バイク(Vストローム250)

Vストローム250の12ヶ月点検整備費用はいくらかかるの?1年で15,000km走ったバイクの整備費用を公開

スポンサーリンク


こんにちはユレオです。

私は2020年12月にスズキ(SUZUKI)Vストローム250を新車で購入して約1年ほどで15,000kmを走りました。

私は20年ぶりにバイクに跨るリターンライダーなので15,000kmというのは結構乗っている方だと思います。

私はいくつかの趣味を持っていますがバイクは久しぶりにハマった趣味であり、時間があればバイクで遠出したりカスタムをして楽しんでいます。

先日Vストローム250を購入したバイク屋から1年の法令点検のお知らせのはがきが届いた為、バイクの点検整備に出しました。

本日は私のスズキ(SUZUKI)のVストローム250の1年点検整備費用についてと、1年でバイクがどのように変わったのかについてお話ししたいと思います。

●スポンサーリンク


本記事の内容

  • 12ヶ月点検は法的に必要なのか?
  • 12ヶ月点検で必要な費用について。
  • 私のVストローム250が1年でどのように変わったかを紹介。

本記事では12ヶ月点検でかかる必要に付いてと、私のVストローム250が1年でどう変わったかを記事にまとめています。

スポンサーリンク

250cc以下のバイクには12カ月点検が必要なの?

f:id:soul-vibration:20171009171826j:plain

バイクには排気量による区分がありますが、250cc以下のバイクは「車検」を必要としません。

250cc以下のバイクは車検が無いので維持費が安く済ませられるのでユーザーから見れば非常にうれしいのですが、その分自己責任において定期的な点検が必要となり、点検をおろそかにすると走行時のトラブルを招いたり、車体の寿命を縮めることになります。

バイクを新車で購入した場合、もれなく11カ月目を迎えるあたりでバイク購入店から「12カ月点検のご案内」というような連絡が来ます。

この「12ヶ月点検」は法的には必要なものではありませんが、不具合を放置したまま乗っていると事故のリスクが上がってしまいます。

また、バイクには「ブレーキパッド」「タイヤ」「エンジン関連パーツ」「ラジエター液」といった様々な消耗品がある為、そうしためったに交換しない消耗品を交換するには丁度良い時期と言えます。

スポンサーリンク

私のVストローム250は15,000km走り12ヶ月点検に出した


引用元:https://www1.suzuki.co.jp/motor/lineup/dl250rlzm1/

私はVストローム250を購入後は通勤などには使用せず、もっぱらツーリングやソロキャンプなどの遠出で使用しています。

そんな週末ライダーの私ですが、なんだかんだと走行距離が伸びて1年間で15,000kmほど走りました。

通りすがりの猫
通りすがりの猫
1万5千キロ!1ヶ月で1000km以上走るって結構すごいね。
ユレオ
ユレオ
(;´・ω・) 自分でもびっくり。これだけバイクにハマるとは思ってなかったわ…

そんなわけでVストローム250を購入してから11カ月目に入ったタイミングでバイクの購入店から「12カ月点検のご案内ハガキ」が届きました。

オイル交換やオイルフィルターは走行距離に応じて交換はしていたのですが、「ブレーキパッド」「エアフィルター」「プラグ」といった消耗品はこれまで一度も交換したことはありません。

そうした消耗品やバイクの状態を見てもらうためにバイク屋に持ち込むことにしました。

スポンサーリンク

12ヶ月点検の必要は25,850円だった

早速バイク屋に12ヶ月点検の予約を入れたところ、半日ほど預けるだけで点検が終わるとのことで、早朝に点検に出して夕方に受け取ることになりました。

12ヶ月点検でかかった費用は税込みで25,850円となり、その内訳は以下になります。

軽二輪法廷1年点検整備一式12,000円
スパークプラグ交換(2本)1,400円
エアクリーナーエレメントの状態点検(交換)1,600円
後輪ディスクパッドの交換、ピストン廻りの清掃、グリスアップ8,500円
消費税2,350円
合計25,850円

