道具・ガジェットの紹介

TP-Link Archer AX53のレビュー|お手頃価格でWi-Fi 6環境が構築できるルーターの評判・口コミ

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

皆さんもパソコンやスマートフォンなどをお持ちだと思いますが、今使われているインターネット環境に満足していますか?

インターネット環境は、もはや「電気・ガス・水道」に並ぶインフラともいえる存在で、総務省の発表では2020年の日本国内でのインターネット利用率は83.4%(*)となっています。
*引用元:総務省「通信利用動向調査」

こうしたインターネット環境は利用するサービスの拡充により、取り扱うデータ量が大きく増えており、またIoT機器の登場など1世帯当たりで使用する通信機器の数が増え、通信インフラの拡充が求められています。

そして、これら通信インフラを家庭内で接続するには、無線LANである「Wi-Fiルーター」が必要で、Wi-Fiルーターも年々新しい規格が登場して進歩しています。

本日はお手頃価格で最新のWi-Fi 6に対応したルーター「TP-Link Archer AX53」のレビューについて記事にまとめています。

●スポンサーリンク


本記事の内容

  • 「TP-Link Archer AX53」の特徴について
  • 「TP-Link Archer AX53」のスペックについて。
  • 「TP-Link Archer AX53」を使ってみた感想。

本記事ではお手頃価格でWi-Fi6に対応したルーター「TP-Link Archer AX53」の特徴や使用感などの感想をまとめています。

スポンサーリンク

TP-Link Archer AX53の特徴について


引用元:TP-Link Archer AX53公式サイト

「TP-Link Archer AX53」はティーピーリンクジャパン株式会社がミドルクラスのWi-Fi 6ルーターとして2022年4月21日に発売した商品で、以下のような特徴を持っています。

  • 高速Wi-Fi 6によりスムーズなストリーミングと高速ダウンロードを実現。
  • OFDMA技術によって容量が4倍に向上して、最大で42台のデバイスとの同時接続が可能。
  • 反応速度が求められるオンラインゲームやビデオ通話をスムーズに楽しめる。
  • 外付けのハイゲインアンテナ×4とビームフォーミング技術で、Wi-Fiを遠くまで届ける。
  • 強化されたセキュリティ機能で最新のサイバー脅威から守る。
  • TWT(Target Wake Time)機能が対応端末の電力やバッテリー消費を抑える。
  • Alexaと紐付けて音声での制御が可能。
通りすがりの猫
通りすがりの猫
ミドルクラスとは言えスペックが高すぎない?
ユレオ
ユレオ
(;´・ω・) 家庭のネット環境次第ではもてあそぶと思うけど、今後はこれぐらいのスペックが求められるようになるんだろうね。

スペックを見る限り一般家庭で利用するにはオーバースペック気味ですが、Amazonでは9,000円(2022年4月)と1万円を切るお手頃価格で販売されています。

パソコンをはじめとするインターネット関連の技術やハードウェアの進歩は、他の分野に比べて非常に速いことから価格競争も激しく、ちょっと前では信じられなかったスペックの機器がお手頃で購入出来てしまいます。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
ところで、今一番新しいWi-Fiの規格って何になるの?
ユレオ
ユレオ
(/・ω・)/ 2022年4月時点ではWi-Fi 6が最新の規格になるね。

Wi-Fi規格「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」について、ティーピーリンクジャパン株式会社よりわかりやすい動画が公開されています。

引用元:【TP-Link Japan】ところで、Wi-Fi6ってなんだ?(YouTube)

Wi-Fi 6は新世代のWi-Fi規格で「AX Wi-Fi」や「802.11ax」と呼ばれるものです。

Wi-Fi 6は高速通信と多くの端末が同時接続出来るようになっており、大容量の4K動画やIoT機器等のインターネット接続を必要とする端末の増加に対応出来るようになっており、最大9.6Gbpsの圧倒的なスピードと従来の4倍の容量でより多くの端末と接続できるようになっています。

