バイク(Vストローム250)

バイクのペダルを交換するカスタム|Vストローム250にオフロードフットペグを取付けるバイクカスタム

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

私は若い頃にバイクに乗っていましたが、結婚を機会にバイクを手放しました。

しかし最近になり、子育てもひと段落したことから、リターンライダーとしてスズキ(SUZUKI)のVストローム250を購入し、バイクライフを再び楽しんでいます。

Vストローム250はソロキャンプ向きの最高のバイク|レジャーにおすすめスズキの250ccアドベンチャーバイク こんにちはユレオです。 皆さんは運転免許証をお持ちでしょうか? 私が若いころは社会人になったら運転免許証を取得するの...

バイクは車と違って手軽に乗れることから、行きたいところが出来たら気兼ねなく訪れるツーリングが私の新しい趣味として増えました。

また、バイクは様々なカスタムが出来ることから、「バイクを弄る」という趣味も大いに楽しんでいます。

本日はVストローム250のペダルをオフロード風のフットペグに交換するバイクカスタムをご紹介したいと思います。

●スポンサーリンク


本記事の内容

  • Vストローム250のペダルを交換することになった理由
  • ペダルを交換するために必要な道具について。
  • Vストローム250のペダルを交換する手順の解説。

本記事ではVストローム250の純正ペダルからオフロードフットペグに交換するカスタムを写真付きでわかりやすく解説しています。

スポンサーリンク

Vストローム250はどのようなバイクなのか?

私が乗っているスズキ(SUZUKI)Vストローム250の車種は「アドベンチャーツアラー」になり、250ccクラスでは最大の積載量を持つバイクとなっています。

Vストローム250は遊び心があるデザインと低~中速域が強いロングストローク設計のエンジンを搭載しており、標準で以下のようなオプションが付いています。

  • ウインドスクリーン
  • ナックルカバー
  • センタースタンド
  • サイドケースアタッチメント
通りすがりの猫
通りすがりの猫
標準で付いているオプションが豊富なバイクだよね。
ユレオ
ユレオ
(/・ω・)/ そうだよね。アドベンチャーツアラーバイクとしては破格のお得感があるバイクだと思うよ。

Vストローム250の特筆すべき特徴としては、メーカーが発売する純正のトップパニアケースとサイドパニアケースがあり、荷物を多く積載できるような設計になっています。

また、燃費が非常に良くて、リッター30km/h以上は当たり前で、条件が良ければリッター40km/h近くにもなることや、タンクの容量が17ℓと250ccクラスではかなりの容量となっており、ガソリンを満タンにすれば、東京-大阪間を無給油で走ることが出来る等、「旅をするバイク」として非常に優れています。

そして、他のバイクに比べてカスタムパーツが非常に豊富であることや、各オーナーさんが様々なカスタムをしていることから、カスタムが楽しめるバイクとも言えます。

私はバイク以外の趣味としてソロキャンプをしているのですが、Vストローム250にはソロキャンプの為の様々なカスタムを施しています。

Vストローム250の全カスタム|Vストを購入して1年半でカスタムしたか全貌を公開 こんにちはユレオです。 私はリターンライダーとして2020年12月にスズキ(SUZUKI)Vストローム250を購入して、現...

スポンサーリンク

Vストローム250をアドベンチャーツアラーバイクとしてカスタムを施す

私は日を跨ぐような遠出するツーリングに行く際は、ツーリングだけではなく「ソロキャンプ」も楽しむようにしています。

バイクは車に比べてお金が掛からないとは言え、遠出するたびに宿泊費を払っていては、流石に家族からの視線が痛いので、そうした節約を兼ねているとも言えます。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
ソロキャンプだと1泊するのにどれくらいお金が掛かるものなの?
ユレオ
ユレオ
(∩´∀`)∩ まあ、利用するキャンプ場次第だけど、無料キャンプ場を中心に利用しているから、食費や薪代を考えても1500円もあれば1泊できちゃうね。

1泊が1500円ほどで済むことから、4泊5日といった遠方へのツーリングも、財布に非常に優しいと言えます。

このようにバイクに掛かるお金が安く済むことから、バイクのカスタム費用にもお金を回しやすいということもあり、私は様々な個所のバイクカスタムを行っており、もうカスタムをする場所が無いと思っていたのですが、先日未舗装地を走った際に、地面がぬかるんでいたことから、べダルに乗せた足を踏み外して滑るということがあり、ゴムが断裂するトラブルがありました。

乗る際に大きな支障はないですが、ゴムがちぎれたままというのは不格好であること修理することにしました。

修理にあたり、純正ペダルのゴム部分を新品に交換することも考えたのですが、よりアドベンチャーツアラーバイクらしくするために、良い機会なのでペダルをオフロード風のフットペグに交換することにしました。

スポンサーリンク

Vストローム250に取付できるペダルについて

アドベンチャーツアラーバイクには様々な様式美がありますが、一つの方向性として「ワイルド感」があります。

何をもって「ワイルド感」があると判断するかは、それぞれのオーナーさんの美意識になりますが、Vストローム250は「ワイルド感」が増すカスタムパーツが豊富なので、私としては非常にうれしいところです。

