バイク(Vストローム250)

Vストローム250に合うヘルメット!OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)の感想/口コミ

スポンサーリンク



こんにちはユレオです。

私は40代になり、子育ての手がかからなくなったことから、釣りやソロキャンプなどの趣味を再開しようと考えたところ、「荷物が運べる移動手段」が必要なことから、レジャー用にバイクを購入することにしました。

Vストローム250はソロキャンプ向きの最高のバイク|レジャーにおすすめスズキの250ccアドベンチャーバイク こんにちはユレオです。 皆さんは運転免許証をお持ちでしょうか? 私が若いころは社会人になったら運転免許証を取得するの...

そして先日スズキ(SUZUKI)のVストローム250を購入して20年ぶりにバイクに跨るようになったわけですが、当然バイクに乗る為にはいくつか必要なものがあります。

必要なもの?二輪免許とか?

確かに二輪転免許証も必要ですが、バイクに乗る為にヘルメットの装着が義務となっています。

スズキ(SUZUKI)のVストローム250を購入してから納品されるまでの間、Vストローム250(イエロー)に似合うヘルメットを購入しようと各種メーカーのヘルメットを検討しました。

本日は私が購入したスズキ(SUZUKI)のVストローム250に似合う扱いやすいヘルメット「OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)フラットブラック」をご紹介したいと思います。

●スポンサーリンク


本記事の内容

  • 私がヘルメットを選定する為の基準や条件について。
  • Vストローム250に似合うヘルメットとは?
  • OGK KABUTO EXCEED の使用感と感想について。

本記事では「OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)」の特徴や使用感など、メリットとデメリットも含めて感想をまとめています。

スポンサーリンク

私がヘルメットを選んだ基準

バイクを乗るにはヘルメットは必ず被らないといけないことから、バイクとヘルメットはセットとして捉えることが出来ます。

そのことから多くのメーカーから様々なデザインやカラーリングのバイク用ヘルメットが発売されています。

(;´・ω・) なんか猫耳が生えたヘルメットがあるね…

ヘルメットはもはやバイクの一部とも言えることから、デザインが豊富でバイクに合うヘルメットが選べるようになっています。

私は数あるヘルメットの中から以下の条件を基に選定しました。

  • 安全安心の日本のヘルメットメーカーの品。
  • カラーはVストローム250(イエロー)に合う色。
  • シールドや眼鏡が曇らず被りやすく脱ぎやすいジェットヘルメット。
  • インナーサンシェードが付いている。
  • 眼鏡が装着できる構造になっている。
     

私はバイクを乗るとき基本的には使い捨てコンタクトレンズを使いますが、短時間しか乗らないときは眼鏡をかけて乗るので、眼鏡が装着しやすい構造は必須でした。

これらの条件から見繕ったところ、ちょうど良いヘルメットを見つけました。

Vストローム250に似合うヘルメット OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)

私が乗っているVストローム250(イエロー)は艶消しブラックがメインカラーで、アクセントとして特徴的なくちばし状のフロントフェンダーと燃料タンクにイエローが入っています。

その為、ヘルメットの色調として「艶消しブラック+イエロー」で探したのですが、イエロー色に関して完全に合致するものが無く、条件に近しいものとしては「OGKカブト EXCEED DELIE (フラットカモイエロー)」でした。

(`・ω・´) これもいいんだけどデジタル迷彩が無ければいいのに…

イエローのラインがカッコイイのですが、若干蛍光色であることから、イエローを合わせるのはあきらめて艶消しブラックの色調に合わせることにしました。

ジェットヘルメットにした理由について

私は20年前にバイクに乗っていた時はフルフェイスのヘルメットを使用していたのですが、冬場はシールドや眼鏡が曇って危ないことから、フルフェイスのヘルメットは好きではありませんでした。

その後、バイクに乗らなくなってしばらくした頃に、顎の部分が開いたヘルメット「ジェットヘルメット」が登場し、そのデザインと機能性が気になっていました。

(・∀・) 顎が開いているから風が通るし眼鏡でも曇りにくそう。

当然フルフェイスの方が安全性が高いのは分かるのですが、シールドや眼鏡が曇って事故を起こすよりも安全性が高いという事でジェットヘルメット一択で探したわけです。

ジェットヘルメットは正しくは「オープンフェース形」と呼ばれ、昔のジェット戦闘機の操縦士が装着していたヘルメットの形状からジェット形とも呼ばれています。

ジェットヘルメットの特徴として「視野の広さ」「開放感」「利便性(顔を隠さないので、ヘルメットを被ったまま水を飲んだり会話できる)」が挙げられます。

スポンサーリンク

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)の開封の儀

Amazonで「OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)フラットブラック」を購入したのですが、流石に流通が少ないのか配送には3日かかりました。

(;´・ω・) バイクがまだ届いてないから急ぎでなくてもよかったんだけどね。

早速開封の儀を始めたわけですが、箱から出した時点で終了です。

箱から出すと収納袋に入ったヘルメットと取り扱い説明書が出てきました。

早速袋から出したところ、艶消しブラック(フラットブラック)の色が渋く全体的に落ち着いた雰囲気にまとまっています。

【正面】

【側面】

【背面】

形状も不必要にごつごつしておらず、機能美が詰め込まれているようです。

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)は操作しやすいベンチレーションが良い

夏場になると黒のヘルメットは暑くなる為、風通しが重要ですが、OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)は大型シャッターでヘッドベンチレーションが使いやすく走行風をヘルメット内部へきっちり取り込んでくれます。