その他バッテリーの点検では充電を行ったが費用などはかからず、タイヤの空気圧調整や異物・摩耗・亀裂点検では特に問題はなくて費用も発生しませんでした。

もしバイクの状態が全然問題が無い状態であれば「軽二輪法廷1年点検整備一式」と「消費税」の13,200円ということになります。

とはいえ、ブレーキパッドはなかなか確認する機会がないし、プロの目線で見てもらうのが安心なので、私の場合は必要な個所は全部交換してもらうことにしました。

また、バイク屋からは現状のVストローム250の状態を見ていくつかコメントを頂きました。

  • フロントタイヤはまだまだ問題ないがリアタイヤはあと2,000kmほど走ったら交換した方が良い。もう交換しても良い時期になっている。
  • チェーンはしっかり清掃出来ている。ものすごく綺麗。
  • ブレーキのバランスは「後輪:8」「前輪:2」の割合位で乗れている。非常に良い。

こんな感じで現状のバイクの状態や、将来交換が必要になる消耗品についてもアドバイスを頂きました。

とりあえず今のところ、私のバイクの扱い方については大きな問題は無いことが分かったのでバイクの素人としては12ヶ月点検に出したことで安心感が得られることが大きいと言えます。

スポンサーリンク

私はVストローム250を1年間で結構カスタムした

私はスズキ(SUZUKI)Vストローム250を新車で購入後は、新しいおもちゃを手にした子供のように細々といじってきました。

ただ、どれも原状回復が出来る程度のカスタムしかしておらず、エンジンの載せ替えやカウルを削るといった後戻りできないカスタムは行っていません。

大体がパーツの交換やアドオンである為、万が一ノーマルの状態に戻す必要があれば戻せる範疇のカスタムとなっています。

この1年間でVストローム250がどのように変わったかご覧いただきたいと思います。

【Before】

【After】

通りすがりの猫
通りすがりの猫
なんだろ?微妙に進化してる…。ピカチュウがライチュウになった感じかな?
ユレオ
ユレオ
(´ー`) ほんと些細なカスタムの積み重ねだけど印象はだいぶ変わったと思うよ

私のバイクカスタムの考え方としては「SUZUKI純正らしく見える」というルールを敷いているので、奇抜なカスタムまでは手を出していません。

何度か中華製のごついエンジンガードを取り付けようと考えましたが、今のところは行動に移せておらず、先日デイトナエンジンガードにフォグランプを付けたばかりなので、エンジンガードは今の路線を維持しながらカスタムしていきたいと思います。

Vストローム250 フォグランプの取り付け方法の詳細を解説!素人でも出来る V-Strom250カスタム こんにちはユレオです。 私は20代の頃は「登山」「ソロキャンプ」「釣り」といったアウトドアの趣味を持っていたのですが、家庭...

これまでの細かなカスタムはブログにて記事にまとめていますので、気になる方はこちらからご覧ください。

スポンサーリンク

最後に

ここまで私のスズキ(SUZUKI)のVストローム250の1年点検整備費用についてと、1年でバイクがどのように変わったのかについてお話ししてきました。

バイクは乗るだけではなくいじることも出来るという意味で、非常に楽しみが広がる趣味だと言えます。

また、バイクに乗ることで遠くまで行くことが容易になることから「登山」「釣り」「ソロキャンプ」といったアウトドアの趣味も合わせて楽しめるようになります。

250cc以下のバイクの12ヶ月点検の意味や点検費用としていくらかかるのかといったことを知りたいと思われている方に参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

●スポンサーリンク


バイクの納車と同時に盗難保険には入っておこう

バイクは自動車と違い小型で重要なパーツがむき出しになっていることから、車両やパーツの窃盗被害にあいやすい乗り物です。

またバイクは盗難されると見つかることは無く、仮に見つかったとしても破損が酷いという事がほとんどです。

特に買ったばかりの新車は窃盗犯に狙われやすいことから、新車でバイクを購入の場合は「盗難保険」は必須と言えます。

バイクの盗難保険は扱っている保険会社は少ない中、しっかりとサポートしてくれるとバイク盗難保険「ずっとライド」は新車ユーザーには必須のサービスと言えます。

「ずっとライド」は、ネットで所有のバイク情報を入力するだけでおすすめの保険プランを紹介してくれることや、バイク盗難保険としては非常にお手頃価格で、バイク本体だけでなくパーツも保証してくれるなど、行き届いた保証が安心感を与えてくれます。

\入って安心のバイク盗難保険/

バイク盗難保険の「ずっとライド」公式サイトへ

スポンサーリンク