今回施すバイクカスタムはバイクのペダル部分であることから、Amazonで「Vストローム250 ペダル」で検索すると様々な適合ペダルが出てきます。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
べダルにも種類があるのかな?
ユレオ
ユレオ
(;´・ω・) ペダルで調べてもステップも一緒に検索されてしまうね。

今回交換するのはあくまでペダル部分なので、適合する中から良さそうなものとして、以下のペダルを選びました。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
金属製で幅が広いペダルだね。
ユレオ
ユレオ
(=゚ω゚)ノ ゴムは付いていないけど、面積が広いから安定して乗れそうだよね。

アルミを切り出した作りで、中華製メーカーのペダルということもお手頃価格です。

ゴムが付いていないので滑るかもしれないという不安はありますが、前回はゴムが付いたステップで滑って踏み外していることから、ゴムの有無よりも面積を重視することにしました。

スポンサーリンク

Vストローム250のペダルをオフロードフットペグに交換する

今回のカスタムはVストローム250の対応品が販売されていたので、Amazonで注文して取り替えるという簡単なカスタムになります。

ユレオ
ユレオ
(=゚ω゚)ノ 対応品が売っていたので探すのがすごく楽だった。

ペダルはアルミ製で非常にシンプルな作りであり、ネジで固定する構造となっています。

ただ、Vストローム250のべダルを交換するカスタム手順を調べていたところ、「ペダルのゴムを止めているネジがとんでもなく硬い」という情報があった為、必要になりそうな工具をしっかりと用意することにしました。

今回のペダルの交換で用意した工具は以下になります。

①:「アネックス インパクトドライバー ネジ取り ビット」

②:「ソケットレンチ」

③:「ボールポイント付き六角棒レンチ」

通りすがりの猫
通りすがりの猫
ところで、金づちは何に使うの?
ユレオ
ユレオ
(=゚ω゚)ノ この金づちはインパクトドライバーを使う時に叩いて使うものになるよ。

ネットで調べた限りだと、ペダルのネジは非常に硬いことから、場合によってはネジが舐めてしまい外せなくなるとのことで、インパクトドライバーを用意して万全の体制で臨むことにしました。

問題の硬いと噂のネジはプラスネジとなっており、普通のドライバーではびくともしません。

その為、ソケットレンチを使ったところ、何とかネジが舐める前に緩めることが出来ました。

ユレオ
ユレオ
(; ・`д・´) うおー、やったぞ!このネジさえ取れれば後は楽勝だわ。

ネジを外しただけではゴムは付いたままなので、くぼみから引っこ抜くように外します。一番問題だと考えてたネジを緩めることが出来たので、後は淡々とペダルを交換していきます。

この時、ネジは元から付いている純正のプラスネジでは届かないことから、ペダルに付属していたネジで締めます。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
ねじ止め剤はどうするの?
ユレオ
ユレオ
(; ・`д・´) 今日のところはねじ止め剤は無しだね。1週間ほど乗ってみて違和感が無かったら、ねじ止め剤を使って固定しようと思うよ。

今回はねじ止め剤は使わず、一旦固定したいと思います。

ペダルの取付はあっという間で、しっかりと固定することが出来ました。

続いて反対側のペダルも同じ要領で交換します。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
シルバーの色調でいい感じだね。
ユレオ
ユレオ
(/・ω・)/ 少しだけつやがあるので色は完全に一致していないけど、見た感じとしては全然違和感がないね。

購入したペダルには何色かカラーがあり、黒の商品にするかシルバーの商品にするかを悩みましたが、シルバーにしてよかったと思います。

スポンサーリンク

最後に

ここまでVストローム250のペダルをオフロード風のフットペグに交換するバイクカスタムをご紹介しました。

Vストローム250のペダル部分のネジは、非常に高いトルクで締め付けられていることから、通常のプラスドライバーでは緩めるのが難しく、しっかりとした工具が無ければネジが舐めてしまう可能性があります。

私は今回インパクトドライバーを用意して臨みましたが、幸いにもそれを使わずに済みました。

https://twitter.com/tamashii_yusa/status/1604355956506517506

さて、肝心のペダルの踏み心地ですが、純正のペダルに比べて面積が広く、安定感が非常にあります。

また、ゴムが付いていないことから滑るかと心配しましたが、雨の日でも問題なく乗れています。

バイクの見た目について、アドベンチャーツアラーバイクらしい「ワイルド感」が増すカスタムなので、気になる方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

●スポンサーリンク


YouTube動画を公開しています!!

リターンライダーとしてスズキ(SUZUKI)Vストローム250を購入してからバイクにハマり、ブログにてバイクカスタムやツーリングの記事を書いてきましたが、この度ツーリング動画を公開するためにYouTubeチャンネル『バイクの旅人』を作りました。

 

ツーリングの楽しさが少しでも伝わるように、素人ながらYouTube動画をアップしていくので、もしよろしければチャンネル登録していただけると励みになります。

\ツーリングの楽しさを伝えたい/

YouTube『バイクの旅人』チャンネルはこちら

スポンサーリンク