背面には風を抜くリアベンチレーションが付いており、こちらも開けることで夏場でもヘルメット内を快適に保ってくれます。

開閉は簡単で、バイクで走行中でも片手で簡単に開閉が出来るところが非常に良いです。

(・∀・) 最近のバイクのヘルメットは進化しているな~。

スポンサーリンク

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)はメガネがかけやすい構造

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)にはもう一つ大きな特徴として、眼鏡対応のチークパッドにより眼鏡やサングラスがかけやすい構造になっています。

画像ではわかりにくいですが、以下の部分に眼鏡のテンプル部分が入りやすくなっています。

これが思った以上に良くて、メガネをかけて長時間バイクを運転してもテンプル部分が圧迫されず痛くなりませんし、メガネのフレームも傷みません。

(=゚ω゚)ノ これは眼鏡ライダーにとってはかなり良い!

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)はサンシェードが付いている

夕方や早朝にバイクで走っていると太陽の光がまぶしいという事があるかと思います。

そうした時は視界を確保するためにサングラスをかける必要がありますが、OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)は標準装備でサンシェードが付いており、走行中でも片手でサンシェードを下ろすことが出来ます。

(/・ω・)/ おお!ジェット戦闘機のヘルメットみたい。

サンシェードは左側面のレバーを上げ下げするだけでヘルメット内から出てくる構造で、バイクの走行中でも簡単に上げ下げできます。

見た目もカッコよくてしっかりとまぶしい光をおさえてくれることから、サンシェードは安全に走行するためには必須の機能と言えます。

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)フラットブラックはVストローム250と合う

私が購入したOGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)のカラーはフラットブラックで、スズキ(SUZUKI)のVストローム250のメインカラーである艶消しブラックとピッタリと合う色合いです。

(´∀`*)まるでバイクの一部のパーツみたいにマッチしている。

落ち着いた黒色であるフラットブラックはVストローム250のボディーの艶消しブラックと同じ色合いと質感なので、ヘルメットホルダーにかけた時にバイクの一部みたいです。

スズキ(SUZUKI)のVストローム250に合うヘルメットとしていろんなメーカーのヘルメットを探しましたが、奇を衒わずOGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)フラットブラックを選んでよかったです。

その他にも様々な便利機能や特徴があるので、詳細を知りたい方は以下のページからご確認ください。

スポンサーリンク

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード) を使って感じたメリット・デメリット

OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)を購入して、バイクに乗るときはいつも使ってきましたが、使って感じたメリットとデメリットについてまとめてみました。

「OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)」のメリット

商品の特徴で良いポイントをお伝えしてきましたが、実際に使って感じたメリットを列挙してみました。

  • サンシェードが標準で付いている。
  • 眼鏡をかけて使用できる構造になっている。
  • ジェットヘルメットなので風通しが良くてシールドや眼鏡が曇らない。
  • 落ち着いたデザインでVストローム250にピッタリ。

「OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)」のデメリット

使用してデメリットはほとんど感じられませんでしたが、あえて列挙すると以下のようになります。

  • 遮音性が高くて周囲の音が聴き取りにくいことがある。
  • 角が無い形状なので滑りやすい。
  • 本体塗装部分に指紋の跡が付きやすい。(拭けば取れる)

スポンサーリンク

最後に

ここまで私が購入したスズキ(SUZUKI)のVストローム250に似合う扱いやすいヘルメット「OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)フラットブラック」をご紹介しました。

スズキ(SUZUKI)のVストローム250に似合うヘルメットでありながら眼鏡がかけやすくて曇りにくいヘルメットを探したところ、今回の「OGK KABUTO EXCEED (オージーケーカブト エクシード)フラットブラック」を選択することになりました。

購入して使ってみた感想としては機能的に申し分無く、また見た目もVストローム250のメインカラーである艶消しブラックとマッチしているなど、私としては大変満足のいくものでした。

もしスズキ(SUZUKI)のVストローム250に合うヘルメットを探している方がおられましたら、ぜひご参照ください。

スポンサーリンク

●スポンサーリンク


バイクの納車と同時に盗難保険には入っておこう

バイクは自動車と違い小型で重要なパーツがむき出しになっていることから、車両やパーツの窃盗被害にあいやすい乗り物です。

またバイクは盗難されると見つかることは無く、仮に見つかったとしても破損が酷いという事がほとんどです。

特に買ったばかりの新車は窃盗犯に狙われやすいことから、新車でバイクを購入の場合は「盗難保険」は必須と言えます。

バイクの盗難保険は扱っている保険会社は少ない中、しっかりとサポートしてくれるとバイク盗難保険「ずっとライド」は新車ユーザーには必須のサービスと言えます。

「ずっとライド」は、ネットで所有のバイク情報を入力するだけでおすすめの保険プランを紹介してくれることや、バイク盗難保険としては非常にお手頃価格で、バイク本体だけでなくパーツも保証してくれるなど、行き届いた保証が安心感を与えてくれます。

\入って安心のバイク盗難保険/

バイク盗難保険の「ずっとライド」公式サイトへ

スポンサーリンク