「TP-Link Archer AX53」のスペックについて


引用元:TP-Link Archer AX53公式サイト

Wi-Fi 6に対応したルーターである「TP-Link Archer AX53」ですが、公式サイトよりスペックについて特筆すべき点を書き出してみました。

ワイヤレス
規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
Wi-Fi速度AX3000
5GHz:2402Mbps(802.11ax、HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
Wi-Fi範囲4LDK


高性能固定アンテナ×4
複数のアンテナが信号を増幅させより多くの方向と広いエリアをカバーします

ビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します

高性能FEM
送信パワーを改善し信号範囲を強化します

Wi-Fi性能高(High)


デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てます

OFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信します

エアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させます

DFS
電波干渉の少ないDFS帯を利用できます

4ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続させます

動作モードルーターモード
ブリッジモード(アクセスポイントモード)
ハードウェア
プロセッサーデュアルコアCPU
有線ポートギガビットWANポート×1
ギガビットLANポート×4
ボタンWPS/Wi-Fiボタン
電源オン/オフボタン
リセット(初期化)ボタン
電源12 V ⎓ 2 A
セキュリティ
Wi-Fi暗号化WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise
ネットワークセキュリティSPIファイアウォール
アクセスコントロール
IP & MACバインディング
アプリケーション層ゲートウェイ         

HomeShield セキュリティ


リアルタイムIoT 保護
悪意のあるサイトのブロック
侵入防止システム
DDoS攻撃の防止
ホームネットワークスキャナー

ゲストネットワーク5GHzゲストネットワーク×1
2.4GHzゲストネットワーク×1
VPNサーバーOpenVPN
PPTP VPN
フィジカル
寸法 (W×D×H)260.2 × 135 × 41.6 mm
パッケージ内容Archer AX53本体
電源アダプター
LANケーブル
かんたん設定ガイド

引用元:TP-Link Archer AX53公式サイト

「TP-Link Archer AX53」はミドルクラスのスペックということで、「Wi-Fi速度の5GHz:2402Mbps」と飛びぬけて早いわけでありませんが、Amazonでは価格が1万円を切り、9,000円(2022年4月)で販売されているのが売りではないでしょうか。

「TP-Link Archer AX53」は外付けのハイゲインアンテナが4本備わっており、ビームフォーミング技術によって、Wi-Fi電波を遠くまで飛ばしてくれます。

引用元:TP-Link Archer AX53公式サイト

また、「Archer AX53」はTP-Link OneMeshでメッシュWi-Fiネットワーク環境を手軽に構築してくれることから、家のどこにいてもWi-Fiが途切れることなく接続してくれるなど、Wi-Fiの電波が届かない状況を手軽に解決する事が出来ます。

引用元:TP-Link Archer AX53公式サイト

通りすがりの猫
通りすがりの猫
Wi-Fiの電波が届かないくらい広い家に住みたい…。
ユレオ
ユレオ
(;´・ω・) 普通はメッシュWi-Fiネットワーク環境が無くても大丈夫だろうけど、広めの鉄筋コンクリートの建物では中継器が必要かもね。

メッシュWi-Fiネットワーク環境は、スマートフォン用アプリ「Tether」からまとめて管理できるなど、ソフトウェアも使いやすくなっています。

スポンサーリンク

「TP-Link Archer AX53」の開封の儀

それでは早速「TP-Link Archer AX53」のレビューをはじめます。

商品パッケージには「TP-Link Archer AX53」の特徴や売りが分かりやすく明記されています。

箱から取り出したところ「ルーター本体」「LANケーブル」「取扱説明書類」「ACアダプター」が入っていました。

ユレオ
ユレオ
(´・ω・) ランプの位置から考えると、本体は平置きでアンテナを4本立てる形で設置するみたいね。

本体の上面はツヤ有りとツヤ無しの質感で分かれており、「X」を象ったような見た目となっています。

それでは「TP-Link Archer AX53」をそれぞれの方向から見てみたいと思います。

【上面】

【底面】

【左右側面】

【前後面】

「TP-Link Archer AX53」の背面には左から順に「WPS/Wi-Fi」「Reset」「WAN」「LANポート(No.01~04)」「電源ボタン」が付いており、一番右側に「電源接続ポート」が付いています。

