断酒

お酒は体に良いの?悪いの?|健康状態でお酒の良し悪しが変わる面白い研究結果の紹介

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

私は今から5年ほど前に断酒をすることを決意してから本日までお酒を一切飲んでおらず、今ではすっかりお酒と縁のない生活を送っています。

お酒をきっぱりとやめるに至った経緯について、こちらの記事で触れています。

お酒をやめると人生が変わる!断酒を5年続けてわかったお酒を飲まない生活のメリット こんにちはユレオです。 当ブログを読まれる方のうち、成人している方はどれくらいの割合なのかわかりませんが、読者の多くがお酒...

断酒を始めて以降はアルコールを口にしない生活を送っているのですが、お酒から距離を取ることで、お酒にまつわる情報について冷静に見ることができるようになりました。

そんな中、2021年7月27日に学術誌『BMC Medicine』に掲載された「心血管疾患(CVD)患者は1日ビール1本程度に抑えることでより健康的に過ごせる」という研究結果が大変興味深いものだったのでご紹介したいと思います。

●スポンサーリンク


本記事の内容

  • 心血管疾患はお酒をやめる必要がない?
  • 心血管疾患に関するお酒の有効性の研究結果について。
  • 私がお酒をやめる為に行ったことの紹介。

この記事では学術誌『BMC Medicine』で発表された研究結果についてと、私のお酒に対する考えを記事にまとめています。

スポンサーリンク

1日1本のビールが心血管病患者の死亡リスクを低下させるのか?

以前よりお酒は身体に良い/悪いといういうことで論争になっていますが、近年の研究では飲酒しないことが最も健康を保つという結果が出ており、適量な飲酒が健康を維持する最適なものではないことが知られるようになりました。

お酒に適量は無いのか?イギリスの研究機関が行った脳へのアルコールの影響について こんにちはユレオです。 私は5年ほど前に断酒を始めて本日まで継続しており、今ではお酒を全く飲まない生活を送っています。 ...

しかし、2021年7月27日に学術誌『BMC Medicine』で発表された研究結果について、日本語に翻訳されたサイトでの見出しが「1日1本のビールが心血管病患者の死亡リスクを低下させるという研究」となっていました。

(;゚Д゚) えっ!何この研究結果?本当かよ…?

この見出しを見ると「適量のお酒を飲むことは健康に良い」と思わせる内容であったため、にわかに信じられない為、内容を詳しく読み解くことにしました。

内容を良く読めばミスリードの見出しだった

私は日本語に翻訳されたサイトの情報ではなく、ソースとなっている学術誌『BMC Medicine』研究結果を読み解いたところ、日本語で紹介した記事の見出しがミスリードを誘うものである事が分かりました。

内容をこの場で簡単に紹介すると、以下の研究結果である事が分かりました。

  • 心血管疾患患者の男女48,423人を対象に調査を行った。
  • 心血管疾患患者は週に105gまでのアルコール摂取をすることで再発・死亡リスクを低下が期待できる。
  • 心血管疾患患者は再発予防のために、現在の飲酒習慣をやめる必要がないかもしれない。
  • この研究結果は心血管疾患患者に対しての話であり、健常者は飲酒をする事で癌などの他の病気を招く恐れがある為、飲酒しない方に飲酒を勧めるべき内容ではない。

(`・ω・´) なるほど…心臓疾患患者に限ってのお話しなのね。

Google翻訳を駆使して読み解いた限りでは「お酒は身体に良いよ!」というような内容ではなく、「心血管疾患患者」に限っての研究結果である事が分かりました。

日本語で紹介したサイトは間違いではないが…

学術誌『BMC Medicine』で発表された研究結果を紹介していた日本語サイトでは、見出しが「1日1本のビールが心血管病患者の死亡リスクを低下させるという研究」となっていました。

これは見出しの内容として間違いではないですが、誤解を招きかねない内容と言えます。

しっかりと紹介した記事や元の研究結果のソースを読めば「心血管疾患患者に限った」お話しであることが書かれており、特に心血管病患者ではない方は気にする必要が無い内容です。

見出しだけ見ると誤解を招きそうでしたが、記事には間違った内容が書かれていたわけではありませんでした。

この研究結果では心血管病患者の方で「健康の為にお酒をやめないといけない。」と考えている方にとっては酒量をコントロールすることで病気の再発を防止する可能性があるという内容なので、見出しとしては「研究の結果、心血管病患者の方は無理にお酒をやめる必要が無いのかもしれない。」というのが誤解を生まないのでは思った次第です。

スポンサーリンク

私がお酒をやめた理由について

ここまで学術誌『BMC Medicine』で発表された研究結果についてご紹介しましたが、この研究結果にも書かれているように、健常者は飲酒をする事で癌などの他の病気を招く恐れがある為、健康のことを考えると飲酒をしないに越したことはありません。

以下の研究レポートでも脳に安全な量のアルコールは見つからず、適度な飲酒として認識されていた飲酒量であっても脳への悪影響があることが分かり、飲酒ガイドラインを再検討する必要があると警笛を鳴らす内容となっています。

また逆に少量でも飲酒をすることで以下のような健康問題が出ることがわかってきました。

  • 癌(悪性腫瘍)は飲酒によって発症率が高くなり、特に「口腔癌・喉頭癌・食道癌」などの発症率と飲酒量は相関関係が高い。
  • 飲酒量が多いほど脳卒中の発症率が高まる。
  • 飲酒量が増えることで心筋梗塞の発症率が高く、飲酒量が少ないほど低下する。
  • 大量飲酒者の自殺率が高く、酒を全く飲まない人は自殺率が低い。

私はこれらのことをお酒を飲んでいた時に目にしたとしても気にしなかったのですが、5年前に仕事が忙しく精神的な疲れもあって不眠症になり、睡眠薬を飲むことからお酒を止めたところ、アルコールの禁断症状が出たことで考えが変わりました。

アルコール依存症など私には縁のない病気だと思っていたのですが、実際に自分の身体に禁断症状が出たことでお酒に対する付き合い方を考えるきっかけになり、結果的にお酒をやめる決断をしたわけです。

スポンサーリンク

私は5年前に断酒するためにアルコール外来に通院した

ただ、お酒はやめようと思って簡単にやめられるものではありません。

私は20代の頃から毎晩晩酌で缶ビールを2~3本缶程度飲む生活を送ってきたこともあり、お酒を我慢するという事に強いストレスを感じました。

しかし、アルコールの禁断症状が出たことで心身がアルコールに依存していることに気が付き、お酒の依存性に恐怖を感じたわけです。

このことがきっかけでアルコール依存症にまつわる書籍を読んだり、webサイトで調べたりしたことで、アルコールに依存することの怖さやお酒で生じる問題について理解が深まり、思い切ってアルコール外来に通って医者に相談することにしました。

医者に相談したところ、お酒をやめるため断酒薬を処方してもらったのですが、昔から抗酒剤である「シアナマイド」や「ノックビン」ではなく、新しい断酒の為の薬である「レグテクト」を処方してもらいました。 

f:id:soul-vibration:20180228195934j:plain

【レグテクトとは】
レグテクトの有効成分であるアカンプロサートは脳に作用し、アルコールに対する欲求を抑える効果があるとされています。
アルコール依存症の場合は、飲酒によってグルタミン酸作動性神経活動が活発になります。
そして興奮状態をもたらすグルタミン酸が減少してくると、強い飲酒欲求を感じます。
ところがアカンプロサートは、グルタミン酸作動性神経の働きを抑制する作用があります。
そのためレグテクトを服用すると脳が興奮を覚えなくなり、飲酒に対する欲求も抑制されるのです。
脳神経の興奮が抑えられるため断酒を維持しやすくなる効果が期待できます。

引用元:レグテクト

このレグテクトという断酒薬の特徴は「飲酒欲求を抑える」効能があり、「お酒を飲みたい」と思う気分を抑えてくれます。

またレグテクトの優れた点として、下の写真のこのような錠剤で持ち運びしやすく飲みやすいという点があります。

f:id:soul-vibration:20170613211442j:plain

レグテクトはシアナマイドやノックビンの抗酒剤のような身体的な影響が無い為、お酒を飲んだとしてもアルコールの分解が阻害されることは無く苦痛を味わうことはありません。

そのため身体的な抑止力が働かないので為、「お酒をやめる」と強い意志を持っていない人には全く効果が無い薬ですが、お酒を自身でやめたいと考えている方には体への負担が少なく、私は自然にお酒から距離を置くことが出来ました。

飲酒欲求を抑える断酒の薬「レグテクト」はどこで購入できるのか

f:id:soul-vibration:20171011095202j:plain

この断酒薬であるレグテクトですが、街のドラッグストアでは売っておらず、アルコール外来に行って処方してもらうか、個人輸入で購入するといった方法で手に入れることができます。

私はレグテクトをアルコール依存症の専門医療機関の専門医に処方を受けて病院で処方してもらいました。


流れとしては病院のアルコール依存症専門外来に行き「断酒したいのでレグテクトください」と言えば処方してもらえますが、医師の診断の結果が「レグテクト」が最適でないと判断した場合はその限りではありません。

先ほどもお話しましたが、「レグテクト」は本人の断酒の意思が無いと効果が薄いからです。

私は自らアルコール依存症専門外来に行って診察を受けたこともあり、医者が「自分の意思でアルコール依存症専門外来に来られるというのは大変珍しい」とおっしゃっていました。

飲酒欲求を抑えて断酒に役立つ薬、「レグテクト」のお値段は?

f:id:soul-vibration:20171011095305j:plain
断酒薬であるレグテクトですが、2013年から日本で発売されるようになった比較的新しい薬ということもあるのか、「新薬(先発医薬品)」はお値段がそこそこします。

私が病院にて処方してもらった際には、健康保険を適用して9,500円ほどの自己負担になりました。

初診診察料(3,500円) + 1ヶ月分のレグテクト(6,000円) = 9,500円

薬代だけでいうと自己負担が1日200円で、保険が効かなかったら1日600円といったところでかなり高額です。

私は1ヶ月分処方してもらいましたが、処方された薬が「新薬(先発医薬品)」であったため、かなり高めのお値段でしたが、これを飲むことで酒をやめられると思えば安いものと考えました。

飲酒欲求を抑える薬「レグテクト」を飲んでみた感想

f:id:soul-vibration:20181024204238j:plain

レグテクトを飲んだ感想は、素直に飲酒欲求がなくなる感覚があり薬の効果は感じられました。

「レグテクト」を飲むと今まで飲酒欲求が湧いてた状況、例えば仕事を終えて家についていつもなら晩酌したいと思う状況で不思議と飲酒欲求が湧かなくなりました。

もちろん飲酒欲求が湧かないだけで飲むこともできるのですが、「お酒を飲む理由がない」という気持ちになります。

分かりやすく”飲酒欲求”を”食欲”に例えると以下のような感じです。

空腹時は「食べたい!」と思うが、満腹時は「食べたい!」と思わないのと同じで、レグテクトを飲むとお酒を目の前にしても「飲みたい!」と思う気分が湧きあがらず、飲酒欲求が抑えられる。

ただ、これは私がレグテクトを飲んで個人的にそう感じたことで、万人がそう感じるかはわかりませんが、私はレグテクトの効果と恩恵を体感することが出来ました。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)で「レグテクト」を安く手に入れる方法

f:id:soul-vibration:20181021201124j:plain

私はアルコール依存症の専門医療機関に通院後レグテクトを1か月分処方してもらいましたが、病院で処方してもらう薬は保険が利くとはいえ「新薬(先発医薬品)」で非常に高価であったことや、診察料もかかる為、2回目以降は購入代理店でレグテクトを手に入れました。

日本では珍しい一部のサプリメントや健康食品を購入代理店で購入できるのは知っていましたが、アルコール依存症の治療薬であるレグテクトも購入できるのを知り驚きました。

購入代理店での値段は「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」である為安く購入できたことや、飲み比べても差はなくて飲酒要求が強いときに飲むことで飲みたい気持ちを抑えることが出来ました。

ただ、こちらは健康保険が適用されないので、全額負担になりますが、診察料やアルコール依存症の専門医療機関への通院のことを考えると楽で、私は初診以降は購入代理店を利用して購入しました。

私が使った購入代理店はレグテクトをまとめ購入すれば割引になるので、長期で断酒をしたいという方や、一度試しに使ってみたいという方には少量から購入できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

最後に

ここまで学術誌『BMC Medicine』に掲載された研究結果や私が5年近く断酒を続けている経緯をお話ししてきました。

依存性がある食べ物や飲み物はいくつかありますが、お酒はそれらの中でも依存性が高く、習慣的に摂取してきた方にとっては、やめようと思ってやめられるものではありません。

また、急にお酒をやめる事で体調を崩すこともあります。

【断酒でうつ病になった時の対策】”断酒うつ”の症状と回復までの道のり【離脱後症候群】◆お酒を止める薬レグテクト"を使った感想|飲酒欲求を抑える効果と特徴 ◆酒の代わりに飲むおすすめの炭酸水!断酒や禁酒の苦しみを和らげる...

お酒と上手く付き合える方は無理にお酒をやめる必要は無いかと思いますが、健康や生活に支障が出るようあればお酒は控えた方が良いかと思います。

この記事を読んだことで一度お酒について考え方を改めるきっかけになればと思います。

●スポンサーリンク


お酒をやめいたいが、どうしてもやめられない方へ

断酒を始めた頃、私はお酒を辞めたいという強い意志でアルコール外来に足を運び、医者に相談して断酒の為の薬である「シアナマイド」や「ノックビン」を処方してほしいと伝えました。

シアナマイドやノックビンは、服用することでアルコールが苦手な人と同じようにお酒を受け付けない生体反応を起こす「抗酒剤」と呼ばれるもので有名で、お酒を本気で辞めたいという方は、勇気を出してアルコール外来に通院して、医師に断酒の意思を伝えて抗酒剤を処方してもらうことをお勧めします。

私は当時、抗酒剤として「レグテクト」を選択しましたが、抗酒剤として有名な「ノックビン」は個人でも購入することが出来ます。

健康保険が適用されないので、全額負担になりますが、アルコール依存症の専門医療機関への通院が難しいという方で、どうしてもお酒をやめたいという方には有用な手段と言えます。

スポンサーリンク