バイク(Vストローム250)

デイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードの取付方法を詳しく解説【V-Strom250カスタム】

スポンサーリンク



こんにちはユレオです。

私は昨年「登山」「ソロキャンプ」「釣り」といったアウトドアの趣味を再開するために荷物を運べる移動手段としてスズキ(SUZUKI)のVストローム250を購入しました。

Vストローム250はソロキャンプ向きの最高のバイク|レジャーにおすすめスズキの250ccアドベンチャーバイク こんにちはユレオです。 皆さんは運転免許証をお持ちでしょうか? 私が若いころは社会人になったら運転免許証を取得するの...

20年ぶりに慣れないバイクに乗るリターンライダーであることや、バイクに荷物を積載することから転倒の恐れがあるため、バイクの保護や安全性を考えて様々な装備を取り付けています。

そうした車体の保護や安全性考慮したカスタムパーツの一つに「エンジンガード」があるのですが、この度車体の整備のため一時的に取り外したため、備忘録もかねてデイトナ(Daytona)Vストローム250専用エンジンガードの取付手順や、取付の際に気を付ける点を記事にまとめました。

●スポンサーリンク


本記事の内容

  • エンジンガードが果たす役割について。
  • 各メーカーのVストローム250用エンジンガードについて。
  • デイトナ Vストローム250エンジンガードの取付を解説。

本記事ではデイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードの取付方法について写真を多数使って詳しく説明しています。

スポンサーリンク

エンジンガードはバイクの転倒から車体を守るカスタムパーツ

わざわざ言うまでもないですが、バイクは車と違って2輪で走行する乗り物であるため、不安定で転倒する恐れがある乗り物です。

そして多くのバイクはエンジンがむき出しになっており、事故の際に損傷する恐れがあるため、車に比べると些細な事故でも車体に大きなダメージを負います。

エンジンは重要な部品であり壊れたらほぼ廃車になることから、エンジンは保護すべき重要なパーツで「エンジンガード」や「エンジンスライダー」と呼ばれる各種カスタムパーツが存在します。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
Vストローム250専用なんだ…汎用的なのは無いの?
ユレオ
ユレオ
(・∀・) バイクの形状はそれぞれ異なるからエンジンガードは基本的に専用品になっているね。

幸いなことにVストローム250は人気車種ということもあり、各メーカーから様々なエンジンガードが販売されています。

ただ、これらのほとんどが海外製で、特に中国メーカーのエンジンガードは精度が低く、せっかく購入したのに形が合わなくて取り付けができないということも珍しくはありません。

スポンサーリンク

種類は少ないが日本メーカーのVストローム250用エンジンガードもある

ただ、種類は少ないですが、日本メーカーもVストローム250用エンジンガードを販売しています。

私が知る限りでは以下の商品が存在します。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
海外製に比べると迫力がないね?派手さが無いというか…。
ユレオ
ユレオ
(´・ω・) エンジンガードは重いパーツだから機能性を第一に考えるとこういうデザインになるんだろうね。

中華製のエンジンガードは見た目の派手ですが、非常に重いので走行性能に影響が出ます。

とはいえ見た目のごつさと派手さを優先する方も多く、Vストローム250のオーナーは結構中華メーカーのエンジンガードを取り付けています。

ただ、これらの中国メーカーのエンジンガードはバイクショップでは取り扱っていないため、基本的には個人で購入して自己責任での取り付けになります。

私はエンジンガードを自分で取り付けるのに不安があることや、重いと運転が難しくなるという理由でVストローム250の購入時に日本メーカーであるデイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードをバイクショップに取り付けてもらい納品を受けました。

スポンサーリンク

デイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードの特徴

私はバイクの購入時から1年近くデイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードを使っています。

このエンジンガードを外して中華メーカーのごついエンジンガードを取り付けようとしたこともありましたが、運転がしづらくなり結局デイトナ(Daytona)のエンジンガードに戻した経緯があります。

ユレオ
ユレオ
(; ・`д・´) 多分「走行性能を損なわない」という意味では一番よくできたVストローム250用エンジンガードだと思う。

デイトナ(Daytona)Vストローム250用エンジンガードは以下のような特徴を持っています。

  • スチールパイプ製の強固な作り。
  • 立ちゴケ等の軽度な転倒に対しエンジンやカウルのダメージを軽減する。
  • パイプは直径は25.4cmでアクションカメラなどの装着も可能。
  • リダクションスライダーが標準装備。
  • 他社のエンジンガードに比べて圧倒的に軽い。
  • 安心の日本製で取付時に困ることが無い。
  • 上下でエンジンガードが分かれており、下半分だけ装着ということが可能。
  • 価格はAmazonで下が17,310円、上が12,956円(2021年11月)

上下を付けるとなると3万円近くになりますが、下半分だけ取り付けるということもできるので、目的に合わせてカスタムできるのが良いです。

何より日本メーカーの製品であることから取付時に困ることは無く、構造がシンプルなので素人でもしっかりとした工具さえあれば簡単に取り付けが可能です。

スポンサーリンク

デイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードの取り付け方を解説

では早速デイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードの取付手順を解説したいと思います。

今回エンジンガードの取付に使用する工具はこちらです。

①:「コンビネーションレンチ」

②:「ソケットレンチ」

③:「ボールポイント付き六角棒レンチ」

④:「ペンチ」

⑤:「ゴムハンマー」

「ペンチ」と「ゴムハンマー」はエンジンハンガーボルトが固くて抜けないというときに使うものなので別のもので代用しても問題ありません。

では早速デイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードを取り付けていきたいと思います。

まずは作業がしやすいようにセンタースタンドを使用してVストローム250を立てて、エンジンハンガーボルト(2本)とアンダーガードを取り付けている後ろ側のボルト(左右で2本)を外します。