ユレオ
ユレオ
(´・ω・) シンプルな構成だね。USBポートとかも付いてないのか。

ACアダプタは小さいですが横幅があるので、電源タップによっては隣の差込口を塞いでしまうことになります。

ユレオ
ユレオ
(;´・ω・) 個人的には電源口を90度回転させてほしいわ。

電源タップによってはこちらのほうが使いやすい方もおられるので何とも言えませんが、私としては隣の口を塞がないような形にしてほしいものです。

スポンサーリンク

「TP-Link Archer AX53」の回線スピードについて

それでは早速「TP-Link Archer AX53」を接続してネットワーク環境を確かめてみたいと思います。

比較するのは少し古いルーターになりますが「BUFFALO WSR-300HP/N」で、こちらはIEEE 802.11nのWi-Fi 4の規格になります。

それでは「BUFFALO WSR-300HP/N」と「TP-Link Archer AX53」の5GHzの周波数帯の速度を比較してみました。

速度の計測はGoogleの「インターネット速度テスト」を使いiPhone12(Wi-Fi 6対応)で計測します。

計測時にはそれぞれのルーターの電源を落として電波が干渉しないようにしています。

結果としては以下のようになりました。

【ルーターとの距離が約1mの時】

BUFFALO(WSR-300HP/N)ダウンロード:153.1Mbps アップロード:127.5Mbps
TP-Link (Archer AX53)ダウンロード:178.3Mbps アップロード:137.3Mbps

【ルーターとの距離が約15mの時】

BUFFALO(WSR-300HP/N)ダウンロード:58.6Mbps アップロード:74.6Mbps
TP-Link (Archer AX53)ダウンロード:87.5Mbps アップロード:91.6Mbps

今回はWi-Fi 6に対応した機器ということでiPhone12でWi-Fiの速度を計測しました。

私の自宅はマンションなのでネット回線が遅く、Wi-Fi 6に対応したルーターであっても恩恵がほとんどありません。

ただ、ルーター設置場所から離れた場所での通信速度は「BUFFALO WSR-300HP/N」より明らかに良い数値となり、Wi-Fi 6の特徴である”つながりやすさ”は確認することが出来ました。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
あいかわらず自宅の回線速度遅いよね。
ユレオ
ユレオ
(;´Д`) 集合住宅の構造上の問題だよね…。うちの場合では通信インフラでこれ以上の速度は出ないか…。

Wi-Fi 6の規格である通信速度を体感するのは難しいですが、同時接続で最大42台まで接続できるという点では恩恵が受けられそうです。

スポンサーリンク

最後に

ここまでお手頃価格で最新のWi-Fi 6に対応したルーター「TP-Link Archer AX53」のレビューについて記事にまとめました。

一般家庭でWi-Fi接続で同時に42台に接続することはほとんどないかと思いますが、「TP-Link Archer AX53」はWi-Fi 6の規格に対応して快適な通信環境が構築できます。

また、本体価格もAmazonで1万円を切る9,000円(2022年4月)と非常にお買い得であり、シンプルにWi-Fi 6の環境を試したい方にとっては導入しやすいと言えます。


●スポンサーリンク


【必見】Amazonで最大2.5%還元されるお得に買い物をする方法

ネット通販最大手のアマゾンで買い物をする際にお得に買い物をする方法をご存知でしょうか?アマゾンで買い物をする際にアマゾンギフトカードにチャージしてから購入すると、最大チャージ金額に対して2.5%分のポイントがたまります。

買い物をされる際に、先にアマゾンギフト券にチャージしてから買い物をした方が、ポイントがたまってお得ですし、好きな写真を入れたギフト券を発行できるなどプレゼントや贈り物としても喜ばれます。

\喜ばれる贈り物・お得な買い物におすすめ/

お得に買い物できるAmazonギフト券公式サイトへ

スポンサーリンク