道具・ガジェットの紹介

千切りキャベツが簡単に作れる「下村企販キャベツスライサー」はダイエットにおすすめのグッズ【口コミ・レビュー】

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さんはこれまでダイエットをされた経験はありますか?

多くの方が加齢とともにカロリーが消費されにくくなる為、食事を制限したり運動を心がけたりします。

私は食事は腹いっぱい食べたいという願望があり、会社帰りにスーパーで売っている千切りキャベツのカット野菜を購入して夕食の一品に追加してたのですが、先日この千切りキャベツを自分で作れば安く浮かせるんじゃないかと思い、キャベツを千切りに出来るグッズを探したところ、まさに望んでいたものが見つかりました。

本日は私が購入した「下村企販 キャベツスライサー とんかつ屋さん ふわふわ千切りキャベツ」をご紹介したいと思います。

本記事の内容

  • スーパーで売っているカット野菜は割高である。
  • カット野菜を自分で作れば節約につながる。
  • 下村企販 キャベツスライサー」を使ってみた感想

本記事では私がダイエットの為に毎日食べている千切りキャベツについてと、その費用についてお話ししています。

また、千切りキャベツを簡単自宅で作る方法として購入した「下村企販 キャベツスライサー」の特徴や使用感など記事にまとめています。

スポンサーリンク

ダイエットの為に千切りキャベツを毎日買うと高くつく

私は基本的に運動が好きですが、それなりに食事量も摂っているため体重は減ってはいませんが維持できているという感じでした。

食事制限はしたくないが体重も減らしたいと考えると、食べるものを低カロリーのものに置き換えることが有効ということで、私はこの数か月帰宅前にスーパーに立ち寄り千切りキャベツのカット野菜を購入しています。

千切りキャベツのカット野菜は一袋100円前後でスーパーやコンビニなどどこでも購入できるので大変重宝しているのですが、これを毎日購入するとなるとそれなりのお値段になります。

一袋100円でも1ヵ月で3,000円になるのか… (;´・ω・)

この3,000円を安いと高いとみるかは人それぞれですが、キャベツ一玉が100円前後で販売されているのを見ると、千切りキャベツのカット野菜は割高で販売されていることが分かるので、どうにか安く購入できないかを模索することにしました。

普通のスライサーでは千切りキャベツが作りにくい

私は千切りキャベツのカット野菜が売り切れているときはキャベツを購入して自宅で包丁で千切りにカットして食べていました。

ただ、包丁でカットしたものはきれいな千切りにならず食感も悪い為、美味しいと思えませんでした。

その為、百円均一でスライサーを購入して千切りキャベツを作っていましたが、普通のスライサーでは使い勝手が悪く、思うように行きません。

こちらはダイソーで400円で購入したマルチスライサーです。

使い勝手が悪い理由は刃の切れ味が悪いとかそういうことではなく、一般的なスライサーは単純に「キャベツをカットするにはサイズが小さい」という問題があります。

千切りキャベツを作る機械とか無いのかな?(・ω・)ノ

フードプロセッサーなどは千切りにはならず、電動スライサーを探すと値段が高すぎたり業務用しか見つからず半ばあきらめていたのですが、先日Amazonで思わぬ良品を見つけました。

スポンサーリンク

Amazonで見つけた「下村企販 キャベツスライサー

キャベツを包丁でカットして千切りキャベツを作るよりも、スライサーを使ってカットする方が効率が良いのは確かですが、先ほどお話しした通り一般的なスライサーはキャベツをカットするには小さいという問題がありました。

ところが先日Amazonで見つけた「下村企販 キャベツスライサー」はまさにキャベツの千切りを作る為に特化したスライサーとなっています。

一見通常のスライサーに見えますが、サイズが「幅14.6cm x 全長38cm x 厚さ1.8cm」と大きくキャベツをスライスするのにちょど良いサイズとなっています。