エンジンハンガーボルトは非常に高いトルクで固定されているのでしっかりとした工具でなければ取り外しが難しいです。

また手前にあるエキパイが邪魔になるため、エクステンションが付いたトルクレンチなどが必要になってきます。

エンジンハンガーボルトはボルトを外しても簡単には抜けないこともあるので、必要であればペンチでつまんで引き抜いたりゴムハンマーで叩いて押し出したりする必要があります。

私は工具がそろっていたのでそれほど苦労することなくボルトを外すことができました。

エンジンハンガーボルトの純正ナットは後から使うので無くさないようにしてください。

続いてエンジンガードLを装着します。エンジンガードLは非常に差し込みにくいのでマニュアルに書かれているようにパイプを避けながら差し込みます。

ユレオ
ユレオ
(;´・ω・) これは初見殺しだなー エンジンに傷をやらないように慎重やらないとね。

エンジンガードLの差し込みがちょっと難しいですが、ひねりながら入れれば干渉せずに差し込むことができます。


続いてエンジンガードLをとりあえず外れないようにアンダーガードに仮止めします。この時に使用するネジはデイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードに付属しているキャップスクリュを使用します。


続いてエンジンガードRも同様に仮止めします。


いよいよエンジンへの取り付けですが、付属のキャップスクリュを平ワッシャーとカラーをはさみながら差し込んでいきます。


それぞれのパーツの差し込み順番はマニュアルに書かれています。


それぞれのパーツを使って差し込んだらこのようになります。


続いてキャップスクリュの反対側にナットを取り付けます。

ユレオ
ユレオ
(´Д`) ここで先ほど外したエンジンハンガーボルトの純正ナットを使うよ。


ナットを取り付けたらコンビネーションレンチと六角坊レンチを使ってしっかりと締め上げます。


最後に仮止めしていた左右のアンダーガードのキャップスクリュを締め上げます。


以上でデイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードの取付が完了となります。

作業時間としては20分程度で、取付工程も少なく素人でも比較的簡単に取り付けることができます。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
バイク屋に取付を依頼するといくらかかるの?
ユレオ
ユレオ
(´・ω・) バイク屋に聞いたら持ち込みで取付となると15,000円かかると言われたわ。

工具をそろえることを考えるとバイク屋に依頼する選択もありますが、長くバイクを乗るのであれば自分である程度はいじれるようになっておくほうが何かと良いです。

スポンサーリンク

YouTubeチャンネルでVスト動画を公開しています

Vストローム250でのツーリングやバイクカスタムの記録を残すために、YouTubeチャンネル「バイクの旅人」を立ち上げました。

 

このチャンネルではツーリングの楽しさやバイクのカスタムなどの動画を公開しています。

Vストローム250にデイトナ(Daytona)Vストローム250専用エンジンガードを取り付けるカスタムについて動画を公開しました。

Vストローム250にエンジンガードを付けることになった経緯や、デイトナ(Daytona)Vストローム250専用エンジンガードの取付手順などを動画にまとめています。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
エンジンガードってバイク屋に依頼しなくても付けられるものなんだね。
ユレオ
ユレオ
(*´ω`) 道具がそろっていれば案外何とかなるよ。特にデイトナ製のエンジンガードは簡単に取り付けできるね。

YouTubeチャンネルを頑張って運営しておりますので、ご覧いただけると嬉しいです。

YouTube『バイクの旅人』チャンネルはこちら

最後に

ここまでデイトナ(Daytona)Vストローム250専用エンジンガードの取付手順や、取付の際に気を付ける点をお話してきました。

私はデイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードの下半分しか取り付けていませんが、上半分の取付も同じような手順を踏めば個人で取付できます。

デイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードは非常に軽量かつスリムなので走行性能に影響が少なく、立ちゴケ等の軽度な転倒に対しエンジンやカウルのダメージを軽減してくれます。

エンジンガードは車体を守るためにも重要な役割を果たすので、まだ取り付けていない方は是非お勧めするカスタムパーツです。

デイトナ(Daytona)Vストローム250エンジンガードを検討しているが取り付けられるか不安…という方は、ぜひ当記事をご参照ください。

スポンサーリンク

●スポンサーリンク


YouTube動画を公開しています!!

リターンライダーとしてスズキ(SUZUKI)Vストローム250を購入してからバイクにハマり、ブログにてバイクカスタムやツーリングの記事を書いてきましたが、この度ツーリング動画を公開するためにYouTubeチャンネル『バイクの旅人』を作りました。

 

ツーリングの楽しさが少しでも伝わるように、素人ながらYouTube動画をアップしていくので、もしよろしければチャンネル登録していただけると励みになります。

\ツーリングの楽しさを伝えたい/

YouTube『バイクの旅人』チャンネルはこちら

スポンサーリンク