単な料理を作ったりします。

ラーメンツーリングに必要な道具とは!バイカーにおすすめの格安ラーツー道具一式を紹介 こんにちはユレオです。 本日の記事はバイクをお持ちの方に向けた内容ですが、登山などアウトドアの趣味をお持ちの方にも有用なの...

料理といっても出来合いのものを煮炊きするだけですし、お湯を沸かして作るカップラーメンやインスタントコーヒーでも大自然に囲まれていると非常に満足感があります。

私は屋外で火を起こせる道具として小型ガスバーナーを持っていますが、この度よりコンパクトに持ち運べるアルコールストーブ(バーナー)を購入しました。

本日は私が使っている激安なのに超軽量で使い勝手が良い「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」をご紹介したいと思います。

●スポンサーリンク


本記事の内容

  • 荷物を少しでも減らすにはアルコールバーナーがお勧め。
  • 激安の「LEFONアルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」の特徴。
  • 「LEFONアルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」の使用感と感想について。

本記事では「LEFONアルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」の特徴や使用感など、メリットとデメリットも含めて感想をまとめています。

スポンサーリンク

アルコールストーブ(バーナー)は小型で軽量

皆さんはこれまで登山やキャンプといったアウトドアのレジャーをされたことはあるかと思います。

大自然に囲まれて食べる食事は普段の食事よりも美味しかったという経験はないでしょうか?

コンビニで購入したおにぎりや缶コーヒーでも自然に囲まれた環境では特別美味しく感じるものです。

そしてさらに「外で火を起こせる道具」があれば、クッカーやメスティン(飯盒)でご飯を炊いたり、お湯を沸かしてカップラーメンやコーヒーを淹れたりできるので、よりアウトドアレジャーを楽しむことが出来るようになります。

私は屋外でお湯を沸かす道具として「小型ガスバーナー」をいくつか持っています。

山頂で料理!登山で役立つ評判の小型ガスバーナー「コールマン アウトランダー マイクロストーブ PZ」の感想・レビュー こんにちはユレオです。 冬も終わり春も到来し暖かくなってきたことで登山やハイキングに出かける機会が増えてくるかと思います。...

小型ガスバーナーはコンパクトで申し分ないのですが、もう少し荷物を減らせないかと思案したところ、以前から気になっていたアルコールストーブ(バーナー)を購入することにしました。

スポンサーリンク

アルコールストーブ(バーナー)の特徴

アルコールストーブ(バーナー)本体は小型のガスバーナーに比べるそれほど大きさが小さくなるわけではありませんが、燃料を使う分だけ持っていくことができるので、OD缶(ガス缶)の分だけ容量を減らすことが出来ます。

また、アルコールストーブ(バーナー)で必要となる燃料用アルコールはドラッグストアやホームセンターでも簡単に手に入ることや、500mlが300円程度で売られているので、コストパフォーマンスが良いのも特徴です。

早速Amazonで「アルコールストーブ(バーナー)」で調べてみたところ、様々なメーカーからいろんなタイプの商品が販売されています。

(・∀・) 基本的には五徳付きで小型の缶詰くらいの大きさなんだね。

アルコールストーブ(バーナー)は単品で売られている場合もありますが、クッカーやメスティン(飯盒)を乗せて調理するための五徳が付いており、商品によっては専用の収納袋も付いています。

アルコールストーブ(バーナー)の燃焼の仕組みと注意点

アルコールストーブ(バーナー)は燃料のアルコールが燃えることで火を起こす仕組みとなっています。

燃料となるアルコールは「無水エタノール(500ml 1000円程度)」と「燃料用アルコール(500ml 300円程度)」があり、ドラッグストアやホームセンターで手に入ります。

また、アルコール度数が高いお酒も燃料として使うことが出来ます。


引用元:ゆるキャン△

【まとめ買い】 ゆるキャン [Kindle版]

https://tamashii-yusaburuyo.work/%e6%bc%ab%e7%94%bb%e3%80%8c%e3%82%86%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e2%96%b3%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%83%b3

また、アルコールストーブ(バーナー)を使用する際には、以下のような注意点が必要です。

  • 点火のための道具(ライターやマッチ)が必要
  • 風に弱いためウィンドスクリーン(防風板)が必要
  • 火力の調整にコツがいる。
  • アルコールストーブ(バーナー)本体が使用時に高温になる
  • アルコールストーブ(バーナー)本体が倒れると燃料がこぼれて火事つながる

以上がアルコールストーブ(バーナー)を使用する上での注意点ですが、特に「アルコールストーブ(バーナー)本体が倒れると燃料がこぼれて火事につながる」は一つ間違えると大変危険なので気を付けて扱う必要があります。

その為、念のため燃料用アルコールがこぼれないように受け皿となるスチール製のトレイがあると安心です。

スポンサーリンク

使いつぶすのを前提に激安の「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」を選んだ

私は今回はアルコールストーブ(バーナー)を選ぶ条件としてハードに使うものなので、壊れても諦めがつくように「価格」を重視しました。

様々なアルコールストーブ(バーナー)がある中、1,599円(2021年2月)と他の商品よりも一回りも安いこともあり「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」を購入することにしました。

こちらの商品は「LEFON」という中華メーカーのアルコールストーブ(バーナー)で、説明書きを見ると以下のような特徴を持っています。

  • サイズは直径9.7cm 高さ6.1cmで重量は180g。
  • アルミと真鍮を私用しており耐熱性に優れて火傷を防ぐ。
  • 風除板として使えるデザインの五徳付き。
  • 火力を調整出来る消火蓋付き。
  • 専用の収納袋付き。
  • 価格は1,599円(2021年2月)と非常に安価。

( ゚Д゚) 五徳と専用ケース付きでこの値段!安すぎだろ。

有名アウトドアメーカーのデザインをそのままパクっているのか機能性は申し分ないのにびっくりするほどお安いです。

アルコールストーブ(バーナー)は非常にハードに使うアウトドアギアなので、消耗品と割り切ってこちらの「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」を人柱覚悟で購入することにしました。

スポンサーリンク

「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」の開封の儀

早速Amazonで「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」を購入したところ、翌日には届くスピード配送でした。

配送用ダンボールを開けてみると商品名も無い結構ボロボロの商品パッケージが現れました。

(´・ω・) うーん…。大丈夫かAmazon?

