断酒

断酒を始めたが寝付けなくなりスリップして失敗してしまったお話

スポンサーリンク


f:id:soul-vibration:20170606202435j:plain

 

ユレオの断酒は2017年6月現在も無事に続いてますが、一度大きな挫折がありました。

不眠症で断酒を始めたらアルコール依存症に片足を突っ込んでいたことに気がついた◆お酒を止める薬レグテクト"を使った感想|飲酒欲求を抑える効果と特徴 ◆酒の代わりに飲むおすすめの炭酸水!断酒や禁酒の苦しみを和らげる...

不眠症で睡眠薬を飲んでいるにも関わらず全然眠れない。
睡眠薬を飲んでも眠れないから、寝る為にオーバードーズ(*)をすると、
(*所定量以上の薬を一度に飲む)
翌日体調を崩すといったことが続きました。

 

  こんな苦しいのなら酒飲んだ方がまし・・・・ そうだ酒を飲もう~♪

 

こんな歌が頭の中から聞こえてきます。
自分の意志と脳が分離した感じです。脳がアルコールを渇望してるわけですが、
当時はそれをうまく理解できず、薬で気がおかしくなったのかと思いました。

 

悪魔のささやき

そしてとうとう 「寝る為だし、健康のために酒を飲もう」・・・
そんな都合のいい解釈でスリップ(*)しました。
(*スリップとは飲酒して断酒を失敗したこと)

 

一度スリップしたらあとは落ちるのは一瞬でした。
そんなわけで、最初の本格的な断酒チャレンジは1ヶ月くらいで挫折しました。
で、その後しばらくは寝つきが良くなったのですが、
2.3週間すると再び不眠症になりました。
そして酒量もほぼ戻ってしまいました。

 

スポンサーリンク

元に戻ってしまった

さあ、困ったぞ!たいへん参った!!
スリップしてから2か月後まで不眠症とアルコールに依存していることの自責の念で、

お酒をやめいたいが、どうしてもやめられない方へ

断酒を始めた頃、私はお酒を辞めたいという強い意志でアルコール外来に足を運び、医者に相談して断酒の為の薬である「シアナマイド」や「ノックビン」を処方してほしいと伝えました。

シアナマイドやノックビンは、服用することでアルコールが苦手な人と同じようにお酒を受け付けない生体反応を起こす「抗酒剤」と呼ばれるもので有名で、お酒を本気で辞めたいという方は、勇気を出してアルコール外来に通院して、医師に断酒の意思を伝えて抗酒剤を処方してもらうことをお勧めします。

私は当時、抗酒剤として「レグテクト」を選択しましたが、抗酒剤として有名な「ノックビン」は個人でも購入することが出来ます。

健康保険が適用されないので、全額負担になりますが、アルコール依存症の専門医療機関への通院が難しいという方で、どうしてもお酒をやめたいという方には有用な手段と言えます。

スポンサーリンク