おお!こういうのを探してたんだよ(=゚ω゚)ノ

ためらうことなく直ぐにポチり、翌日にはスピード配送で自宅に届きました。

スポンサーリンク

とにかく大きい「下村企販 キャベツスライサー

届いたAmazonの段ボールがでかいサイズだったので期待をして開封したところ、中から出てきたのは「スライサー」と呼ぶにはふさわしくないサイズでした。

これは…まさしく羽子板!(/・ω・)/

サイズの比較用にS&Bの七味唐辛子を並べてみましたが、スライサーとしての常識を大きく上回るサイズであることが分かるかと思います。

内容は非常にシンプルでスライサー本体と安全に千切りが作れるホルダーの2点となっています。

使用方法は特に迷うようなものではないですが、パッケージの裏側に基本的な使用方法が明記されていました。

ふわふわの千切りキャベツが一瞬で出来る

早速キャベツを用意して千切りキャベツを作ってみることにしました。

ご覧の通りキャベツと並べても「下村企販 キャベツスライサー」が非常に大きいことが分かります。

キャベツがミニサイズに見える…(;゚Д゚)

とりあえずキャベツを4分の1にカットしてスライサーにセットしてみました。

4分の1サイズを置いてもまだ幅に余裕があります。

そんなわけで早速千切りキャベツにカットしたのですが、スライサーの刃は大変鋭利で、前後に動かすだけで、まるで溶けていくようにキャベツの千切りが出来ていきます。

すごい!一瞬でふわふわの千切りキャベツが出来た(/・ω・)/

この「下村企販 キャベツスライサー」は商品名の中で”とんかつ屋さん ふわふわ千切りキャベツ”と謳っているのですが、まさしくとんかつ屋で出てくる千切りキャベツが自宅で簡単にカットすることが出来ました。

スーパーのカット野菜よりも美味しい!

早速ドレッシングをかけて食べてみたのですが、普段スーパーやコンビニで購入して千切りキャベツのカット野菜よりも数段美味しく、食感が良くてびっくりしました。

美味い!めちゃ美味いぞ!(;゚Д゚)

私は千切りキャベツの味の良し悪しは「カットの精度」と「鮮度」だと考えており、食べる直前に1mm均一で千切りキャベツにカットするわけですから不味いわけがありません。

キャベツ一玉で普段スーパーやコンビニで購入して千切りキャベツのカット野菜の6~7袋分になるので、1ヶ月間カット野菜を購入するよりも2,500円もお得です。

「カット野菜を毎日購入する場合」
一袋100円 × 30日 = 3,000円

「自宅で千切りキャベツを作る」
キャベツ一玉100円 × 5個(月の消費)=500円

千切りキャベツ代が6分の1で済むことや、「下村企販 キャベツスライサー」のお値段は1,327円(2020年4月)なので、1ヵ月も使えば確実に元が取れます。

スポンサーリンク

最後に

ここまで「下村企販 キャベツスライサー とんかつ屋さん ふわふわ千切りキャベツ」をご紹介してきました。

キャベツは食物繊維を摂取できることや低カロリーである為、ダイエットをされている方にとっては非常にお勧めの食品です。

このキャベツを最も栄養が豊富で手間暇をかけずに食べるには「生のまま食べる」ことになるわけですが、千切りキャベツはまさにうってつけの調理方法と言えます。

私は今までスーパーやコンビニで千切りキャベツのカット野菜を購入していましたが、「下村企販 キャベツスライサー」を購入したことで、自宅で美味い千切りキャベツが作れるようになりました。

千切りキャベツを簡単に作りたいと考えている方にはおすすめなので、是非ご参考にしてください。


 

【必見】Amazonで最大2.5%還元されるお得に買い物をする方法

ネット通販最大手のアマゾンで買い物をする際にお得に買い物をする方法をご存知でしょうか?アマゾンで買い物をする際にアマゾンギフトカードにチャージしてから購入すると、最大チャージ金額に対して2.5%分のポイントがたまります。

買い物をされる際に、先にアマゾンギフト券にチャージしてから買い物をした方が、ポイントがたまってお得ですし、好きな写真を入れたギフト券を発行できるなどプレゼントや贈り物としても喜ばれます。

\喜ばれる贈り物・お得な買い物におすすめ/

お得に買い物できるAmazonギフト券公式サイトへ

スポンサーリンク