まあ、箱はどうせ捨てるものなので中身に問題が無ければ気にしません。

「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」を早速開封してみたところ左から「専用の収納袋」「アルコールストーブ(バーナー)本体」「消火用&火力調整用蓋」「五徳」が入っていました。

(/・ω・)/ 思った以上に作りはしっかりしている。いいやん!

専用の収納袋のクオリティは高く、紐を縛ってしっかり封ができるのですが、ピッタリサイズという感じではなく容量的に余裕を感じます。

(・∀・) 縫い目もしっかりしてて良くできてる。

アルコールストーブ(バーナー)を使うためには別途燃料が必要ですが、30分程度燃焼させるのであれば燃料用アルコールが50mlもあれば十分です。

私は100円ショップで売っているプラスチックの容器に入れていますが、専用の容器に燃料を入れるのをお勧めします。

燃料用アルコールにプラスして着火するためのライターを用意しました。

(=゚ω゚)ノ ちょうど収納袋に余裕があったからライターと燃料が綺麗に収まるわ。

着火用ライターと50mlの燃料用アルコールを入れた容器がしっかりと収納袋に収まり、狙って設計されているかのようです。

私はこれまでは小型ガスバーナーの火起こしセットを使っていましたが、アルコールストーブ(バーナー)の火起こしセットはウィンドスクリーン(防風板)を入れても非常に軽量かつコンパクトに収まります。

( ゚Д゚) この差は圧倒的。軽量でなおかつコンパクト!

ガスバーナーはバーナーの位置が高い為、高さのあるウィンドスクリーン(防風板)が必要でしたが、アルコールストーブ(バーナー)は高さが無いウィンドスクリーン(防風板)で十分な為、荷物が一気に減らすことが出来ました。

それでは早速「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」を使ってみたいと思います。

今回は安全のためにステンレス製のトレーを敷いています。

(・∀・) 専用の商品もあるけど100円ショップの品で十分だよ。

また、ウィンドスクリーン(防風板)については背丈の低めのもので十分です。

早速燃料用アルコールをアルコールストーブ(バーナー)本体に3分の2ほど注ぎ、ライターで点火してアウトドアケトルを火にかけてみました。

ALOCS(アロクス) アウトドアケトルの2か月レビュー|ソロキャンプに便利な激安軽量やかんの評判・口コミ こんにちはユレオです。 突然ですが皆さんは外食ではなく屋外で食事を摂ることはありますか?私は趣味でソロキャンプや登山をして...

アルコールストーブ(バーナー)は火力調整をせず「強」で沸かしたので10分もせずお湯が沸きました。

火力調整のつもりで五徳をアルコールストーブ(バーナー)本体に乗せて、アウトドアケトルとの距離をとったのですが、思った以上に火力がしっかりしており、あっという間にお湯が沸きました。

アルコール燃料はまだ半分近く残っていましたが、「消火用&火力調整用蓋」を使って消火しました。

(;´・ω・) 消火用蓋をかける際に火に気を付けないとね。

消火用蓋は持ち手が小さいので、被せる時に火傷する可能性があります。

また、火が消えてもアルコールストーブ(バーナー)本体は非常に高温になっているので、冷めてから片付けないと火傷しますので気を付けてください。

火起こしセットがこれまでのガスバーナーに比べると大変コンパクトになったので、1回分の食事を作るだけであればアルコールストーブ(バーナー)の方が荷物を大きく減らすことが出来ました。

スポンサーリンク

LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き を使って感じたメリット・デメリット

登山やソロキャンプでは荷物を減らすためにいろいろと苦労しますが、「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」は火を起こす道具として非常にコンパクトにまとまります。

「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」を使用して感じたメリットとデメリットについてまとめてみました。

「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」のメリット

商品の特徴で良いポイントをお伝えしてきましたが、実際に使って感じたメリットを列挙してみました。

  • 専用の収納袋が付いており商品内容がしっかりしている。
  • 防風板付の五徳は高さが2段階に変えられる。
  • 価格が1,599円(2021年2月)と安価。

「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」のデメリット

使用してデメリットはほとんど感じられませんでしたが、アルコールストーブ(バーナー)の欠点を含む形で列挙すると以下のようになります。

  • ガスバーナーに比べると火力調整にコツが必要。
  • 使用中に倒すと燃料がこぼれて火災につながる危険性がある。
  • 風に弱いためウィンドスクリーン(防風板)が必要。
  • 燃料の残量が目視だとわかりにくい。

最後に

ここまで私が使っている激安なのに超軽量で使い勝手が良い「LEFON アルコールストーブ(バーナー) 五徳付き」をご紹介しました。

ガスバーナーを使った火起こしセットの場合、ガス缶がどうしても大きくなる為、荷物を減らすのに限界がありましたが、アルコールストーブ(バーナー)は1回分の調理に必要な燃料を小分けに出来るので、荷物を簡単に減らすことができます。

ガスバーナーで使われるOD缶に比べると燃料用アルコールは安価であることや、ドラッグストアやホームセンターでも手に入る為、出先で購入が必要になっても簡単に手に入ります。

「外で火を起こせる道具」が欲しいけど少しでも荷物を減らしたいと考えている方がおられましたらぜひご参照ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク