心理・ライフハック

後悔せずに人生を送る方法|後悔の念を抱えず執着せずに幸せに生きるにはどうすればよいか

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20180417223353j:plain

こんにちはユレオです。

人生では様々な判断を必要として、毎日のように選択を迫られることはあるかと思います。

あなたは後悔のない人生を送っていますか?毎日最適解の選択をしていますか?

選択と言っても「晩御飯をラーメンにする?パスタにする?」といった些細な判断から、「転職をする?しない?」といった重大な判断まで様々あります。

ゲームのようにセーブポイントでセーブしてから判断を行うという事が出来たらいいのに……

そんな事を考えたことはないですか?

自分の行動選択が正しかったかどうかというのは結果が出なければ善し悪しもわかりませんし、そもそも「結果」というものが出ない事もあります。

そして、「結果」が出たとしても短期的で見たり長期的に見たりするだけで捉え方が変わります。

あなたの判断は正しかったですが?それとも間違っていましたか?

そもそも人はなぜ後悔するのでしょうか。

自分が望む結果が出なかったから?予想していた事態にならなかったから?

本日は誰もが持つ感情である「後悔」についてお話したいと思います。

「後悔」とは一体何なのか?

f:id:soul-vibration:20180417223519j:plain

そもそも「後悔」というものはどういったものなのでしょうか?

説明するまでもないようなお話ですが、「後悔」は見ることも出来なければ触ることも出来ません。

「後悔」というのは物質ではなくて実体の無い「感情」であり、自分自身にしか認識出来ないものです。

また、自分の持つ「後悔の念」は感情である為、自分自身のみに影響するもので、他人に影響を与えるものではありません。

そして、過去よりも現在の方が「良くない」状況になった時に感じる感情で、後悔するという事は過去の状況から現在の状況に変化した事での「過去と現在の比較」により生まれます。

ここまでお話するとお分かりだと思いますが、「後悔」という感情は「時間」という不変的なものと密接に絡んでいます。

スポンサーリンク

タイムマシンがあれば人は後悔しなくなるのか?

f:id:soul-vibration:20180417223558j:plain

世の中の多くの小説や映画には様々なテーマがありますが、その中でも人気のあるテーマの一つとして「タイムマシン」があります。

「タイムマシンとは」

タイムマシンは、サイエンス・フィクションなどのフィクション作品で、タイムトラベルをするための道具として登場する。ストーリーの鍵となったり、作品中で小道具・大道具として利用されることもある。

一般には1895年にH・G・ウェルズが発表した作品The Time Machine『タイム・マシン』に登場したタイムマシンが人々に広く知られることになり、様々な作品に影響を与えた。この作品のタイムマシンは過去にも未来に行くことが可能で、時間を移動するが場所は移動しない、という設定になっていた。またウェルズはアマチュア時代の1888年にも時間を移動する機械が登場する「時の探検家たち」という作品を書いている。 H.Gウェルズの作品は、何度も映画化された。

H.Gウェルズの作品以来、様々な小説でタイムマシンが登場している。またそうした作品の中には映像化されているものも多数ある。

引用元:タイムマシン – Wikipedia

タイムマシンが登場する小説や映画では、主人公がタイムマシンを使って過去を変える内容が多く、現在起きている不遇な状況を改善しようとします。

しかしながら現実にはタイムマシンは無く、こうした「過去をやり直す」ということは小説や映画のお話にすぎません。

結局のところ人は時の流れに抗うことはできず、人生においてなにかを選択をする度に大なり小なりの「後悔」を生み続けます。

ではタイムマシンがあれば本当に人は後悔しなくなるのでしょうか?

人はどんな状況でも感情を持つ生き物である

f:id:soul-vibration:20180417223709j:plain

人は感情を持つ生き物で、感情は生きていくうえで無視できないものです。

感情は人が生きるために必要なものであり、感情に沿って身体をコントロールし、四六時中生み続けます。

感情には様々なものがありますが、先ほど申した通り「後悔」もその一つです。

人は満たされたとしても次々と求める「欲」というものがあり、仮にタイムマシンがあって過去を書き換え続けたとしても、きっと「後悔」は生まれ続けるでしょう。

金持ちになっても不満が無くならないのと同じで、人の欲望には切りが無く、後悔もきっと同じで、どんなに恵まれた状況でも生きている限り無くなることはありません。

スポンサーリンク

感情は生まれ続けるものであり「後悔」も無くす事も出来ない

f:id:soul-vibration:20180417223828j:plain

結局のところ、人は感情の生き物である以上、「後悔」という感情も生きていくうえで無くすことはできません。

ただ、「後悔」という感情を感じた後に、人は取るべき対応次第で「後悔の念」を感じ続けることなく人生を送ることが出来ます。

取るべき対応とは非常に簡単なことで「執着」しないということです。

執着しないというのは一見難しそうに思うかもしれませんが、以下のようにとらえることが出来れば簡単に納得できるはずです。

あなたは「現在」に生きており、既に過ぎ去った「過去」の出来事は変えることが出来ません。

そもそも「出来ないことを」やろうとすることは無駄だと思いませんか?

言うなれば、「時間の理」という宇宙の原則ともいえる現象に抗うことを無駄だと思いませんか?

あなたが今できることはこれから起きることを予測して「現在」で最適と思う判断をすることであり、そしてそれが最適な生き方です。

その結果どのようになったとしても、それは最適解に違いありません。

何故なら「その解」以外に存在しないのですから。

スポンサーリンク

最後に

f:id:soul-vibration:20180408090310j:plain

ここまで誰もが持つ感情である「後悔」についてお話ししてきました。

誰もが「後悔の念」を感じ続けることなく生きて行くことが出来れば良いのですが、人である以上、湧き上がる感情を抑えることはできません。

しかしながら「後悔」を感じたとしても「執着」することが無ければ心穏やかに生きていくことが出来ます。

人は時間の流れに逆らうことは出来ず、そして生まれる感情を押さえつけることもできません。

しかし、いつまでも執着し続けるということが無駄であると気付くことが出来れば、人生において心穏やかに生きていくことが出来ます。

人生の選択というのは全てが最高の選択であり、それ以外のものは存在しません。

存在しないものを求めるというのは愚の骨頂であり、人生において誤った選択というものはそもそも存在しないわけです。

そしていつも「今この瞬間」をしっかりと意識して生きていくことが何においても最良の判断を生むことになるわけです。

スポンサーリンク